お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

明日をさがして!-3

わたしは小さい頃から、短時間で興味がコロコロと変わる性格だった。
店先でハムスターがどうしても欲しかった半月後には、
サッカー選手に夢中で、他のことがまったく目に入らなかったりする。

無難な表現をすれば、熱しやすく冷めやすいタイプ。
はっきりいえば、ワガママで自己中心的。
おかげで人間関係、特に女性同士の友だち付き合いはあまり上手くいかない。

なのに。SEとして忙しい仕事の合間に、きちんと熱帯魚の世話をする、
そんな几帳面でまじめな昇治と、付き合い始めて3カ月。

いまだにちゃんと続いているのは、奇跡に近いかもしれない。

……そんなことを考えながら、職場に戻る。
「じゃ、行ってくるね」
入れ替わりに、安藤さんが昼食に出ていった。

ひとりで黙々と仕事をしている間は、よく昇治のことを考える。
「彼だったら、この仕事をどんな風にするだろう?」

今週末で27歳になる昇治は、いつも段取りよくクールで穏やかだ。
反対にひとりでバタバタしているわたしは、よく彼にこういわれる。
「珠恵ちゃん、そんなにあわてなくても大丈夫だから」

でも仕事もプライベートも、気がつくといつも、いっぱいいっぱいなのだ。

お役立ち情報[PR]