お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

【働く女子の実態】するとしないじゃ大違い 引っ越し見積もりサイトを体験してみた

私事で恐縮ですが、最近引越しをしました。
その際、友人から聞いて驚いたのがこんな言葉。

「引越し業者の見積もりは最低3社に出してもらった方が良い」

ええっ! そうなんですか。
でも、女ひとりの引越しなんてそんなに荷物多くないんだから、大して料金の違いはないような……。ほとんどの業者が見積もり無料だけれど、そもそも大手以外はどんな引越し業者があるのかも知らないし。比べたり迷ったり考えたりするのイヤだなあ〜……。

なんてすぐに及び腰になる私の性格を見越してか、友人はこんなことも教えてくれました

それは、引越し見積もりを数十社に一括して申し込むことのできるサイトのURL。「引越し見積もりサイト」などで検索するといくつも出てきます!

引越しの見積もりには、移転前移転先の住所はもちろん、荷物の量や立ち寄りの有無などを事細かに記入する必要があるので、これが一度ですむのはかなり便利。

相場の代金を知るだけでもと思い、試してみると……

思ったよりも見積額に差があることにびっくり!
1万5千円〜4万円程度まで、実に2.5倍近くも価格にバラつきが。
見積もりをする前は「5万円くらいかかるのかな?」と思っていただけに、この安さは嬉しい!

面白いな〜と思ったのが、見積もりを知らせるメールに各社の色がくっきりと表れていることです。代金内訳を伝えるのみのシンプルなものもあれば、オプションについての説明があってわかりやすかったり、「わからないことがあれば何でもご相談ください」と丁寧だったり、翌日や翌々日に「その後いかがでしょう?」と畳みかけてメールがくるところもあったり。

1万5千円の代金を出してきた業者がダントツで安かったのですが、よ〜く内容を確認するとどうやら作業員がお一人のみとのこと。大きな机やベッドも運んでもらうので、1人で大丈夫なんだろうか? 手伝わなくちゃいけないのは不安……。

他の業者の見積もりは全て作業員2人。とりあえず、2万〜3万円代の5社と1万5千円の1社の計6社に電話で問い合わせてみることにしました。

ええ、はじめは面倒くさいと思っていたんですが、見積もりがバーーっときた段階でテンションがあがったんです。これは少しでも安く、そして対応の良い引越し業者を選ぶべきだと!

さて、電話での対応も各社様々。
1人の引越しは金額が安いからかもしれませんが、結構大雑把な対応のところが多かった気がします。大雑把というより、投げやりな印象の社もチラホラ。
私の場合、住居の前の道幅が狭く、すぐ前までトラックが入れないことや、立ち寄ってもらいたい先があることなどでやり取りに手間がかかったこともあるかもしれません。

でも、女性の引越しってなかなかデリケートな部分もあるので、この対応の差は大きいなと感じました。だって、

「他に質問はない? はい、じゃ、また(ガチャン!)」

って切られたら怖いですもの。
そんなことないと思いますが、荷物を手荒く扱われたりするのでは……? なんて思ってしまいます。
見積もり対応の方は意外に中年の男性が多かったのですが(テレフォンセンターみたいなところで女性が受けるのを想像してました)、女性には嘘でも柔らかい声を出した方が良いですよー。

結局、1万5千円の見積もりを出してくれた業者が一番感じの良い対応(ここも男性でしたが)で、「その日の前後の状況によっては、同じ金額で2人の作業員をつけられる可能性もある」ということだったのでここに決定!

結局、作業員の方は1人のみだったのですが、特に手伝いをお願いされることもなく(ベッドや机はわざわざ解体して運ばなくてはならなくて、かなり大変そうではありましたが……)。

そんなわけで、引越しは無事終了。個人的には料金プランよりも各社の対応を見比べるのが面白かったです。勉強になりました!

(鎌田和歌/studio-woofoo)

■関連リンク
生活白書「一人暮らしで大変だったこと」
生活白書「下着は外に干す? 中に干す?」

お役立ち情報[PR]