お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

PR オンナのボディ

婦人科検診の日に生理になってしまった場合、検診に行って問題ないですか?

第2回目の今回は、読者を対象に、「生理中に婦人科検診に行く?」という質問を行ってみました。すると、「行く」と答えた人はわずか11%で、「行かない」は実に89%! ほとんどの人が、生理中は検診に行きづらいと思っているようですね。やっぱり、生理中は行かないほうがいいの!? アトラスレディースクリニック院長の塚田訓子先生に、聞いてみました!

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数150件(22歳~34歳の働く女性)

 

今回お話をお伺いした、塚田訓子先生

アトラスレディースクリニック院長。1999年に旭川医科大学医学部を卒業。札幌医科大学附属病院産婦人科、関連病院勤務を経て、紫明女子学院にて医務課長に。とまこまいレディースクリニック医長、レディースクリニックぬまのはた医長として経験を積む。2010年にアトラスレディースクリニックを開院。

普通に検診を受けるときは避けるほうが無難。でも、不正出血の場合はすぐに受診を!

たとえば、区民検診や人間ドックなど、年に1回ほどの周期で行われている子宮頸がん検診の場合は、注意事項に「月経中は避けて下さい」と記載されています。なぜなら、月経中は血液の混入があるため、正しい検査結果を得にくい場合があるからです。普通に検診だけを受けたいときは、月経中は避けるほうが無難でしょう。ただし、月経痛がいつもと比べてひどかったり、不正出血がある場合は、話は別です。このような場合は速やかに婦人科を受診しましょう。

–「いつもと様子が違うな」と思ったら躊躇せずに婦人科へ!

実は不正出血なのに、月経だと思い込んでいて、「出血が止まるまで婦人科に行けない!」と我慢してしまう女性は、結構います。でも、それはとても危険です。出血の原因となる病気があった場合、それが進行してしまうことがありますから、すぐにでも婦人科を受診して下さい。一般の女性にとって、月経の出血なのか不正出血なのかを判断しにくい場合もあると思います。特に、月経周期が不安定な場合はそうですよね。ポイントは「いつもと何か様子が違うな」と思ったら、躊躇しないこと。相談に行くつもりで婦人科を訪ねてくださいね。

–出血中の受診は気にせずに! 受診時の服装は、脱ぎ着が楽なスカートをおすすめ

出血しているときに検診を受けると、迷惑をかけてしまうかも……と思う女性がいるようですが、心配無用です。内診台にはシートを敷いていますので、血がついてしまっても大丈夫です。受診の際はどういう格好でいらしていただいても問題ありませんが、スカートでいらっしゃるほうが脱ぎ着が楽でしょう。また、時々緊張のあまり具合が悪くなる方もいらっしゃいますが、内診が苦手な場合は先に医師に伝えていただき、リラックスして検査を受けるようにしましょう!


※医療用語では「生理」を「月経」と言います。
ここでは「生理」と「月経」の二つの言葉を同じ意味で使用しています。

●まとめ

・一般的な子宮頸がん検診を受けるときは、生理中は避けるほうが無難
・いつもと違う痛みや不正出血があるときはすぐに婦人科を受診!
・受診時の服装は、脱ぎ着が楽なスカートをおすすめ

関連リンク

提供:持田製薬株式会社

みんなが読んでる人気記事 オンナのボディ