ママのための悩み解決サイト

妊活・不妊

妊活・不妊

「妊活・不妊」に関するまとめが集まったページです。生理についてや、女性ホルモンに関する記事や不妊症の原因や検査内容などの情報を見ることができます。

妊活・不妊に関連するキーワード

生理 妊活 不妊 おりもの
>>妊活・不妊に関連するキーワード一覧

妊活・不妊の記事一覧

【医師監修】妊娠しやすい時期っていつ? タイミングの見極め方

【医師監修】妊娠しやすい時期っていつ? タイミングの見極め方

妊娠を望んでいるなら、妊娠しやすい時期を把握し、そのタイミングに合わせて、パートナーと集中的に性行為をすることが大切です。では、妊娠しやすい時期とは、一体いつなのでしょうか?そのキーワードになるのが女性の「排卵日」です。ここでは、排卵日がどういうものなのかや、排卵日の見極め方などをご紹介していきます。


【医師監修】不妊症チェック! 男女別でわかる受診の目安と原因、治療法

【医師監修】不妊症チェック! 男女別でわかる受診の目安と原因、治療法

結婚して、赤ちゃんがほしいと思っていてもなかなか授からずに焦りを感じているという場合、「自分が不妊症なのかもしれない」と不安になりますよね。不妊症について正しく知って、自分が当てはまるかどうかをまずは確認してみましょう。


【医師監修】39歳の妊娠・出産で知りたいこと! 高齢出産?リスクはある?

【医師監修】39歳の妊娠・出産で知りたいこと! 高齢出産?リスクはある?

結婚後、なかなか妊娠が実現せずに焦りを感じる女性が多いのは、30代後半だといわれています。事実35歳以降の「高齢出産」という言葉や、晩婚化というニュースに敏感になっている女性もいるのではないでしょうか。歳を重ねると、妊娠や出産に問題はあるのでしょうか。


【医師監修】妊活中におすすめ! 5つのしておきたいこと

【医師監修】妊活中におすすめ! 5つのしておきたいこと

「妊娠前にしておけばよかった」そんな後悔をしないように、妊活中にやっておきたい5つのことをまとめました。スムーズな妊娠のために、ママと赤ちゃんの健康のために、おすすめの方法です。


【医師監修】基礎体温の高温期はいつまで? 基礎体温が下がるときの妊娠の可能性

【医師監修】基礎体温の高温期はいつまで? 基礎体温が下がるときの妊娠の可能性

人の身体はとても不思議ですよね。時間帯によって、深部の体温や分泌されるホルモンが違い、上手に活動と回復を繰り返しながら生活しています。更に女性の身体は、高温期と低温期のリズムを繰り返して、妊娠のタイミングを待っているのです。今回は、この基礎体温について、妊娠の可能性と共に紹介します。


【医師監修】人工授精後の過ごし方は? 妊娠確率を上げるために注意すべきこと

【医師監修】人工授精後の過ごし方は? 妊娠確率を上げるために注意すべきこと

不妊治療の1つの選択肢である人工授精。人工授精がどんなものであるのかはもちろん、体への影響や処置後の過ごし方などをあらかじめ知っておくことはとても大切なことです。人工授精の基本から、人工授精後の過ごし方、注意すべき点などについてまとめました。


【医師監修】人工授精の成功率はどれくらい? 妊娠の方法とメリット・デメリット

【医師監修】人工授精の成功率はどれくらい? 妊娠の方法とメリット・デメリット

不妊に悩む人への治療方法のひとつである人工授精。名前は比較的に一般的ですが、実際にどんな治療方法なのかよく分からないという人も多いのではないでしょうか。人工授精とはどんなものなのか、基本的な知識やそのメリット・デメリットを知り、不妊治療をするうえでの参考にしましょう。


【医師監修】排卵検査薬のおすすめタイプは? 使うタイミング・判定後にすること

【医師監修】排卵検査薬のおすすめタイプは? 使うタイミング・判定後にすること

赤ちゃんが欲しくてもなかなか授からない場合や、計画的に出産をしたいときなどに便利なのが薬局でも手に入れやすい排卵検査薬です。でもいざ使おうと思っても検査薬の使い方や陰性・陽性の結果の見分け方がよくわからな。試そうと思ったときにすぐに使えるように、排卵検査薬とは何なのか、またその正しい使い方をしっかり覚えておきましょう。


【医師監修】36歳での妊娠は高齢妊娠・高齢出産になるの?

【医師監修】36歳での妊娠は高齢妊娠・高齢出産になるの?

現代では働く女性も増え、出産時のママの平均年齢も上昇を続けています。30歳を超えて出産する女性が珍しくなくなっている中、リスクや気をつけるべきことを見ていきましょう。


【医師監修】生理周期が早いのは病気? 原因と対処法

【医師監修】生理周期が早いのは病気? 原因と対処法

「この前終わったと思ったら、もう次の生理が来た」という経験はないでしょうか? 一次的なサイクルの乱れではなく、毎回短い周期で生理が来る場合は、何かの婦人科疾患を抱えている可能性もあります。今回は早い生理周期の原因と対処法についてまとめました。


【医師監修】高齢出産でダウン症の確率は高まる? 検査すべき?

