お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

【働く女子の実態】女子のムダ毛、男子の許容範囲って?

人生初のデートの時。女子なら誰しも必要以上に気にした経験があるのではないでしょうか。そう、「毛」です!
彼と大接近するかもしれないデート前に、ムダ毛のお手入れは欠かせません。年を重ねるとあまり気にしなくなりますが、あのころ期待と緊張に胸をときめかせて、一生懸命に剃刀と格闘してたものです。スネ、脇、腕はもちろん、顔の産毛も隈なく剃り、うっかり鼻の下に切り傷なんか作って、オロナインを塗りながら慌てふためいたり。
ちょろっと毛深い私なんかは、熱心にお手入れした覚えがあります。我ながら羞恥心の塊のようでした。
実際のところ“女子のムダ毛”に対する男子の見解は、大きく3つに分かれるようです。

(1)「毛なんて見てないし」という【無頓着タイプ】
(2)「オンナの毛の剃り残しは萎える」と意見する、【女はやっぱりツル肌派タイプ】
(3)いやむしろ「毛深い女の子が好み」という【毛フェチ】?

身の回りの男性をリサーチすると圧倒的に(1)が多いよう。(ホッとしますね)。しかし中には「彼女の指毛を見て萎えた」と漏らす(2)タイプの人もいました。
……指毛、ダメですかね? だってね、毎日夜遅くまで仕事して、土日はゆっくり寝ていたいし遊びたい! 指の毛に注目するヒマ、どこにある? 多忙な女子なら、きっとそう嘆きたくなるはず。
我こそは(2)という男子、一体どこまでが許せるエリアなのでしょうか。教えてほしいもんです。そしてムダ毛につきましては、寛大であっていただきたいな♪ と、願わざるを得ません。

(砂原真而子/studio woofoo)


■関連リンク
【働く女子の実態】知って得する!? 女子の団体がラブホテルに入っていくヒミツ……
恋愛白書「それでも愛してしまった『だめんず』体験談」
恋愛白書「私の周りのカン違い男!」

お役立ち情報[PR]