ママのための悩み解決サイト

妊活や不妊の悩み

妊活や不妊の悩み

「妊活・不妊」に関するまとめが集まったページです。生理についてや、女性ホルモンに関する記事や不妊症の原因や検査内容などの情報を見ることができます。

妊活や不妊の悩みに関連するキーワード



妊活や不妊の悩みの記事一覧

【医師監修】おりものの色で病気がわかる!?  注意すべき色と変化

【医師監修】おりものの色で病気がわかる!? 注意すべき色と変化

おりもの色が無色透明〜白ではなくなったら! 細菌感染やがんの可能性も?おりものの色をみれば、異常や病気を早期発見できます。


【医師監修】排卵日の出血は妊娠の可能性アリ? 症状と原因まとめ

【医師監修】排卵日の出血は妊娠の可能性アリ? 症状と原因まとめ

生理と関係ない時期に出血があると、不安になってしまう人が多いのではないでしょうか?しかし、それが排卵日なのであれば、あまり心配ないケースがほとんどです。ここでは、排卵日に出血がある理由や、心配な出血との見分け方などをご紹介していきます。


【医師監修】おりものから酸っぱい臭いがする3つの原因と対処方法

【医師監修】おりものから酸っぱい臭いがする3つの原因と対処方法

おりものから酸っぱい臭いがする原因は雑菌を防御する働きのために生じた乳酸。激しい悪臭・有色または異常な量のおりもの・痛みや耐え難いかゆみ出血などを伴う場合は病気の可能性があり、受診が必要になります。成熟した女性には生理同様おりものにも一定周期で変化があるものです。こちらではおりものについての理解を深めていきましょう。


【医師監修】妊活にも! 女性ホルモンを増やすサプリメントの選び方

【医師監修】妊活にも! 女性ホルモンを増やすサプリメントの選び方

妊娠しやすい体をつくるには、女性ホルモンがバランスよく分泌されていなければなりません。そこで、女性ホルモンの分泌をサポートするとされているサプリメントの選び方をご紹介します。妊活に使われているサプリメントに期待できる働きを知っておきましょう。サプリメントを使用する際の注意点もお伝えします。


【医師監修】女性ホルモン「エストロゲン」は不足すると危険⁉︎

【医師監修】女性ホルモン「エストロゲン」は不足すると危険⁉︎

女性に多くみられる病気には、女性ホルモン「エストロゲン」が深く関係しているといわれています。妊娠や出産のできる体をつくるために欠かせないエストロゲンは、女性の健康を維持するという重大な役割も担っているのです。いつまでも健康的な女性であり続けるために、エストロゲンの重要性をしっかりと理解しておきましょう。


【医師監修】乳がんに痛みの自覚症状はある?知っておきたい4つの症状

【医師監修】乳がんに痛みの自覚症状はある?知っておきたい4つの症状

乳がんとは、乳房にできるがんのこと。り患率・死亡者数は年々上昇しており、厚生労働省によると、2015年に乳がんで命を落とした女性は1万3,584人(「人口動態統計」より)とのこと。でも乳がんは、早期発見により適切な治療が行われると、治癒率が高い疾患でもあります。ここでは乳がんの症状や早期発見につながるセルフチェックの方


【医師監修】排卵日はオリモノが多い日?排卵日予測方法や病気について

【医師監修】排卵日はオリモノが多い日?排卵日予測方法や病気について

「オリモノが多い」とお悩みではないですか?? オリモノは私たち女性にとってなんとなくうっとうしい存在ですよね。でもオリモノには大事な役割がたくさんあり、女性の身体を守るための情報をもった大切な存在なのです。今日はオリモノの状態からわかるさまざまなことをご紹介します。排卵日を予測する方法や病気のサインも必読です。


【医師監修】40代女性の自然妊娠確率を上げる4つの方法

【医師監修】40代女性の自然妊娠確率を上げる4つの方法

女性の社会進出と晩婚化が進むにつれて、高齢出産の割合も増加してきています。目の前の仕事を優先してしまい、妊娠出産を後回しに考えている人は多いかもしれません。しかし高齢での妊娠出産には様々な困難とリスクが発生します。ここでは40代の妊娠について、自然妊娠の確率やそのリスク、妊娠確率を上げるためにできることをまとめました。


【医師監修】高齢出産で障害児が生まれる確率は?リスクや検査方法を知ろう!

