お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

46話 ダイエットの目的


大きな窓からさんさんと陽射しが降り注ぐイタリアンの店で、
田口さんはスパゲティを大盛りでオーダーした。
「ダイエットはもういいんですか?」
私にキャベツスープダイエットを教えてくれたのは、田口さんだ。
「うん、もう目的を達成したからね」
「なんですか? 目的って」
と尋ねると、田口さんは左手の薬指に光る指輪を見せた。
「結婚してから太っちゃって。指輪がキツくなってたんだよね。
指輪のサイズを直すより、自分のサイズを戻そうって思ってさ」
そう言って照れたように笑う田口さんは、
とても幸せそうに見える。

社内でよく、田口さんが奥さんの話をしていることを思い出した。
このネクタイは奥さんが選んだとか、料理上手だから帰るのが楽しみとか。
愛妻家っていいな、と思いながら私は言った。
「田口さんのうちって、帰るとご飯の匂いがして、玄関には花が飾ってあって、
奥さんが笑顔でおかえりって言ってくれる、そんなイメージがありますよ」
「まあ、そんな感じ。うちの奥さん、掃除も料理も好きみたいでさ」
田口さんの頬がさらにゆるむ。

奥さんのこと、本当に好きみたい。
私もいつか、こんな風にちゃんと愛されて、幸せな家庭を築きたい。
遠い将来、私の横にいるのは、慶介さんなのだろうか?

お役立ち情報[PR]