お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

恋愛心理学講座 第44回「決戦のバレンタイン」

 


update:05.02.03



恋する乙女・メロンさん(24歳)

ずっと友達以上、恋人未満の彼がいます。彼は私よりも4歳年上で、家も近く親同士も顔見知りのせいもあり、私の兄のような存在です。学生の時は、よく遊びましたが社会人になって仕事が忙しくなり、以前のように連絡を取ることもあまりなくなってしまいました。そんな矢先、うちの親から「彼が早くてこの春、遅くて秋頃、海外へ赴任することになるかもしれない」という噂を聞きました。彼が私のことをどう思っているのかは分かりません。ただ海外赴任という言葉を聞くと、彼がどこか遠い世界に行ってしまうようで、急に自分のものにしてしまいたくもなるのです。もうすぐバレンタインですが、これをきっかけに、自分の気持ちを彼に伝えることが出来たらと思っています。アドバイスをお待ちしています。

恋する乙女のための、特別な日

バレンタインDAYは、片思いの彼に、
自分の気持ちをそれとなく伝えることができる、
女の子にとっては、特別な記念日です。

メロンさんと同じように「友達以上、恋人未満」の彼がいらっしゃる方は、
意外と多いのではないでしょうか?
私も独身時代にいました(苦笑)
こういう関係って、ほんと微妙で、変に告白して今の楽しい関係を壊したくないし、
でも、今のままではつらくて、友達じゃなく、
特別な人として私をみて欲しい・・・・・・って、感じですよね。

ただメロンさんの場合は、相手が海外へ赴任するということですし、
バレンタインに自分の気持ちを告白するというのは、とてもいいと思います。

万が一、彼がメロンさんの気持ちを
受け入れられなかったとしても、
告白しないと一生、後悔する気がします。



悔いを残さないために……

なぜなら、「想い出」というのは、やたら美化され、
美しい想い出ばかりが記憶に残ります。
「現実」にメロンさんに違う彼氏ができ、結婚したとしても、
<あのとき彼に告白していたらどうなっていたかなー>とか
<彼と結婚したかったなー>と、思うかもしれません。
実際に、告白して、たとえば、彼が気持ちを受けいれてくれて、
遠距離恋愛がはじまったとして、もし、結婚までにいたらなかったとしても、
それはそれで、気がすむと思うんですよね。
自分としては、やれるだけのことは、やったわけで、
あとは、もうご縁の問題ですから。
(すごい先のことだし、仮の話ですが・・・・・・。)

そして、具体的にバレンタインに渡すものですが、
普通にチョコレートだけでは、ただの義理チョコだと思われる可能性が高いので、
必ずメッセージつきがいいですよね。



彼のハートをつかむ、ラッピングカラー・テク

ちなみに愛の告白に用いたい色は、「ピンク」
ピンク×ブルー(または、ピンク×白)だと、
どんなに鈍感な彼でも、「愛の告白」だということが、わかりやすく伝わります。
ピンク×濃い茶色は、大人っぽく、品がよい感じなので、
メロンさんの好きな彼は、年上だし、この色づかいがおすすめです。
チョコを手渡しする際のパッケージやリボンなどの
ラッピング用品を選ぶ際の参考にしてください。
また、今回のことに対して、<誠実に答えないといけない>ということが、
パッケージの色から、無言のメッセージを与えることができますよ。

逆に「義理チョコ」感をだしたい場合は、
ピンクや赤のリボンは避け、ブルー系やゴールド、シルバーなどの色にすると、
へんに勘違いされずにすみます。
素敵な記念日になるといいですね☆        update:05.02.03

お役立ち情報[PR]