お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

【働く女子の実態】写真写りの悪さをスバリ!解消しちゃおう

写真を撮られることが苦手な私。というのは写真写りがあまりにも悪いから。
それでも撮られる機会がある時は、目や口を手で覆って顔出しNG状態にしたり。
最近は「ジョジョ立ち」にならって手の平で顔面を覆う仕草を……さしずめ私はマッドピエロってとこでしょうか。
写真写りを良くするコツというのは色々ありますが、瞬時にうまくいくもんでもありません。実際、撮る側の腕次第ってことが多いので、モデルがどうあがいても仕方がないのです。
しかし、自分なりになんとなく発見してしまいました。
実に簡単な、かわいく見えるワザ☆

それはなんと……

歯を食いしばれ!!」です。
もちろん、顔が歪まない程度に食いしばります。奥歯を噛みしめるという感じに。そのまま歯を見せて笑ってもよし、口を閉じたまま口角を軽く上げれば、いつもより見栄えのよい笑顔写真に。
ポイントは、奥歯を噛み締めることで口元に安定感が生まれるということ。見栄えが悪い人物写真は、口元が緩んでしまいがち。歯を食いしばれば、それをほぼ解消できるでしょう。試しにぜひ実践してみてください。

もっとも、緊張感をなくすことが一番大事なのです。女の子の一番イイ表情というのは、「笑った後」と言われています。笑い終わった後の、顔の緊張が解きほぐされてきたあの瞬間が、最高のシャッターチャンスなのだそう。
などと分かっていても、顔がついこわばってしまう。今年は歯を食いしばっていこうと思います!

(砂原真而子/studio-woofoo)

■関連リンク
【働く女子の実態】カレシが出来ない原因! あなたはどのタイプ?
【働く女子の実態】そのウェディングドレス姿、ポストカードで配ります?
【働く女子の実態】本当にモテる女の極意とは?

お役立ち情報[PR]