お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

そのウェディングドレス姿、ポストカードで配ります?

3カ月に1回は届けられるポストカード。たとえ宛名の面が上になっていたとしても、なんとなく濃厚なオーラが漂っています。はは〜んと思ってひっくり返すと……。やーっぱりね。「結婚しました!」だの「Happy Wedding!」だの、はしゃいだ文字が。

見つめることしばし。
「あらあら、大学時代とは全然ちがう好みになっちゃったわねえ」と思ったり「やっぱり二の腕のプルプルはなかなか絞れないのよね」とつぶやいたり「住所がとんでもなく一等地だわっ。玉の輿?」と、暗号を読み解くがごとき執念深さで、10分間はポストカードをながめてしまいます。すごく楽しい。

最近の写真って、やたらとドラマティックなポーズが多いもの。
目と目を見つめあったり、シャンパングラスをカチリと合わせていたり、二人の手でハートをかたちづくったりして、もう、この舞い上がりは誰にも止められない。

では、わが身はどうか。
結婚したとき、友だちにポストカードなんて恥ずかしすぎっ。ドラマティック写真もお断りと判断。友だちには写真ナシ文字のみの殺風景な挨拶状を送ったら、「なんせ証拠写真がないから、ガセかと思ったわよ」とせせら笑われ、身内には写真室で撮った超正式な「ザ・結婚写真」みたいなのをポストカードにして送りつけたら「なんか証明写真みたいで怖かったわ」とえらく不評。

あ。そうなのか。
やっぱり世間様のすることって正しいんだなと痛感した瞬間でした。

(霊屋たま/studio woofoo)


■関連リンク

Happy☆Wedding
「結婚を決めた瞬間」

お役立ち情報[PR]