お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

54話 揺れる想い


慶介さんからのメールは、たった1行。
だけど、優しさがにじみ出ている。
初めてくれたメールも、やっぱり短かったっけ。
思い出すとなつかしい——そして、苦しい。

『もう大丈夫。心配してくれてありがとう』
と返事をしたくなった。
さっき、彼の部屋に『さよなら』と書き置きしてきたばかりなのに。

……今なら、まだ、やり直せるかもしれない。
二股をかけられたことを許して、「もう1人の彼女と別れて」と説得して。
そうしたら、彼を失わずにすむかも。
でも、本当にあの人と別れてくれるだろうか。
また嘘をつかれたら、どうしよう。
それ以前に、慶介さんが「向こうが本命だから」と言ってきたらどうしよう。
そんな一言を言われたら、きっと、立ち直れないくらい傷つく。
銀杏の木の下で、私は携帯を片手に立ち尽くしていた。

とりあえず、カフェに入って落ち着こう。
入口のドアに近づくと、買ったばかりのコートがガラスに映った。
それを見たとたん、別れを決意したときの気持ちがよみがえった。
私は携帯をバッグの奥にしまいこんだ。

お役立ち情報[PR]