お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 結婚

Happy☆Wedding 正餐スタイルのおもてなしパーティ☆〜三嶋大社&シェ松尾青山サロン〜

幸せのおすそわけ!Happy☆Wedding

夢と憧れがいっぱいつまったウェディング☆ ひと足お先に、バージンロードを歩んだ彼女たちの ステキな結婚ライフをレポートします!
/love/happywedding/32/
My best photo
/love/happywedding/32/
/love/happywedding/32/ /love/happywedding/32/
click!
シェ松尾 青山サロンでは新郎新婦もゲストと一緒に食事を楽しみました
今月の花嫁
近藤望さん
(29歳)

Profile
/love/happywedding/32/
/love/happywedding/32/
運命の出会い
ディズニーランドの「ジャングルクルーズ」にて
出会いは大学のフリスビーサークルで。望さんが4年生、良和さんが1年生のときでした。当時、4年生は既に引退しており、たまに練習へ参加していたとはいえ、ふたりの接点はそう多くありませんでした。単なる先輩・後輩の間柄が変化を見せたのは、彼女の卒業式直前。突然、彼から電話がかかってきて、遊びに誘われたよう。ちょくちょくと会うようになり、良和さん20歳の誕生日を一緒にお祝いするなど、ふたりの距離はどんどん縮っていきました。
愛のコトバ
3つ違いのふたり。少しだけ年が離れていたおかげ(!?)で、就職などお互いに大変な時期がずれ、バランスよく支えあうことができたそう。交際中は、建築士を目指す彼と建築物鑑賞を目的にさまざまな場所へ旅行にも。特に初旅行の長崎では、グラバー園で鬼ごっこ、ハウステンボスで鬼ごっこと、鑑賞目的とは思えないほどのはしゃぎっぷりだったとか。そんな笑顔の絶えないお付き合いが続く中、結婚を現実的に意識し始めたのは良和さんの就職が決まり、一級建築士に合格したころ——。
葛西臨海公園デートでは観覧車にも乗りました

ハッピーライフ
クリスマスには富士急ハイランドへ
そして、望さんが1人暮らしをするアパートの契約が切れるタイミングで結婚を決意。 両親への挨拶を済ませ、早速会場を探し始めたそう。プロポーズはその後、改めて。彼女が好きなアーティストのライブへ行った帰りに立ち寄ったバーでのこと。「デザートいる?」の言葉とともに、指輪が差し出されました。「『ふたり、いつも同じ目線で歩いていこうね』と言ってくれて、すごく嬉しかったのに、あまりにお店の雰囲気がムーディすぎて涙を流しながら大笑いしてしまいました(笑)」とは望さん談。

 


ふたりの愛の年譜

出会い編
99年夏 出会う(間接的に)
00年3月 ふたりで遊ぶようになる
00年5月 彼の20歳の誕生日を一緒に過ごす
00年8月 付き合い始める

お付き合い編
03年4月 彼女の就職で中距離恋愛スタート
05年4月 彼が就職
05年12月 彼が一級建築士に合格
06年9月 お互いの両親へ挨拶
06年11月 プロポーズ☆
06年12月 両家顔合わせ
07年8月 新居へ引っ越し&一緒に住み始める
07年11月 挙式
07年11月 入籍
07年12月 披露宴♪

結婚生活編
08年6月 ヨーロッパへハネムーン(予定)

後編
update:08.1.8 text:yamai nagi

お役立ち情報[PR]