お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

【働く女子の実態】意外と難しい「後輩におごるとき・上司におごられるとき」

会社の後輩に「晩ごはん行かない? おごるわよ」と言わねばならないときがあります。仕事を手伝ってもらったとき、ミスをカバーしてもらったとき、というオフィシャルなものから、合コンのセッティングをお願いしたい、上司との不倫を見られてしまったから口封じなど、さまざまな理由があることでしょう。お察しします。でもおごるのって意外と難しいんですよ。

まず「さあ、なに食べる?」とメニューを最初に見せるのはNG。相手は1500円の「お得コース」にするか、6000円の「料理長おまかせコース」にするか、決めかねるからです。値段設定はおごる方が基準を示すのがルール。「私は、この料理長おまかせコースにするけど、あなたは?」と言えば「じゃあ、私も」と言いやすいものです。

次。食事のときって、食事が少ないより、飲みものがないことのほうがツライ。おごられる立場に立って考えてみましょう。ワインがあと1口しか残っていなくても「おかわりしていいですか?」とは言いづらいし「お水ください」と頼むのもあてつけがましい。最後の一口を飲まずに、もそもそと食事をしなくてはなりません。おごるときは、あなたが相手よりいっぱい飲むべし。「私、おかわりするけど、あなたは?」と、このくらいの気遣いを見せれば、パーフェクトです。
「どうしておごるのに気まで遣うのよ」と思うかもしれません。でも、せっかくおごるなら最大限の効果を狙ったほうが得なのです。そして、こういう計算ができる女のほうが人生絶対楽しいものです。

では、あなたが上司におごられる立場のときには、どうしたらよいか。
第一に「ウブに徹して、(嫌味じゃない程度に)感激する」です。彼氏と3000回通った店でも「すてきなお店ですね」と感嘆し、「うわ〜、おいしい」と賞賛する。量が足りなくて帰りにらーめん屋に寄ろうと決意していても「お腹いっぱいです」と、相手の好意に甘え、心から喜ぶ態度をアピールします。

さらに大事なのは次に会ったとき。お礼メールを出していたとしても「先日はごちそうさまでした」の一言をお忘れなく。フツーにあいさつしたあと「あ。ヤバッ」と思っても遅いのです。ここまでやっておけば、「躾の行き届いたよい家のお嬢さん」として、しばらくは上司をだまくらかせることでしょう。

(霊屋たま/studio-woofoo)

■関連リンク
【働く女子の実態】アナタはだいじょーぶ!? 意外と忘れがちなビジネスマナー
【働く女子の実態】教えて! 上司に好かれる人、嫌われる人の境界線。
【働く女子の実態】会社勤めでも「私は、わたし商店の社長である」的な心意気を持つべし

お役立ち情報[PR]