お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 結婚

Happy☆Wedding お気に入りの深紅のドレスで幸せオーラ満開!

幸せのおすそわけ!Happy☆Wedding

夢と憧れがいっぱいつまったウェディング☆ ひと足お先に、バージンロードを歩んだ彼女たちの ステキな結婚ライフをレポートします!
/love/happywedding/050620/
My best photo
/love/happywedding/050620/
/love/happywedding/050620/ /love/happywedding/050620/
click!
お気に入りの深紅のドレスで   
今月の花嫁
山崎友美さん
(27歳)

Profile
/love/happywedding/050620/
/love/happywedding/050620/

運命の出会い
出逢いは、お互いの友人の結婚式。友美さんが新婦側の友人で、彼が新郎の友人でした。芦屋のウェディング会場へ向かう電車の中に乗り合わせた2人。いかにもな服装なので「結婚式に行くんだろうなぁ」と思っていたら、実は同じ式場に向かっていた、というわけです。その時、友美さんに一目惚れした彼が2次会に誘い、連絡先を交換することに。
友人の結婚式が
出逢いのきっかけに

 

愛のコトバ
彼の実家に
初めての訪問
おつきあいを始めてから約3カ月ほどが過ぎた年末、ふたりで松山へ。初めて彼の実家を訪れました。そして、1月1日の夕方、コタツでくつろぎながら彼がふと「初詣に行ったときに何をお祈りしたと思う?」と友美さんに問いかけました。彼の「俺はな、今年中に結婚したいなぁってお祈りしたんや」ということばに結婚を決意。

ハッピーライフ
日常を忘れてゆったり過ごしたハネムーン
結婚するまで実家暮らしだったので家事が苦手だった友美さん。しかも、結婚を機に転職をしたということもあり家事との両立に四苦八苦。でも最近では、仕事ともバランス良く両立できるように。彼も20時くらいには帰宅し、お風呂の準備をしてくれたり洗濯物を取り込んでくれたりと、協力的なので助かっているとか。帰る場所が一緒、ということが何より幸せ!とのことです。
My Wedding Style
<Q> 式のオリジナルの演出は?
<A> 披露宴で両親も一緒にケーキカットをしたり、ケーキのデコレーションをゲストにお願いしました。
<Q> ウェディングドレスは?
<A> ホワイトドレスは試着し一目惚れしたもの。ドレスは赤しか考えていませんでした。
<Q> ハネムーンは?
<A> 新婚旅行は“天国に一番近い島”ニューカレドニア。水平線に沈み行く夕陽が最高にキレイでした。
<Q> 旦那さまはどんな人?
<A> かつお節やめんつゆなどの食品メーカー「マルトモ」に勤める営業マン。7歳上の頼りになるダンナさま♪

Wedding Information
ブーケトスならぬ メッセージを込めた ベアトス!
披露宴で行われるブーケトスは、独身女性への幸せのおすそわけ。友美さんはブーケだと枯れてしまうのでどうかな?と・・・
続きを読む

 

update:05.06.20 text:HitosugiSayuri

お役立ち情報[PR]