お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

guest106「8年目のいつも」



「じゃーぱねっと、じゃぱねっと……」
気がつくとつい歌が口から出ている平日の朝。
いつもよりも早く目覚めて
ゆっくりと支度ができる今日のような日は、
幸せなはじまり以外の何者でもない。
そりゃあ、使ったこともない通販会社の
テーマ曲ぐらい口ずさむだろ。

もちろん幸せの原因は、
早起きできたからってことではない。
さらにはこれから何か楽しいことが、
待ち受けているからってわけでもない。
何の変哲もない水曜の朝を幸せ一色にしたのは、
“彼”の仕業だ。

彼が私に向かってほほ笑んでくれたってことだけで、
大勢の中から私を選んでくれたってことだけで、
何よりも私を大切に思ってくれているってことだけで、
世界はファンタジー一色になる。
彼の名前は、松本潤。
昨日は彼と人目を避けて離れのある温泉に行った
……夢を見た。

「トゥールル、トゥルルルトゥールル」
そりゃあ、お昼の長寿番組のテーマ曲ぐらい
口ずさむだろ。

お役立ち情報[PR]