お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

2008年はこの資格・検定に注目!

年々数が増えていっている資格や検定。しかし、本当に使えるかどうか謎なものが多いので、オススメのものをピックアップしてみました!

・中国語検定
ますます増えていく中国企業とのお付き合い。
海外で仕事をするわけでなくとも、中国語が少しでも分かれば、電話や来客の際にも役に立つはずです。2008年は北京五輪もあるのでぜひこの機会に!

・介護支援専門員
介護支援専門員は介護保険制度の中心を担う重要な仕事で、利用者が介護が必要かを判断したり、ケアプランを作成したりします。要介護者に最適なサービスを提供する、これから必要とされる仕事です。

・救命講習
資格というのとは少し違うかもしれませんが、最近、AEDが各所に設置されるようになったので、心配蘇生法とともに学んでおくと、もしものときに役に立ちます。上級になると成人だけでなく、幼児・乳児の対策や止血法・搬送法なども学べるので、災害時にも役に立ちます。

・家事検定
そのものズバリ家事の能力をはかる検定!
最近は洗濯表示が分からなかったり、お出汁のとり方も知らない女の子もいるそうだから、この資格があると公私共に評価がアップするかも!

・時刻表検定
2007年に注目された鉄道。鉄道ファンの腕試しとしての受験が多いといわれる時刻表検定は密かに認定を受けていると、話のネタになるだけでなく、鉄子として、鉄道好きの男性にモテる可能性も?

・明石タコ検定
明石のお魚通になれる検定。食品偽装が叫ばれてますが、日本では昔からネギトロのふりをした赤マンボウとか、鯛のふりをしたアメリカナマズとかが流通してるので、検定に合格すれば真に味の分かる女になれるかも!「お墨付き認定証」がもらえます。

自分をブラッシュアップするためにも何かを学ぶのは大事です!変わった検定でも実は後から自分の人生に役立つものになるかも? ですよ。

(井上 かおる/studio woofoo)


■関連リンク

「資格、持ってますか?」
【働く女子の実態】アナタの適職を判断する鍵は鍋に
【働く女子の実態】やらされ仕事を上手に断る方法

お役立ち情報[PR]