お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 海外旅行

海外旅行を楽しむカギは“ひと工夫”にあり! 私らしいHAPPYな旅をする“旅コツ”とは?!

一昔前までは欧米やビーチリゾートが主流だった海外旅行。最近は秘境や絶景など、世界各国のあらゆる土地が旅行先として注目されるようになってきました。そこで今回は、海外旅行の達人でもあるイラストレーターのBoojilさんに、オリジナリティあふれる海外旅行を思いっきり楽しむコツを伝授していただきました。もうすぐ夏。私らしいひと工夫でアクティブに、いつもと違う “世界の旅”を体験してみてはいかが?

Boojil

Boojil

イラストレーター・エッセイスト・漫画家。海外でのひとり旅についてまとめたイラストエッセイ「おかっぱちゃん旅に出る」(小学館文庫)が NHK Eテレでアニメ化される。2013年、東京都練馬区にアトリエ兼イベントスペース「東京おかっぱちゃんハウス」をオープン。現在、NHK総合で放送中のバラエティ番組「妄想ニホン料理」のアートワークを手掛けている。

1.旅先選びはフィーリング。“心惹かれるもの”があるところに出かけよう!

 私が海外旅行にハマり出したのは、19歳のとき。カンボジアで体験した、いわゆる“バックパッカー”での旅がきっかけでした。リュックを背負って3週間ほど、現地の街「シェムリアップ」や村を見てまわったのですが、中でもアンコールトムに感動したこと、また、タイとの国境でストリートチルドレンの多さにカルチャーショックを受けたことは今でも思い出しますね。当時は、英語がまったく話せなかったこともあり、出会った人たちとは主にイラストでコミュニケーションを取るようにしていました。私がカラフルな色を使って日本の国旗や飛行機の絵を描くと、子どもたちがワッと寄ってきて楽しそうに反応する。その瞬間が本当にうれしくて、イラストレーターを目指すようになり、そして年2回、欠かすことなく海外旅行に行くようになりました。

 旅先は、好きな“色”や“民芸品”があるところを選ぶようにしています。赤や黄色、緑、オレンジといった鮮やかな色が、目移りしてしまうほどにあふれているところが好き。中でもメキシコは、まるで街そのものが絵の具のパレットのようで、歩いているだけでドキドキしてしまうほどでした。
 好きなものがあるところ、惹かれるものがあるところに行く。感性の赴くままに旅先を選ぶことが、楽しい旅の第一歩になるんじゃないかなあと思います。

国内で「かわいい!」と手に取る雑貨は、だいたい「Made in Mexico」なのだそう。民芸品に惹かれ、メキシコに行くことを決意。

メキシコで作品を制作するBoojilさん。長年の念願が叶って、2012年に留学した。

2.体当たりのコミュニケーションで、めいっぱい文化に触れる!

現地の方に似顔絵を描いてあげることも。これで一気に距離が縮まり、グッと仲良くなれるのだとか。

英語が通じない国も多い。だからこそ、イラストや会話帳での“言葉に頼りすぎない”コミュニケーションが生きてくる。

 旅の楽しみといえば、なんといっても現地の人との交流です。私は、言葉が話せなくても意思の疎通ができるよう、スケッチブックとペン、それから指さし会話帳を、旅先に持って行くようにしています。

 いまでもよく覚えているのが、ラオスの「バンビエン」という街での出来事。たまたまバスで隣の席に乗り合わせたおばさまと、イラストや会話帳を使いながら1時間半ぐらいおしゃべりをしていたら、突然、どしゃ降りの雨が降ってきてしまったんです。するとおばさまが、「うちに泊まっていきなさい」というようなことを言い出して。おうちにお邪魔したら、いきなり竹で編んだような硬い枕とタオルケットをバーンと渡され、初めて海外で、人の家に泊めてもらうという経験をしました(笑)。
 その後も、街を案内してもらったり、ごはんをご馳走になったりと、ラオスの人たちには涙が出そうなぐらい親切にしてもらいました。海外の人は、本当に陽気であたたかい。英語なんて喋れなくても大丈夫! ぜひ臆せず積極的に話しかけて、現地の文化に触れるような濃厚な旅を、体験してみてくださいね。

3.女性なら忘れずに!治安情報は入念にチェックして

 なにかとトラブルの多い海外旅行。ひとり旅をするときは、事前にしっかり治安情報をチェックすることが欠かせません。外務省のWebサイトだけでなく、現地のニュースサイトやクチコミサイトを確認し、必ず安全を確かめてから渡航するように心がけましょう。
 実は私も、メキシコに民芸品作りのための留学に行った際、強盗に襲われてしまったことがありました。銀行でまとまった額のお金を下ろしたところ強盗に目を付けられ、尾行されてしまって……。街のタコス屋さんに入ったところでカバンをひったくられそうになり、次いで銃を発砲されました。本気で死ぬかと思った恐怖の瞬間で、あれはもう、完全に“事件”の現場でしたね。結局、大騒ぎになって、犯人たちは逃走してしまいました。
 びっくりしたのが、その出来事の1時間後ぐらいに、タコス屋さんが何事もなかったかのように営業を再開していたこと。思わず「たくましいなあ」と笑ってしまいました。
 それはともかく、「事前にもっと治安について調べておいて、注意すればよかった」と反省したことは言うまでもありません。命を落としてしまっては笑い話では済みませんから、特に女性の場合は、入念に下調べと対策をしてほしいなと思います。

4.何度でも訪れたい、私のおすすめベストスポット!

