お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

マメ男がいいって本気で思ってる?

「好みのタイプ? うーん、やさしい人かなあ」というセリフをよく聞きます。

ところが「やさしさ」と「マメさ」はよく混同されるため注意が必要です。
「すぐ返信メールしてくれるの!」「1日3回は電話くれるの」のノロケに続き「ね、やさしいでしょ?」と言われると「そうかいな」と思ってしまいます。それはやさしいというより、むしろ「マメ」と言うべきではないかと。

マメ男とお付き合いするのは楽ちんです。メールも電話もいっぱいくれて、出かけるとなれば1日の綿密なタイムスケジュールを立ててくれて、記念日にはワオサプライズ! と、外国人のように頬に手をあてて叫びたくなるようなシロモノを用意してくれることでしょう。
そう「くれる」「くれる」「くれる」のくれる攻撃なのです。

しかし、マメ男=やさしいというわけではありません。「自分の彼氏が単なるマメ男だったらどうしよう!」なんて思っている方、やさしいマメ男を見極めるのは簡単。試しに彼のどんなところがやさしいのか言ってみればいいのです。
モノや回数でしかやさしさを表現できないなら、それはただのマメと判定してよろしいでしょう。別に「土砂降りの雨のなかを3時間、傘もささずに待っててくれました」なんてギンギンギラギラしたエピソードじゃなくてもいいのです。自分以外の人に見せるちょっとした気遣い、相手の気持ちを察してさりげなく示す思いやりなど、小さな小さな仕草に彼のやさしさを感じられるなら。
そして、「言ってみろ」と言って矛盾しているようですが、言葉にするのは難しい「あたたかさ」のようなものをいつも感じられるなら、彼はかなりの「大当たり」といえるでしょう。

(霊屋たま/studio woofoo)


■関連リンク

「それでも愛してしまった『だめんず』体験談」
【働く女子の実態】超潔癖! ドケチ! “限界寸前彼氏”への、大人な対応
「私の周りの勘違い男!」

お役立ち情報[PR]