【医師監修】高齢出産でダウン症の確率は高まる? 検査すべき?

高齢出産という言葉を聞いて、ドキッとする女性もいるかもしれませんね。単純に「若くないから妊娠しづらい」と思い込むことは決していいことではありません。妊娠・出産を健康な状態で迎えるには、体はもちろんのことメンタル面も非常に大切。悩む前に、きちんと理解して生まれてくる未来のわが子を前向きに考えてみましょう。


【医師監修】子宮内膜症の症状と治療法、不妊や卵巣がん、再発のリスクは?

【医師監修】子宮内膜症の症状と治療法、不妊や卵巣がん、再発のリスクは?

最近、だんだん生理痛がひどくなってきた……という方はいませんか? 年齢のせい?体質が変わった?など、考えることもあるかもしれませんが、もしかしたら「子宮内膜症」の可能性も。近年、若い女性の間にも増えているという「子宮内膜症」について解説します。


【医師監修】生理不順は病気のサイン?  知っておきたい婦人科疾患5つ

【医師監修】生理不順は病気のサイン? 知っておきたい婦人科疾患5つ

通常は約1カ月に1度ある生理(月経)ですが、「毎回バラバラ」「妊娠していないのに3カ月来ない」など、周期が安定していなくて悩む人も少なくありません。生理不順になる原因とはどのようなものがあるのか、また生理不順の影に隠れた病気について解説します。


【医師監修】基礎体温の平均は? 妊娠しやすい体に整える4つのポイント

【医師監修】基礎体温の平均は? 妊娠しやすい体に整える4つのポイント

成人女性の中には、慢性的な冷え性に悩む人も多いようです。体の冷えは、体にさまざまな影響を与えています。そして、そのどれもが体にとってマイナスに働いてしまうようです。妊娠を望む女性にとって、体温維持は非常に大切。基礎体温のことをきちんと知って、体調を整えましょう。


【医師監修】おりものが大量に出るのは病気? 疑われる3つの病気と原因

【医師監修】おりものが大量に出るのは病気? 疑われる3つの病気と原因

おりものについては気軽に相談できる話題でもないため、人知れず悩んでいる人もいるでしょう。いつもより量が多いのは病気のサインなのでしょうか。おりものの量が多い時に考えられる原因を知り、適切に対処できるようにしていきましょう。


【医師監修】排卵日前後はおりものが変化する? 注意したい体のサイン

【医師監修】排卵日前後はおりものが変化する? 注意したい体のサイン

下着が汚れるし、ニオイも気になるし、マイナスイメージのあるおりものですが、実は女性の体にはなくてはならない働きや役割を担っています。おりものを知ることは、自分の体を知ることにもつながります。排卵前後のおりものの変化や生理周期との関係を見ていきましょう。


人工妊娠中絶について 行える時期と手術の流れ、費用、リスク

人工妊娠中絶について 行える時期と手術の流れ、費用、リスク

妊娠をするということは、新たな命を自分の体の中に宿しているということ。妊娠を望む女性も多い一方で、特別な事情がある女性もいることでしょう。どのような流れで人工妊娠中絶を進めていくかをお話しします。


【医師監修】排卵日は体調が変わる!? つらい原因と身体の4つの変化

【医師監修】排卵日は体調が変わる!? つらい原因と身体の4つの変化

排卵日近くや生理前になると、気分がすぐれない、体に痛みを感じるというような体の変化を感じている女性は意外と多く、悩んでいる女性も。でも「あとどのくらいで生理が始まるな」となんとなく感じる人もいるかもしれませんね。そこで、女性の体の機能と排卵、そして排卵時期に感じる不調の種類や改善についてのお話をします。


【医師監修】卵胞刺激ホルモンって? 妊娠に関わる4つのホルモンの働きと分泌

【医師監修】卵胞刺激ホルモンって? 妊娠に関わる4つのホルモンの働きと分泌

人間の体は、さまざまなホルモンが役割をもって体内の健康維持のために働いています。女性の場合、体内ホルモンがほんの少し乱れたことが原因で、体調不良や心の不安定、ひいては妊娠しやすさ・しにくさにかかわってきます。女性の健康維持と妊娠力を高めるために、どんな体内ホルモンがどのように活動しているのかを知っておきましょう。


【医師監修】黄色のおりもので疑われる4つの病気  異変の症状って?

【医師監修】黄色のおりもので疑われる4つの病気 異変の症状って?

女性の体にとって、おりものは自身のからだのバロメーターになるもの。もちろん個人差はありますが、おりものは女性特有の一定サイクルで、その様子も変わります。量や色など、その時々でどのように変わって行くのかを知っておけば、自分の健康状態の把握にもつながります。