お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

恋愛心理学講座 第5回「価値観が違う」かもしれない、私と彼」

update : 06/24
ともえ先生の 恋愛心理学講座

みなさん、こんにちは!関口智恵です。
とてもきれいな人なのに彼がいない人もいれば、
見た目はいたって普通でも、
いつも楽しく恋愛している女性もいます。
この違いはどこからくるのでしょう?
そのナゾを解明する恋愛心理学講座。
彼のハートをトリコにするノウハウ満載です!
profile
関口 智恵
キュア・カラー代表。
横浜にて「光と色のオアシス*キュア・カラー http://www.cure-color.com」を経営。サロンでの恋愛心理学講座も好評で、受講後ミラクルハッピーになる女性が急増中!
素顔に迫るQ&A
仕事と恋愛の経歴書
第5回 「価値観が違う」かもしれない、私と彼

価値観の違いって?

恋する乙女・ひなちゃんからお便りが届きました。


「最近、彼は私と考え方(価値観)が違うと思っているようです。
 たとえば? と聞いても『うまく言えないけれど、何か違う』
 『私が彼に無理して合わせているように感じる』と言われました。
 お互いに好きだからこれからも付き合っていくことにしたのです
 が、うまくいくのか不安です。」


恋愛において、自分と相手との「価値観の違い」というのは、
確かに気になる問題ですね。でも、ちょっと待って!
そもそも「価値観」がまったく同じ人なんて、存在するのでしょうか?

生まれ育った環境(生育歴)も違えば、経験、年齢、ましてや
性別からして違う2人です。当然「価値観」だって違ってきます。
ただ、その価値観も、絶対譲れないところ、大切にしているところが
あまりにも違うのであれば、お互いに相当努力しあわないと、
なかなか難しくなってくるかもしれませんね。

人それぞれ違ってくる価値観。
これは、相手(もしくは自分)が、
何を大切にしているのかを言葉に出して伝えあわないと、
認識することはできません。

だから、「うまく言えないけれど、何か違う」と言われても、
彼の価値観は伝わってきませんよね。

「男らしさ」が邪魔してる?

男性は女性よりも往々にして、自分の考えや感情を
言葉に出して伝えることに抵抗があります。
そのひとつの要因となっているのが“ジェンダー”。
いわゆる「男らしさ」「女らしさ」の部分です。

小さい頃から「男なんだから、我慢しなさい」とか、
「オシャベリな男はモテナイ」というような「男らしさ」を
すりこまれていると、自分の本当の気持ちを言葉に出して
言うことが苦手だと感じてしまいます。
女性のように自分の考え方や感情を表現しなれていないのです。

でも、2人が本当に好きで、今後も付き合っていきたいのなら、
言葉にする大切さを、彼にもう一度伝えてみましょう。
「価値観が違う」と思った場面、場面を
その都度、教えてもらうのです。

ここで大切なことは、彼の価値観に合わせるのではなく、
お互いの価値観・大切なところを認め合い、尊重しあう
ということです。はじめっから、ピッタシカンカン!!
ツーといえば、カーというカップルなんて、いません。

どれだけ相手のことを思いやり、尊重できるか。
やはり愛は育むものなのです。

お役立ち情報[PR]