お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

【働く女子の実態】女性誌によくある「7日間コーデ」役に立ってる?

洋服を見て、「アラ可愛い! これ欲しい!」という感覚が芽生えることを「一目惚れ」と言います。一目惚れアイテムを買ったら「ゲット」です。おうちに帰って衣装ダンスもとい、「ワードローブ」に並べてみる。欲しいアイテムをゲットして、ウカレ気分で帰ってきたのに、合わせる服がないことに気付く。そんな服はいずれ「タンスのこやし」と呼ばれます。

そんなあなたの心強い味方といえば、女性ファッション誌。その中でよくあるのが、数限られたファッションアイテムで、1週間(または1カ月)の間にいかにしてコーディネートをするか? という着回し術を教えてくれるコーナー。「おお! まさにそれを知りたかったんだよね〜」とペラペラめくってみると……

肩透かしを食らうことがしばしば。
旬モノのアイテムでばっちり着こなしたモデルさんはビューティフルです。こんな風になりたい! と思わせるのに、なれない現実。足のつま先から頭のてっぺんまで、手が出せないお値段のものばかり(当たり前のようだけど)。OLさんという設定で扮してるはずなのに、会社で着たら目立ち過ぎなコーディネート。水曜あたりで買い足されるアイテムなんかは、「結局、少ないアイテムで着回すなんてムリなのよっ」と嘆きたくなります。

とは言いながらも、つい見てしまうこのコーナー。色の合わせ方などは参考になります。何せ私の場合、7日間ぶっ通しで同じ服を着てることもあるし。これを「着たきり雀」または、毎日同じ服を着てるアニメにちなんで「のび太君状態」と呼びます。

(砂原真而子/studio-woofoo)

■関連リンク
【働く女子の実態】なんかにおう、なんかわかる「女子校育ちの女たち」
【働く女子の実態】下着の色で分かるアナタの恋愛傾向とは!?
【働く女子の実態】独身女性のお財布事情。みんなはいくら貯め込んでる?

お役立ち情報[PR]