お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

なんで私が?-1

今日もわたしの前を、あたかも大河の流れのように
……ベルトコンベアに乗った大量のソースが通り過ぎる。

知る人ぞ知る、我が故郷の名物「メダマソース」。

そのラベルには著作権法ギリギリの、
某妖怪漫画そっくりな目玉のキャラクターが、
キューピーみたいな万歳ポーズで描かれている。

少し前、この情けなく気味悪いキャラがネットで大評判となり、
瞬く間にテレビでも取り上げられて、今や増産につぐ増産。

わたしの仕事は、その血走った目玉のラベルが
正しい位置に貼られているか、最後の検品をすることだ。

ラベルの曲がった商品を、ひょいと取り除くのが役目。

しかし不思議だ。
同一ラインで、同じ作られ方をするのに、
特定できないような、ごくごく小さな原因から、
ラベルが斜めに貼られるような、不良品が作られる。

まるで東京で大学を卒業し、おしゃれな雑貨店に勤めたのに、
店が倒産して故郷に戻り、工場でパート勤めをしている
……今の自分を見るようで、ひどく切ない。

お役立ち情報[PR]