ママのための悩み解決サイト

妊活や不妊の悩み

妊活や不妊の悩み

「妊活・不妊」に関するまとめが集まったページです。生理についてや、女性ホルモンに関する記事や不妊症の原因や検査内容などの情報を見ることができます。

妊活や不妊の悩みに関連するキーワード

生理 妊活 不妊 おりもの
>>妊活や不妊の悩みに関連するキーワード一覧

妊活や不妊の悩みの記事一覧

【医師監修】高齢出産でダウン症の確率は高まる? 検査すべき?

【医師監修】高齢出産でダウン症の確率は高まる? 検査すべき?

高齢出産という言葉を聞いて、ドキッとする女性もいるかもしれませんね。単純に「若くないから妊娠しづらい」と思い込むことは決していいことではありません。妊娠・出産を健康な状態で迎えるには、体はもちろんのことメンタル面も非常に大切。悩む前に、きちんと理解して生まれてくる未来のわが子を前向きに考えてみましょう。


【医師監修】生理の周期が早いのは病気? 考えられる3つの原因と7つの対策

【医師監修】生理の周期が早いのは病気? 考えられる3つの原因と7つの対策

この前生理がきて終わったばかりと思っていたら「またすぐに生理がきてしまった」なんて経験はありませんか? 生理が月に2回もくるなんてことになると、ちょっと大変ですよね。生理のサイクルが早すぎるというのは、何らかの異常が隠れていることもあります。今回は生理の周期が早い原因とその対策についてまとめてみました。


【医師監修】無料の生理周期アプリで予測・管理!おすすめの人気アプリ5選

【医師監修】無料の生理周期アプリで予測・管理!おすすめの人気アプリ5選

次の生理がいつ来るのか、毎月メモを取るのは面倒ですよね。そんな時、生理アプリなら簡単な操作で正確に生理周期を管理、次の生理日も予測してくれます。排卵日も予測できるアプリなら、妊活中にも役立ちます。旦那さんと共有できるタイプも。賢い活用方法、無料で使えるランキングTOP5をご紹介します。


【医師監修】無排卵は30代に多い!? その原因と3つの改善法

【医師監修】無排卵は30代に多い!? その原因と3つの改善法

生理周期が不順で、おかしい場合には「無排卵」の可能性もあります。今回は、無排卵の症状をはじめ、その原因や改善方法などをご紹介します。


【医師監修】排卵日前後によくある3つの症状と体調が悪くなる原因

【医師監修】排卵日前後によくある3つの症状と体調が悪くなる原因

排卵日の症状が辛い・・・とお悩みではありませんか?生理中も心身のバランスを崩しがちですが、排卵期はどうでしょうか。下痢やほてり、腹痛、おりものが増え下着が濡れる・・・など異変が現れるケースも。具体的な症状や原因、不安定な体調と上手く付きあう方法、妊娠やPMSの可能性についてお話します。


排卵チェッカーの種類、正しい使い方とポイントとは?

排卵チェッカーの種類、正しい使い方とポイントとは?

妊娠の可能性を高めるには、自分の排卵日をできるだけ正確に予測し、そこで集中的に性行為を行うことが重要ですが、そのために便利なアイテムが「排卵チェッカー(排卵検査薬)」です。ここでは、排卵チェッカーがどういうものなのかや、正しく使うためのポイントなどをご紹介していきます。


【医師監修】周期が長いときの排卵はいつ? 生理周期が長い原因と改善方法

【医師監修】周期が長いときの排卵はいつ? 生理周期が長い原因と改善方法

生理周期が通常より長い場合に、考えられる原因や対策をご紹介しています。妊娠や出産に影響のないケースもたくさんありますが、不妊の原因となる病気が隠れていることもあります。自分の生理周期をチェックして、女性ホルモンのバランスを整えていきましょう。


【医師監修】黄体形成ホルモンとは? 働きや基準値まとめ

【医師監修】黄体形成ホルモンとは? 働きや基準値まとめ

女性にとっては重要な黄体形成ホルモンをご存知ですか?排卵を誘発し、妊娠するためには必要なホルモンです。今回は、排卵を促し、妊娠しやすい体をつくるこの黄体形成ホルモンに焦点を当てて、一体どんな働きを持っているのか、仕組みや基準値について、異常なときについてなど、詳しくご紹介します。


人工妊娠中絶はいつまで?間に合う時期と手術の流れ・費用・リスク

人工妊娠中絶はいつまで?間に合う時期と手術の流れ・費用・リスク

妊娠をするということは、新たな命を自分の体の中に宿しているということ。妊娠を望む女性も多い一方で、特別な事情がある女性もいることでしょう。どのような流れで人工妊娠中絶を進めていくかをお話しします。


【医師監修】卵巣嚢腫の症状と治療法 妊娠・出産への影響は?

【医師監修】卵巣嚢腫の症状と治療法 妊娠・出産への影響は?

