お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

guest27「ここも天国」


ほぼ2年ぶりの東京は、大して変わってはいなかった。
確かに新しいビルも増えたし、
Suicaで地下鉄にも乗れるようにはなっていたけれど。
何も変わっていない。

俺がいた頃にも、この街には
何かを求めてやってきた人がたくさんいた。
それは今でも変わっていない。
この街には人々をひきつける何かがあって、
その何かが俺には理解できない。
東京は、何も変わっていない。

港区で生まれ育った俺には、不思議でしょうがなかった。
東京にしかないものって何だろう?
東京でしかできないことって何だろう?

大学に入って、大勢の「何か」を求めた人々と出会った。
うちの大学レベルなら、地方にだって山ほどあるだろうに。

そんな中でも堅実な奴らは、4年間でしっかり勉強をして、
いい就職口にありついていた。
タフな生活と競争社会の中で、
彼らは生きていくことを選んだわけだ。
そして親孝行な奴らは、4年間でしっかり勉強をして、
大学卒業と同時に地方公務員になった。
タフさはないけれど、安定した将来と親の喜ぶ顔が、
彼らには約束されている。
どちらがよりよい選択なのかは、
俺には良くわからないけれど、
故郷に戻るっていう選択肢のある彼らを、
俺はうらやましく思った。

今思うとあのときから、
俺は東京以外に自分の居場所が欲しかったのかもしれない。

お役立ち情報[PR]