お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム レシピ

クリスマスパーティデリ

エスカーラ料理手帖 DeliDeli Vol1.クリスマスパーティデリ 帰宅後でもおいしいカフェごはんが短時間でできちゃう「デリデリ レシピ」。連載1回目は、ひとりでもパーティでも役立つクリスマスカラーの3品です。
Recipe:Numaguchi Yuki+Photograph:Kaisato Junko+Styling:Mitani Arisa

雪景色のようなやさしいホワイトレシピ

フライパン ポテトグラタン

◇材料

・ジャガイモ        中くらい2個(皮をむき、7〜8mmの輪切りにして水にさらす)
・牛乳           適宜
・塩、こしょう       少々
・生クリーム        大さじ3
・ピザ用チーズ       60g
・パセリ          適宜(みじん切り/なくてもよい)

1 鍋に水気をきったジャガイモを入れ、表面がかぶるくらいに牛乳を注ぎ、中火で沸騰させる。2 沸騰後に火を弱め、ジャガイモに竹串がすっと通るくらいまでゆでて、ザルにあける。3 フッ素樹脂加工のフライパンに2のジャガイモを広げてのせる。その上から、塩、こしょうをし、生クリームをかけ、チーズを散らす。4 3のフライパンにフタをして、中火でチーズが溶けるまで加熱したらでき上がり。器に盛り、あればパセリを散らす。

◇MEMO

◎ジャガイモ

「キタアカリ」などの品種から、火の通りが早く6~7分で茹で上がります。また、牛乳でゆでるとジャガイモがまろやかに!

◎おまけレシピ

ジャガイモをゆでた音の牛乳は、インスタントのポタージュスープの素を入れると、トロミのついた美味しいスープに。冷蔵庫で保存して明日の朝食にいかがですか?

ツリーに見立てたグリーンカラーのオープンサンドモミの木のブルスケッタ

◇材料

・ホウレン草        1/2束
・レーズン         大さじ1/2(ぬるま湯に15分ほど浸けて戻し、水気を絞る)
・アーモンドスライス    大さじ1
・ニンニク         1/4かけ(みじん切り)
・タマネギ         1/8個(みじん切り)
・オリーブ         油大さじ1と1/2
・塩、こしょう       少々
・バゲット(フランスパン) 1cmの厚さにスライス

1 ホウレン草は、たっぷりのお湯でサッとゆで、水にさらして絞り、4cmの長さに切る。2 フライパンを熱し、油を引かずにアーモンドスライスを中〜弱火でうっすらとキツネ色になるまで炒り、取り出す。3 2のフライパンにオリーブ油を熱し、ニンニクとタマネギを加え、中火でしんなりするまでじっくり炒める。4 1のホウレン草の水気を再度絞り、3に加えて中火で炒め、2のアーモンドと戻したレーズンを加え、塩、こしょうで味をととのえる。5 バゲットをオーブントースターなどで軽く焼いて4をのせる。

◇MEMO

◎青菜

青菜は買ってきた日にゆでて水気を絞りラップに包んで冷凍しておくと、すぐに調理に使え、おいしさも栄養も保たれます。

◎お惣菜にも

バケットにのせずに、そのままお惣菜としてもおいしくいただけます。

ホッと温まるサンタ色の具だくさんスープたっぷり野菜のミネストローネ

◇材料

・タマネギ         中くらい2個(薄切り)
・ベーコン         適宜(1.5cm幅に切る)
・ニンジン         1/2本(皮をむき3〜4mmの半月切り)
・セロリ          1/3本(3〜4mmに薄切り)
・エリンギ         1/2本(長さを半分に切り、手で食べやすい大きさに裂く)
・キャベツ         2〜3枚(ざく切り)
・トマト水煮缶       適宜(1.5cm幅に切る)
・水            適宜
・ニンニク         1/2かけ(つぶす)
・オリーブ油        大さじ1と1/2
・塩、こしょう       少々
・カレー粉         1つまみ
・ロングパスタ       20g
・パルミジャーノ      適宜(すりおろす/なければ粉チーズでもOK)

1 鍋にオリーブ油とニンニクを入れて弱火にかけ、香りが立ってきたらタマネギ、ベーコンを加えて中火でさっと炒め、ニンジン、セロリ、エリンギ、水、トマトの水煮を手でつぶしながら加える。2 沸騰したら表面に浮いたアクを取り、塩、こしょうをかるくし、カレー粉を加え、フタをして野菜がやわらかくなるまで弱火で煮る3 2にキャベツを加え、再び沸騰したらパスタを3cmほどの長さに手で折りながら加えてパスタに火が通るまで煮こみ、塩、こしょうで味をととのえる。4 器によそい、仕上げにパルミジャーノをお好みの量をかける。

◇MEMO

◎材料は自由

他にしめじ、マッシュルーム、ジャガイモ、カブなど、お好みのものをたっぷり入れてもOK。時間がないときは野菜を薄めに切れば短時間で仕上がります。

◎ベーコンの出汁

コンソメを使わなくても、いろいろな野菜を入れれば旨味が増します。ベーコンやセロリは味のキメテに。

沼口ゆき先生のお料理上手まであと一歩

年末年始のパーティシーズンですね。お家に友達を招いたり、招かれたり。持ち寄りパーティにぴったりのデリでみんなを驚かしてしまいましょう。この3品なら途中まで作って持っていけば、友達や彼の家でできたての仕上がりをサーブできますよ。

持ち寄るときのセンスも味のうち。かわいい演出でお友達や彼の家へ。

フライパン ポテトグラタン

 

あらかじめジャガイモをゆでておきます。お客さまが来てから、冷たくなったジャガイモをレンジで少し温めてからフライパンで焼くとお待たせしません。

モミの木のブルスケッタ

 

作り方4まで仕上げておきます。パン屋さんに寄ってバゲットを抱えてお友達の家へ。みんなの前でスライスして盛りつけましょう。

たっぷり野菜のミネストローネ

 

パスタを入れずにスープを作っておきます。出先のキッチンで温め直すときにパスタを入れましょう。

 

料理コーディネーター 沼口ゆき先生

フランスの「ホテルリッツ・パリ」で料理を学んだのち、料理研究家・有元葉子さんに師事し、その後独立。雑誌の料理ページや、広告のフードコーディネート、レシピ開発など幅広く活躍中。『気分は、ちょっとごちそう』(レタスクラブムック)『チョコレート ノート』(グラフ社)などの料理本も好評。スタジオのある築地では定期的に料理教室も開いています。料理教室のお問い合わせはメールで。

お役立ち情報[PR]