卵巣嚢腫は女性に多くみられる病気です。良性腫瘍ですので経過観察でよい場合もありますが症状によっては手術が必要になることも。ここでは、気になる治療法と妊娠・出産への影響について詳しく解説していきます。


【医師監修】基礎体温の高温期はいつまで? 基礎体温が下がるときの妊娠の可能性

【医師監修】基礎体温の高温期はいつまで? 基礎体温が下がるときの妊娠の可能性

人の身体はとても不思議ですよね。時間帯によって、深部の体温や分泌されるホルモンが違い、上手に活動と回復を繰り返しながら生活しています。更に女性の身体は、高温期と低温期のリズムを繰り返して、妊娠のタイミングを待っているのです。今回は、この基礎体温について、妊娠の可能性と共に紹介します。


【医師監修】生理周期が早いのは病気? 原因と対処法

【医師監修】生理周期が早いのは病気? 原因と対処法

「この前終わったと思ったら、もう次の生理が来た」という経験はないでしょうか? 一次的なサイクルの乱れではなく、毎回短い周期で生理が来る場合は、何かの婦人科疾患を抱えている可能性もあります。今回は早い生理周期の原因と対処法についてまとめました。


【医師監修】葉酸サプリは男性も摂取すべき? 効果&気をつけたいポイント

【医師監修】葉酸サプリは男性も摂取すべき? 効果&気をつけたいポイント

女性のみならず男性にとっても注目のビタミンとされている、「葉酸」について知っていきましょう。


【医師監修】これって病気? 緑色(黄緑)っぽいおりものが出るときの原因と対処方法

【医師監修】これって病気? 緑色(黄緑)っぽいおりものが出るときの原因と対処方法

女性の月経周期に合わせて状態が変化するおりもの。量が増えたり、においが気になったりとおりもので悩んでいる女性は多いようです。量、色、においって一体何が異常なの? 緑色や黄緑っぽいのは大丈夫? おりものの役割とおりものの色によって隠れている病気の症状や対処方法について調べてみました。


【医師監修】茶色いおりものが出る7つの原因と対処方法 放置すると危険?

【医師監修】茶色いおりものが出る7つの原因と対処方法 放置すると危険?

おりものの色が気になったことはありませんか? おりものは女性の体調の変化を教えてくれる重要な役割があります。心配いらない場合もありますが、早急に医療機関を受診すべきものもあり、見極めが難しいところ。この記事では、特に茶色のおりものの色と体調の関係やその原因、対処方法をまとめました。


【医師監修】おりものから酸っぱい臭いがする3つの原因と対処方法

【医師監修】おりものから酸っぱい臭いがする3つの原因と対処方法

おりものから酸っぱい臭いがする原因は雑菌を防御する働きのために生じた乳酸。激しい悪臭・有色または異常な量のおりもの・痛みや耐え難いかゆみ出血などを伴う場合は病気の可能性があり、受診が必要になります。成熟した女性には生理同様おりものにも一定周期で変化があるものです。こちらではおりものについての理解を深めていきましょう。


【医師監修】無脳症とは? 赤ちゃんが無脳症になる原因と予防法

【医師監修】無脳症とは? 赤ちゃんが無脳症になる原因と予防法

赤ちゃんが無脳症とわかるのは早くても妊娠8週目。群を抜いた生存率の低さが他の障害との明らかな違いです。妊娠4か月以降に診断が確定し決断が求められますが多くの場合がやむなく墜胎の道を選択せざるを得ず、その確率は1,000人に1人。こちらでは無脳症となる要因や防止策、症状の検査や診察を受けた時の対応方法について解説します。


【医師監修】生理中に頭痛が起こる原因と4つの対策

【医師監修】生理中に頭痛が起こる原因と4つの対策

生理中に頻繁に起こる吐き気やめまいなどを伴う頭痛の症状に悩まされる方は本当に多いですよね。毎月決まった形でくるものだから、生理が近づくと憂鬱な気分になってしまう方も。そこで今回は生理中に起こる頭痛の原因や対策についてまとめましたので紹介したいと思います。


【医師監修】子宮筋腫で起きる6つの症状と3種の治療法

【医師監修】子宮筋腫で起きる6つの症状と3種の治療法

40歳以上の女性4人に1人は発症すると言われている子宮筋腫。良性の腫瘍なので命に別状はありませんが、腰痛などの様々な症状を引き起こす可能性があります。痛みに耐えかね、手術を決断する患者さんも少なくありません。そんな子宮筋腫とはどんな病気なのか、子宮筋腫によって引き起こされる腰痛の症状と改善、治療方法についてお伝えします


【医師監修】卵巣がんは転移しやすい?転移する3つの種類とは?

【医師監修】卵巣がんは転移しやすい?転移する3つの種類とは?

女性特有の病気はさまざまですが、卵巣がんもそのうちの1つです。病名はよく耳にしますが、実際それがどんな病気なのか知っている人はそう多くはないのではないでしょうか。卵巣についてさえ、自分の体の一部でありながら、よく分かっていないという人もいるでしょう。今回は、卵巣の基本的な知識から卵巣がんについてまでご紹介します。