>>「ウユニ塩湖」の口コミを見る

Boojilさん曰く「『ウユニ塩湖』に行くための現地ツアーは、クチコミサイトを見て厳選すべし」とのこと。ツアードライバーの腕で、見られる景色が変わるのだとか。

>>カサ オアハカの口コミを見る

現地の人が憧れるラグジュアリーレストラン「Casa Oaxaca(カサ オアハカ)」。好みに合わせてその場で、チリソースやサルサソースを作ってくれる。

>>パレ ファラジュ スイーツ&スパの口コミを見る

こちらが「Palais Faraj Suites & Spa(パレ ファラジュ スイーツ&スパ)」。イスラム教の聖地・メディナが一望出来る、バツグンの眺望がウリ。食事の美味しさでも有名。

 いままでに見た景色の中で、もっとも印象に残っているのがボリビアの「ウユニ塩湖」です。どこまでも広がる輝く水面に、鏡張りのように空の景色が映り込む。太陽がふたつになった瞬間の、まるで作り込まれたグラフィックのような美しさには、思わず息を飲みました。また、朝、昼、夜と、時間帯によって見え方が変わるところもポイントですね。とても1日では味わいつくせないぐらい、いろいろな表情を見せてくれました。

 食でおすすめなのは、メキシコのレストラン「Casa Oaxaca(カサ オアハカ)」でしょうか。食事の前にサービスで出してくれる、焼きたての黒いトウモロコシの粉でつくったトルティーヤが絶品! メインのコースはどれを注文してもとびきり美味しく、毎回デザートまで注文してのんびりと過ごしました。また、開放的なテラス席があり、夜、ライトアップされたオアハカの教会を眺めながらロマンチックにお料理を楽しんだことは忘れられません。

 その他、モロッコのホテル「Palais Faraj Suites & Spa(パレ ファラジュ スイーツ&スパ)」や、サハラ砂漠の星空などもおすすめ。宿泊先や観光地は、主にトリップアドバイザーのクチコミ情報を参考にして決めています。ハズレが少なく、充実した旅になることが多いんですよね。どこももう一度行ってみたい、私の中のベストスポットです!

~Boojilさん流 旅を楽しむためのトリップアドバイス~

  • 1.自分の足で歩き、積極的に人に話しかけよう!
  • 2.旅先ではケチらない! ホテルや食事に、ちょっとした贅沢を取り入れて
  • 3.現地で出会った人を尊重し、親切にすることを心がけよう。同じ目線で会話して!

旅を楽しみたい大人女子へのメッセージ

海外旅行に慣れてきたら、ぜひ、個人旅行にチャレンジしてほしいと思います。自分の力で旅程を組んで、宿を手配し、現地を歩く。こういう挑戦がコミュニケーションを生み、現地の文化に触れるような、より深い旅へとつながっていくと思います。旅は、苦労した分だけ感動が大きくなるもの。ときにはあえて不便な旅をすることで、旅行の醍醐味を味わってみてくださいね。
 もうひとつ、ちょっとした贅沢を組み込むこともポイントです。1日だけラグジュアリーなホテルに泊まったり、1食だけ豪華なレストランでお食事をする。こうすることで、ひとつの国や地域を多角的に知ることができますし、気分転換にもなりますよね。オリジナルの旅行プランで、ぜひともツアーにはない、豊かな女子旅を楽しんでいただけると幸いです!

Information

私らしい旅をするためにはコレがおすすめ!
「トリップアドバイザー」

【編集部おすすめポイント1】
何万件もの口コミ情報からの検索だから安心していい場所を探せる♪

トリップアドバイザーは世界最大級の旅行クチコミサイト。宿泊施設、観光地、レストランなどのクチコミ情報が、なんと約1億5000万件も掲載されています。日本だけでなく、世界中の旅行者からの投稿が読めるところがミソ。また、英語での投稿が自動で日本語に翻訳される便利な機能も! 信頼性が高く、使い勝手もバツグンです

【編集部おすすめポイント2】見ているだけで楽しい!新しい発見ができちゃう

トリップアドバイザーには、「世界のベストホテル」や「ベストビーチ」といったランキングがたっぷり掲載されています。美しい写真とともに人気スポットをチェックすることができ、見ているだけで旅行気分が味わえちゃう。海外だけでなく国内の観光地も検索可能。旅の夢が、ぐんぐん広がります。

【編集部おすすめポイント3】旅先でもその場でクチコミをすぐ調べられる!

スマホと電波がつながる環境さえあれば、気になる現地の観光情報を、パパッと検索することが可能です。宿泊地付近のおすすめ観光地や、評判のレストラン、現地ツアー会社の評判などなど……。いま知りたいクチコミ情報が、すぐに、日本語で読めるところがポイント。豊かな旅をナビゲートしてくれます。

>>トリップアドバイザーで、私らしい旅を作ろう♪

お役立ち情報[PR]