お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

星影のビート-4

ロックフェスから帰って、翌日からすぐ仕事。
頭の中で「楽しい楽しいすごく楽しい」と唱えパソコンに向かう。

だけど澄んだ空気と緑と、音楽の洪水にどっぷりつかった後では、
オフィスにいること自体が、すでにストレス……いや、ダメダメ。

お祭りはお祭り、日常は日常。仕事はしっかりしなくては。
それができずに生活を持ち崩し、
ロックフェスにも行けなくなった人を何人か知っている。

気分を奮い立たせ、総務部備品管理課の業務をバリバリこなす。

車のリース、消耗品の社外発注から雨どい修理まで、
伝票とメールと電話とエクセルと……面倒くさいと思ったら負けだ。

だが最後にワードのファイルを立ち上げると、思わず深いため息が。

CSR推進プロジェクト。企業の社会的責任どう果たすべきか。
総務課全員に「今後どうすべきか」のレポートが課せられている。

幸いテーマは「環境問題への取り組み」と、もう決まっている。

中堅の精密機械メーカーで、さほど儲かっていない我が社は、
雇用問題に取り組んでしまうと、会社の存続にかかわるのだ。
それに工場のゴミ分別や廃棄物処理では、すでにかなり実績がある。

お役立ち情報[PR]