お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

女は25歳を過ぎると欝になる? その特効薬は?

25歳を過ぎると、女は人生に迷い始めます。
「この仕事でいいの?」「結婚どうしよう?」
仕事でキャリアアップを目指すなら勉強しないとだけど、30歳までに子供が欲しいならそろそろ結婚を考えないといけない。

どちらにしろ、何かしなきゃと思うんだけど、つい、家に帰ってだらだらしちゃったりして……自分でもまずいなと思うのに親や親戚から「これからどうするの?」とか言われたりすると、ますます追い込まれます。

その結果、今、20代後半の女性に欝が多いのです。
「20代後半になったら寿退職」なんてレールが敷かれてた時代よりも、選択肢が増えた分、逆に悩みが深くなってしまっているようです。

特に真面目な人ほど欝になりやすいです。真面目な人は育児をするなら3歳までは自分の手元で見たいと思う一方、仕事をするならきちんとスキルアップしたいと思うので、その狭間で悩み苦しむようです。

心療内科の医師は「おかしいなと思ったらすぐに診察を」と言いますが、人生の先輩ともいえる年齢の女性に聞いたところ、特効薬は【覚悟を決めること】だと言います。

「仕事をしていて、未婚だと『結婚は?』既婚だと『子供は?』子持ちだと『育児は?』言われる。主婦も『子供もいないのに専業?』言われ、子持ち主婦も『専業なら2、3人目は?』言われる」

つまり現在は何を選んでも必ずダメ出しがされるという現代女性にとって不幸な状況にあるのです。

女がやれることは「この道を行く!」と選んだら突き進むこと。

どの道に行くか決めるのは27、8歳くらいまでがいいとのことなので、期限を区切って自分の道を探してみては?

(井上かおる/studio-woofoo)

■関連リンク
働きママのハッピースタイル
ステキ先輩のオシゴトスタイル

お役立ち情報[PR]