お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

guest36「なんとなくな時間」



私は丸の内の画廊に勤めている。
……というと、豪華な内装で知的な香り漂う空間で働いていて、
違いのわかる紳士が経営者だと思うだろう。

実際はこじんまりとした半地下の店の真ん中に、
ひとつのソファーが置いてあり、
そのまわりをぐるりと絵画たちが取り囲んでいる。
そのソファーはちなみにIKEAだ。
その店のマネージャーは
私と2つしか年の変わらない20代の男の子だ。

私も彼も芸大出身なんかじゃない。
私は日東駒専よりもちょっと下の大学で、
経営学を専攻していたし、彼なんて体育大学出身だ。

この場所は、らしく見えるもので飾られていて、
私たちもその装飾品の一部でしかない。
本物なのは壁にかけられた絵画のみだ。
正規のコピーと、ホテルに飾られているような2流の作品ばかりだけど。

そうそう。それにうちの店はチェーン店である。

お役立ち情報[PR]