お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

風の向こうへ-5

走り終わると、シャワーを浴びて出勤する。
わたしの仕事は、インテリア販売会社のアシスタントバイヤーだ。

バイヤーは製作メーカーと購入会社の仲立ちをする仕事。

アシスタントバイヤーはその補助だけれど、
わたしはもう、かなりの部分を自分の裁量で動けるようになった。

次のバイヤーは自分だと、自負もしている。
今朝はミーティングがあり、新しい仕事の割り振りが決まるので、
実はかなり気合が入っている。

「ではホテルは、仁科さんと秋口さんとで担当してください」
この日、午後のミーティングで、後輩とともに
新たな顧客との折衝に当たることになった。

今回は、あるシティホテルのファブリックリニューアルの担当だ。

カーテンやベッドカバーなどを、すべて買い換えるので、
ホテル側の希望を聞いて、品物を取り揃える。

「秋口さん、さっそくカタログ作ろうか」
「はい!」
大きくて太いアルバムのようなカーテンのカタログは、
1ページずつ慎重に手作業で作られる。

お役立ち情報[PR]