お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

22話 本音のゲーム



高島が「ゲームをしよう」と言い出した。
一人1枚ずつ、コインを持つ。
誰かが質問をして、答えがYESだったら、
コインを表にしてテーブル中央のナフキンの下に入れる。
NOだったら、コインを裏にして入れる。
それだけの簡単なゲームだ。

「やってみると面白いよ。じゃあ、この中にいいなと思う人がいる。
YES or NO?」
まどかは、コインを裏にしてナフキンの下に入れた。
ナフキンをめくると、4枚のコインが表——つまり『YES』だった。
多分、桃子も裏にしているだろうから、
男性は全員、いいなと思う女性がいるということだ。
もしかしたら、自分を好きだという人がこの中にいるのかもしれない。
そう思うと悪い気はしない。
「じゃあ、次の質問」奈緒が手をあげた。
「本当は恋人がいるのに、合コンに来てる。YES or NO?」
ナフキンをめくると、3枚のコインが表——『YES』だった。
女性で恋人がいるのは、桃子だけ。
という事は、男性のうち2人は恋人がいるってこと!?
まどかは、すっかり白けてしまった。

お役立ち情報[PR]