お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

上手に「フラレる」ためには?

かつては好きだった恋人に対する心変わり。嫉妬、浮気、独占欲……。昼ドラ並のドロドロした響きに、ヒトゴトではなかった記憶がよぎります。(心当たりがある人も少なくないのでは)
「彼は悪くない……。でも私たち、このままじゃ付き合えないよね」
こんな心境の時、「別れたい」の一言がなかなか言えません。付き合った期間が長ければ長いほど、“情”が邪魔してしまいます。
できれば彼を傷つけたくない! で、思いついてしまうのが、「私が彼にフラレてしまえば、いいのに……」
ちょっとズルイかも……、と思いつつも、相手をたてて上手にフラレるためのコツってないのでしょうか? 数少ない恋愛経験を参考にしつつ、効果がありそうなものをまとめてみます。

①「電話とメールをやめる」
つまり距離を置く。心が離れていることのサインですが、かえって心配される可能性もあり。ブログを更新するとか、人伝えに自分の情報を伝えるなどして「生きてるから大丈夫」だけは分かってもらえるようにする。

②「彼に嫌われるような発言を繰り返す」
心苦しいけど効果アリ。ただし、相手が嫌うような言葉攻めを繰り返せば「急にどうしたの?」と、素っ頓狂に返されるだけなので無意味。例えば、「今日も休日出勤? ずっと一緒にいたいの、私もついてくー!」などと相手を困らせた方が効果的。(※あくまで例え話です)。間違っても愛情確認にならないように……。

③「結婚話を持ちかける」
恋愛と結婚は別……と考える男性にうってつけ。結婚話を持ちかけた数日後に、別れ話を切り出すパターンはよく聞きます。悲しいけれど、これを利用するのも手。

いずれも一か八かの賭けですね。こんなに回りくどいことをするなら「別れたい」と言ってあげたほうが、思いやりかもしれません。
とりあえずまだ、これを実践する機会がないのですけどね。

(砂原真而子/studio-woofoo)

■関連リンク
【働く女子の実態】マメ男がいいって本気で思ってる?
【働く女子の実態】超潔癖! ドケチ! “限界寸前彼氏”への、大人な対応
「それでも愛してしまった『だめんず』体験談」

お役立ち情報[PR]