お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

恋愛白書 恋愛と結婚は同じですか?別ですか? <前編>

escala 恋愛白書
好きになった人が結婚生活にも適したパートナーなのが理想だけど生活にまつわる種々の困難を好きなら乗り越えられるのか、好きでもそれは無理!なのか、それぞれの意見を2回にわたりまとめてみました。
Update:2006.05.10
バックナンバー
今回のテーマ「恋愛と結婚は同じですか?別ですか?」
/love/hakusyo/
Q あなたは「恋愛と結婚は別だ」と思いますか?
/love/hakusyo/
/love/hakusyo/ /love/hakusyo/
「恋愛と結婚は別だ」と思う人がちょっとだけ多いけど、ほとんど半々ってとこ。アンケート回答には双方どちらもうなずける意見が。どっちが正解ってないんだろうなあ。
[回答者数:500(1年目= 30.6%、2年目= 26.8%、3年目= 17.4%、4年目= 9.2%、5年目以上= 10.6%、その他= 5.4%)/2006年2月『escala cafe』にてWEBアンケート調査]
/love/hakusyo/
Q 「恋愛と結婚は同じ」だと思う理由を教えてください。
/love/hakusyo/
/love/hakusyo/ 恋愛の時点で淘汰
/love/hakusyo/
/love/hakusyo/ /love/hakusyo/
結婚を考えられない人と恋愛はしたくないし、結婚のための恋愛はしたくないです。(食品・飲料/技術職/2年目)
そもそも将来的に結婚できないような人は恋愛対象にならない。(団体・法人・官公庁/事務職/1年目)
ある程度の教養と経済力のある事は必要であると思うが、もとからそれらが無い人に興味をひかれないので好きにもならない。なので、結局好きになった人と結婚はしたい。(アパレル・繊維/専門職/2年目)
家族になれないような人は最初から好きにならないと思うから。(医薬品・化粧品/営業職/3年目)
/love/hakusyo/
/love/hakusyo/ 経済力よりも
/love/hakusyo/
/love/hakusyo/ /love/hakusyo/
好きな人と一緒になることが幸せだと思うから。よく結婚は経済力がある人とというが、経済力がない人なら自分も働けばいいことだと思う。(不動産/事務職/1年目)
経済力も大切だけど、この顔を見て毎朝目が覚めるのか……と思うとある程度好きな人じゃないと無理。(情報・IT/事務職/1年目)
/love/hakusyo/
/love/hakusyo/ 好きな人となら
/love/hakusyo/
/love/hakusyo/ /love/hakusyo/
ずっとこの人といたいという気持ちが結婚に結びつくと思うので。どんなに周りから反対されても、心から好きな人なら駆け落ちでも何でもできると思う。(学校・教育/事務職/1年目)
好きになった人となら、どんな困難も乗り越えられると思う。(学校・教育/事務職/3年目)
/love/hakusyo/
/love/hakusyo/ 恋愛は結婚の準備期間
/love/hakusyo/
/love/hakusyo/ /love/hakusyo/
自分にとって一番いい結婚相手を見つけるために恋愛期間があるんだと思う。(ソフトウエア/技術職/5年目)
恋人の時のトキメキ感情が、結婚を経てだんだん安心感へと変わっていくとは思う。でもそのトキメキを抱いたことのない人と一緒に人生を歩むなんて想像つかないから。(医療・福祉/専門職/3年目)
恋愛をして「この人だ!」と思った人と結婚をするわけだから、切り離せないと思う。(機械・精密器機/事務職/1年目)
/love/hakusyo/
/love/hakusyo/ 経験上
/love/hakusyo/
/love/hakusyo/ /love/hakusyo/
旦那とは好きで好きでしっかり恋愛して結婚したから。恋愛も結婚もこの人とずっと一緒にいたいと思う気持ちは同じ。(金融・証券/事務職/1年目)
以前は「恋愛と結婚は絶対に別。経済力がないと結婚は考えられない!愛情は二の次!」と思っていたけど、今の彼氏と出会って変わりました。結婚相手とは死ぬまで一緒にいるんだから、心から好きな人じゃないと嫌です。(情報・IT/事務職/2年目)
ずっと「別だ」と思ってましたが、来年7年つきあった彼と結婚することに。同い年だしお金はないし頼りないけれど、1番気持ちが許せてわかりあってるからラクです。(アパレル・繊維/事務職/3年目)
/love/hakusyo/
/love/hakusyo/
/love/hakusyo/
日本で結婚の中心がお見合いから恋愛結婚に移行したのは、1960年代以降のこと。昭和の半ば頃までみんな当たり前のようにお見合い、つまりほとんど初対面だけれど、ある意味釣り合いのとれた相手をあてがわれ、結婚し、それでつつがなく家庭生活を送ってたわけですよ。ということは、結婚生活の持続には恋愛やトキメキとはまた違ったなにかが作用してるはず。我慢?責任?選択の余地のなさ? でもちゃんと幸せそうな老夫婦もいるよね。当時とは社会の豊かさや女性の立場も大きく変化して、自由に結婚相手を選べるようになったけど、相手探しはギャンブルな面もあるし、こっちが選ばれない危険性もある。果ては結婚しない自由まで浮上しちゃうしで、平成の乙女たちの悩みは尽きないよね。
(text:YUSEI SAWAMURA)
/love/hakusyo/
/love/hakusyo/
次回のテーマ「恋愛と結婚は同じですか?別ですか?」<後編> 2006/6/7 更新
/love/hakusyo/

お役立ち情報[PR]