お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド 芸能

瀬戸カトリーヌ インタビュー

瀬戸カトリーヌ 「スタッフが笑うと「よっしゃー!」ってガッツポーズ。現場は楽しくなくちゃね!」

Profile 瀬戸カトリーヌ
1977年パリ生まれ。3才で日本へ帰国。1995年、日本歌劇学校卒業。
1998年、上京。「オケピ!」で2度の三谷幸喜作品に参加、TBSテレビ「世界ふしぎ発見!」のミステリーハンターなど、女優、バラエティーレポーターとして活躍中。
98年「MaMaと呼ばないで」(中村龍二演出)で舞台デビュー。2000年「ガールズタイム」(宮本亜門演出)、「彦馬がゆく」(2002年)・「オケピ!」(2003年)ともに三谷幸喜演出、「ピーターパン」(2003年鈴木裕美演出)に出演。

▼詳しいプロフィールはhttp://www.manasepro.co.jp/

esacala インタビュー

 TBSテレビ『世界ふしぎ発見!』でのレポーターぶりを、「瀬戸さんがミステリーハンターだと面白すぎてクイズのヒントを見落としちゃうのよー」と『徹子の部屋』出演時、黒柳徹子さんにほめられる(?)ほどの個性派。春からは”escala cafe「恋愛相撲部屋」”にて瀬戸カト親方としても活躍しています。テレビのバラエティ番組のレポーターとして、元気いっぱいなイメージが多いけれども、素顔の瀬戸さんは一体どんな人?7月からはじまる舞台のお話も交えて、瀬戸さんに会いに出かけてきました!

text:YUSEI SAWAMURA photo:浅沼勲 update:2005.06.22

esacala インタビュー

瀬戸カトリーヌ 父は元ケーキ職人、母は美人のマドンナ

——お笑い芸人に囲まれても、一歩もひけをとらぬ関西弁でのマグナムトーク。見てる方がちょっとハラハラしてしまうタメ口キャラですが、先輩タレントから「生意気」ではなく「こいつ、おもろいやっちゃな」と認められてしまうバランス感覚が絶妙ですね。

瀬戸 自分ではそんなにタメ口だと思ってないんですけどねえ(笑)。年下でも呼び捨てにしないし、人を傷つけるようなことは絶対言わない。よくしゃべる方やけどコメディーセンスはないかなあ。芸人さんみたいに鍛えてないですから。ただ毎日お母さんとベラベラしゃべっていただけ。そのお母さんは吉本新喜劇の女優だったんですけどね(笑)。美人のマドンナ役だった。フランスでケーキ職人の父と出会って一目惚れしあったみたい。今、父は姫路で製菓学校の先生をしてます。

——レポーターやバラエティ番組出演の印象が強いですが、舞台の実績も多いんですね。

瀬戸 宝塚やミュージカルソングが大好きなんです。実は宝塚は3度受験しました。当時は天海祐希さん、真矢みきさん、一路真輝さんの黄金時代で、不合格はとてもショックでした。お芝居がしたかったんだけど散々オーディションに落ちてしまって今の芸能事務所に拾ってもらって、レポーターやバラエティから自分の存在を知ってもらい、これをお芝居につなげようと腹の底から強く思ってました。
今でも仕事の中心は舞台にあります。テレビ出演を続けるうちにバラエティの間とか、スタッフや共演の方との空気が感じられるようになった。で、舞台に戻った時には自分が少しよくなってるなと手応えがあるんです。

esacala インタビュー

瀬戸カトリーヌ 三谷さんとの出会いは手紙から

——宮本亜門さんや三谷幸喜さんに見い出されたポイントは

瀬戸 19才で宮本さんの『ガールズタイム』のオーディションを受けました。不合格だったけど、そのとき宮本さんに「キミってヘンだけど面白いね」って言われて。再演の時に宮本さんが過去のオーディションのビデオを見てたら私が映っていて「この子最近テレビ出てるやんか、この子呼ぼう」ってなったらしいです。
三谷さんとの出会いは、『オケピ!』初演を見てものすごく感動して舞台ワンシーンの絵を描いたところから。”私はまだペーペーではございますが頑張っております”っていう手紙を添えて三谷さんに送りました。そしたらNHKの教育番組とか見て下さっていて1年後に三谷さんから”『彦馬がゆく』に出ませんかって!”すごいでしょう?!
私、こう見えて手紙が大好き。お礼状とかよく書きます。オーディションで受かったっていうのはあまりなくて、ダメだったけど印象に残って、その間がんばっていると後から呼ばれるってのが多いです。私はしぶといですよー(笑)。だから今でもメゲずに年に2回はオーディション受けてます。

——感動した『オケピ!』の再演にも出演されてますよね。

瀬戸 そうなんです!しかも、宝塚で見ていた憧れの天海祐希さんと同じ舞台に立ったんですよ!戸田恵子さんもいて、とーっても幸せでした。お2人とも今でも仲良しで、定期的にご飯食べたりメールしたりしてます。頼れるお姉ちゃんみたいな感じ。ぜひまたお仕事もご一緒したいです。

esacala インタビュー

瀬戸カトリーヌ チャームポイントは"お尻"です!

——プロポーション維持の秘訣はありますか。

瀬戸 聞いて下さい!最近肌がキレイになったんです。腸内洗浄です!今年、花粉症デビューをしてしまい目鼻がかゆくて肌もプツプツに。ヘアメイクの人に相談したら「あんた、ええのがあるわよー。初回は勇気いるけど、すぐ行きなはれー!」と言われて(笑)。翌日プツプツが一気に減りました。 理想の体型? Mサイズが女性として一番魅力的だと思う。ガリガリよりも女性らしいラインを大切に。私の場合、プリプリお尻がチャームポイントです(と立ち上がりお尻を向けてペシン!と叩く)。

——会社勤めのお友達はいますか。

瀬戸 いっぱいいますよー。上京してスグは家賃51,500円の女の子だけの下宿生活。ちょうどテレビ出始めのころで、放送時はみんな部屋に集まって一緒に見てくれました。芸能界も会社勤めも大変なのは”上下関係とマンネリ”。私がラッキーなのは、舞台や番組ごとに人が変わったり、海外に行けたりすることかな。

——ミュージカル『パリアッチ』への抱負を。

瀬戸 オペラ劇場の舞台裏で繰り広げられる爆笑コメディーで、私はウエイトレスの役。これまではキャラが濃かったりよくしゃべる役が多かったけど、今回は内に秘める思いを持った女の子役。抑えた演技の難しさに苦労しています。ここを乗り越えるとまた1つ扉が開くなと思っています。 “負けずにいこう”という気持ちと、役者一筋の共演者の方たちとの間で自分がどんな挑戦ができるか、とっても楽しみです。

お役立ち情報[PR]