お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

明日をさがして!-12

話を聞いて、わたしはやっぱり、すごく安心できた。
「わたしも昇治みたいに、人でも物でも何でもちゃんと、
大事にできるようになりたいの。今の自分のこんな性格、好きじゃない」

そういうと昇治は、ちょっと意外だという顔をした。
「そうかな。珠恵ちゃんは確かによくパニくるけど、性格直す必要はないよ」

「そうなの?」
「うん。こんな話をするのは、ルール違反かもしれないけど……
 オレ、今まで付き合った人と、みんな全員自然消滅してるんだ」

昇治はうつむいてしまって……でもたまにちょっとだけ、わたしを見る。

「ちゃんと付き合おうとすればするほど、なぜか盛り下がるんだよ。
 だから珠恵ちゃんみたいに、一生懸命になってくれると、すごく新鮮」

「そうなんだ……」
何だか、聞いているわたしの方が、恥ずかしくなってしまった。
それから昇治は、ちゃんと自分に自信を持っていいといってくれた。

「自分のことが信じられなかったら、まわりの人を信用したら?
 人事にいるってことは、採用のプロに認められたってことなんだから」
昇治のその一言は、とてもわたしを勇気づけてくれた。
そして新しい年をこの人と迎えられたことを、とてもうれしく感じた。

                            (おわり)

お役立ち情報[PR]