お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド 芸能

ケン・フタムラ インタビュー

esacala インタビュー

ケン・フタムラ 人生がインターナショナル! 世界に感動をあたえるパフォーマンスにかける思い


1984年に、正式スタートし、肉体の限界を超えたスーパー・パフォーマンスで、世界から圧倒的な評価を得ている、まったく新しいスタイルのエンターテインメント集団、シルク・ドゥ・ソレイユ。彼らの熱い舞台『アレグリア2』が、ただいま全国ツアー好評公演中!東京追加公演も決まり、よりたくさんの人に感動を伝えるべく、ますます盛り上がりを見せています。今回は、日本人の両親を持つカナダ生まれの『アレグリア2』アーティスト、ケン・フタムラさんにお話をうかがうことができました。舞台に対する意気込みは?そして、今までどんな生活を送ってきたのでしょうか……。アーティストの素顔に迫ります。


目次
#01 きっかけは、日本人金メダリスト
#02 育ってきた環境はインターナショナル
#03 「見たら絶対泣く!」
#04 夢はコーヒー屋!?

text:TOGAWA HIKARI photo:TAKANO HIROMI
撮影場所:高輪プリンスホテル 貴賓館
update:2005.06.24

 


Profile ケン・フタムラ
1975年7月25日生まれ。カナダ出身。『アレグリア2』では、「スーパー・パワー・トラック」に出演。ケンは、日本人の両親の下、モントリオールに生まれる。10歳の時に体操を始め、体操クラブにて11年間トレーニングを積む。そして、1997年にシルクのオーディションを受け、『ラ・ヌーバ』の「パワー・トラック」のメンバーとして初めてプロとしての活動を始める。また、『ラ・ヌーバ』のクリエーション作業にも参加し、6年間パフォーマンスを行う。2004年8月、トロントで『アレグリア2』準備中にアレグリアに参加し、自分の経験を生かすことで、『パワー・トラック』を進化させた『スーパー・パワー・トラック』としてショーに登場させる。

お役立ち情報[PR]