お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

浮上1.5秒前-3

「おはようございまーす」
自転車から降りると、脇に子どもを抱えて教室へと小走りに急ぐ。

子どもの教室では、着替えを所定の位置にセットし、
上着とヘルメットもきちんとかけて、連絡帳をカゴの中へ。
「おーっ、おはよう寿々ちゃん」
「おはよう、裕子ちゃん、里香ちゃん」

裕子ちゃんは看護師をしている32歳。
里香ちゃんは印刷会社に勤めている29歳。

おたがいこの年でチャンづけはおかしいけれど、
「××ちゃんのママ」と呼び合うのはNGと決めたのだ。

ちなみに、ショップの店長をしている寿々ちゃんは28歳。
このふたりとは、登園時間が同じなので仲良くなった。

「ねえ寿々ちゃん、最近、里香ちゃんの胸大きくなったよね」
「あ、ホントだ! いいなあ、あやかりたいなあ」
「2人目なの。土曜に裕子ちゃんの病院にいったら3カ月だって」
「きゃーっ、おめでとう!」

わたしと裕子ちゃんは、2人がかりで里香ちゃんを抱きしめた。
あんな小さくてかわいいものが、もう1度抱けるなんて。
いいなあ、真面目にわたしもあやかりたい。

お役立ち情報[PR]