お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR 仕事全般

【仕事で不安な女子必見】そんなアナタが前向きになれる、特別な場所を発見!

イラスト

「このままこの仕事をしていて、いいのだろうか……」。会社にも仕事にも慣れ、気持ちに少し余裕が出てくると、このような漠然とした不安を抱えることも……。 今回ウーマン読者にアンケートを取ったところ、多くの人が、仕事や働き方に「不安を感じたことがある」みたい。

7割の女子が不安!いったいどんなことで?

どのようなことに不安を感じますか?

  • 1位 お給料がなかなか上がらないなとふと思ったとき(144票)
  • 2位 会社でいつも同じような仕事をし、手に職がないと思った時(101票)
  • 3位 頑張ってこなした仕事が評価されなかった時(90票)
  • 4位 結婚や出産後の社会復帰を考えた時(76票)

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数400件。25歳〜36歳の女性)

仕事に不安を感じたことがある人は、約7割も!予想以上の数字に、びっくりです。……でも、これらの回答を見ると、わかりやすい悩みはほとんどなく、すべて漠然としていますよね。もしかしたら、自分自身がどうなりたくて、どういうことをやりたいのかが明確ではないのかも?

自分らしい道を歩むためのカギがここにある!
虎ノ門ヒルズのすぐ近くで、大学院生デビュー!

イラスト

そんなアナタは、日頃の業務に追われて精いっぱい。いえ、もしくは、惰性で毎日ダラダラと過ごしてたり……?だけど、どこかで物足りなさを感じているのだとしたら、まず新しい世界に触れて、仕事では出会えない人たちとの交流を始める!なんていかがでしょうか?
そんな刺激をくれる最適の場所が、虎ノ門ヒルズのすぐ隣にあるのです。1年制の社会人大学院「虎ノ門大学院」。マネジメントに必要な幅広いビジネス実務スキルや知的財産、メディア&エンタテインメントといった勉強を少人数制で実践的に学べます。

学んだらこう変われた!修了生の声を見てみる!

<30歳からますます輝く女性になる方法が学べる!>

小室淑恵先生

幅広くメディアに登場しており、ワークライフマネジメント特論の科目を担当している「小室淑恵」先生に少しお話を聞いてみました!

仕事もプライベートも充実させている人は、たくさんの刺激と出会いを得ています。プライベートの時間を通して、社会の変化やトレンド、人の心の動きに敏感になり、そこで得たアイディアを仕事に生かしたり。また、資格取得にチャレンジしたり、大学院で勉強するなど、仕事もプライベートも大切にさせると、輝きは増しますよね(小室淑恵先生:インタビューより)

<「憤りリスト」作りも、素敵な自分に近づけるコツ!>

日頃の生活に漠然と不安を抱えている人に対しては、まず「自分の強みや弱みを棚卸しすること」を勧めるとか。小室先生にコツを聞いてみると、 自分の心のなかにあるwill(やりたいこと)とcan(できること)、must(やらねばならないこと)を整理したり、“憤りリスト”を作ることだそうです!

日々の生活のなかであなたが憤ることを書き出すのです。そして、それらをポジティブな言葉に変換すると、『私だったら○○するのに』という文章が表れて、そこに、あなたのwillが隠されているかもしれません”(小室淑恵先生:インタビューより)

イラスト

自分は何をやりたくて、どう生きていきたいのか。それを決めるのは、ほかでもなく自分自身。受け身のままでいたら、物事はなかなか好転しないようです。 “自分の人生は、誰かにお膳立てしてもらうものではありません。どんなことも、あなたの行動や工夫によって両立させることは可能なのです!”この小室先生の言葉、痛いほど胸に刺さります・・・・・・。

1度の人生なら、楽しく賢く過ごしたい!

<いろんな人に出会える>

イラスト

虎ノ門大学院」の在院生は60名。そのうち約4割は女性で、女性の半数は30代です。在院生の業種は、サービス業やソフトウェア・情報処理、広告・マスコミ、製造関係など、実に多くの職業の人が在籍。さまざまなキャリアをもつ人に出会える、オープンな環境です。

<オフの日も気軽に使える環境がいい!>

イメージ

授業がない日でも、キャンパス内の施設は自由に使えます。たとえば、仕事が早く終わった日は、「自習室」でノートPCを無料で借りて作業をしたり、ビジネスに関する蔵書が充実している「ライブラリーラウンジ」で調べ物をすることも可能。そして、仲間とバッタリ会ったら、隣の虎ノ門ヒルズのオシャレなレストランで夕飯!なんていうコースもあり♪

今の自分から脱皮して、毎日をキラキラに!

イラスト

仕事をしながら新しい環境に足を踏み入れるのって、胸が躍っちゃう!「今の自分からちょっとでも脱皮したい」と思っているアナタ、新しいドアを開けてキラキラしてみませんか?

提供:K.I.T虎ノ門大学院

お役立ち情報[PR]