お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド 芸能

ウスイヒロシ Special Interview

esacala Special Interview
ウスイヒロシ 輝く女性を映像化させたら右に出るものはいない

 「自分らしく輝いていたい」。そんな女性を応援する映画として誕生した『いちばんきれいな水』がいよいよ10月7日に公開。お互いを思いやりながらも、ちぐはぐでぎこちない姉妹が過ごす奇跡の3日間—。
それを美しく描き出すのは、本作が映画デビュー作となる映像作家、ウスイヒロシ監督。一青窈、AI、大塚愛、椎名林檎ら個性的な女性アーティストたちが信頼を寄せ、数々のミュージックビデオを手がけてきた彼に、映画への想いを語っていただきました。


目次
#01 心の余白と接点を持てるお話にウスイの色眼鏡を通した
#02 “映画は魔物”。「あぁ、確かに魔物だな」と(笑)
#03 無邪気さは、なくすんじゃない。忘れているだけ


update:2006.09.22
text:Nagi Yamai


ウスイヒロシ 画像
【Profile】
1970年、東京生まれ。ミュージックビデオディレクターとして、サザンオールスターズ、東京事変、一青窈、AI、スキマスイッチなど個性的なアーティストの映像作品に携わり、注目を集めている、今最も期待されている映像作家。CMも多く手がける。『いちばんきれいな水』が初の映画監督作品となる。

お役立ち情報[PR]