お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

guest29「アグリー・ベニ」


「森三中村上結婚」
このニュースが携帯に流れてきたとき、
思わず笑ってしまった人も多いだろう。
そしてそれと同じくらい、
疑いを持った人も多いと思う。
私はというと、
思いっきりこのニュースに励まされた
「ブス恋」を毎週涙しつつ見ていた人間だったりする。
ディズニーチャンネルのアグリー・ベティも
他人事には思えない私は、染田紅(ベニ)。アグリー・ベニだ。

「女の子にとって不細工って言葉は、
生まれつきを指すわけじゃない」
そう言ったのは、
私の中学校時代からの親友の近藤ルイカだ。
彼女と私は、3年間を同じクラスで過ごし、
同じ吹奏楽部で、同じトランペットを吹き、
同じくらい勉強をして、同じ高校に行った。
彼女が吹奏楽の有名な大学に進み、
私が有名なお嬢様大学に進むまで、
ほぼ同じ青春の時間を過ごした。

「女の子は化粧でいくらでもごまかしがきくじゃん。
むしろ不細工な生まれつきのほうが、
化粧の研究してるから、
生まれつきなんて追い越してる奴いっぱいいるよ」
そういうルイカは、生まれつきもかわいくて、
化粧もうまいずるい奴だ。

「出会いのことを知りに、
オーストラリアの占い師に相談にいったんでしょ?」
そう言ったのは、同じく元吹奏楽部で
共に腹筋を鍛えた仲の前田ヒカルだ。
「行動力あるよね」
ヒカルはそう続けて言った。
「確かに、ベニとは違う」
ルイカはとどめを差すようにそう言った。
「うるひゃい」
村上の結婚を共に祝うつもりで呼び出した2人に、
結局ダメ出しされて、
思わず私はナポリタンを口いっぱいほおばった。

お役立ち情報[PR]