【医師監修】高齢出産で障害児が生まれる確率は?リスクや検査方法を知ろう!

高齢出産では障害児が生まれる確率が高くなる、と言われていますが本当でしょうか。35歳以上の高齢出産だと、妊娠出産時の母体に負担がかかるのはもちろんのこと、色々なリスクが増加します。体験談を綴る芸能人のブログも増えていますよね。ここでは、高齢出産のリスクや障害の検査方法などをご紹介します。


【医師監修】高齢出産でダウン症の確率は高まる? 検査すべき?

【医師監修】高齢出産でダウン症の確率は高まる? 検査すべき?

高齢出産という言葉を聞いて、ドキッとする女性もいるかもしれませんね。単純に「若くないから妊娠しづらい」と思い込むことは決していいことではありません。妊娠・出産を健康な状態で迎えるには、体はもちろんのことメンタル面も非常に大切。悩む前に、きちんと理解して生まれてくる未来のわが子を前向きに考えてみましょう。


【医師監修】不妊症の半分は男性が原因!? 男性・女性別に見る不妊の原因

【医師監修】不妊症の半分は男性が原因!? 男性・女性別に見る不妊の原因

子供を望んでいてもなかなか妊娠できず、自分自身が不妊症ではないかと考える女性もいるかもしれません。不妊症の原因には、どのようなものがあるのでしょうか? 今回は、男性・女性別に見る不妊の原因についてまとめました。


【医師監修】生理痛緩和に効く食べ物&飲み物5選

【医師監修】生理痛緩和に効く食べ物&飲み物5選

生理痛緩和に食べ物や飲み物が役立つことは、あまり知られていないようです。「生理痛さえなければ」そんな風に思ったことありませんか? 卵やチーズ、果物など身近な食べ物は色々ありますが、今回、生理痛を緩和する食べ物やレシピ・飲み物をご紹介します!「コンビニのお菓子は悪い?」など気になる疑問に答えます。


【医師監修】生理痛はピルで和らぐ!でも副作用は大丈夫なの?

【医師監修】生理痛はピルで和らぐ!でも副作用は大丈夫なの?

生理痛はピルで緩和される可能性があります。避妊方法の中でも比較的知名度の高い、ピル。今回はピルの効果や種類、副作用、注意点、漢方薬などピル以外の対策についてもご紹介します。「生理痛の薬を飲んでも痛い時は病院でピルを処方して貰うべき?」、「高校生でも飲める?」など気になる疑問に答えます。。


【医師監修】生理痛がないのはおかしい?妊娠への影響は? 痛みが起こる仕組みと対策

【医師監修】生理痛がないのはおかしい?妊娠への影響は? 痛みが起こる仕組みと対策

月に一度訪れ、多くの女性を悩ませる生理。生理痛の度合いには個人差がありますが、なるべく痛みはない方が良いですよね。そもそも生理には痛みがあって当たり前のものなのでしょうか?今回は生理痛について考えてみましょう。


【医師監修】ツラい生理痛が和らぐ9つの簡単な方法とは?

【医師監修】ツラい生理痛が和らぐ9つの簡単な方法とは?

毎月生理痛のせいでしんどい思いをしていませんか?女性に生まれて良かった、と思うことは多いかもしれません。しかし、定期的にやってくる生理痛だけは辛い、と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。特に夏はきついですよね。今回は、ツボやストレッチなど、嫌な生理痛を緩和する9つの方法をご紹介します。


【医師監修】二人目をなかなか妊娠しない原因は? 不妊を克服して妊娠したい!

【医師監修】二人目をなかなか妊娠しない原因は? 不妊を克服して妊娠したい!

1人目の子どもの育児に慣れ、そろそろ2人目を……と思っているのになかなか授からない。どうして?と悩み焦るママも少なくないようです。1人目のときはすぐに自然妊娠できたのに、2人目はなかなか妊娠できない「二人目不妊」の原因とはどういうものなのでしょうか? 克服法も含めてご紹介します。


【医師監修】妊娠を望むなら…! 不妊対策のサプリ

【医師監修】妊娠を望むなら…! 不妊対策のサプリ

妊娠を望んでいても、ホルモンバランスの乱れやストレスなど、さまざまな理由から不妊に悩む人も多いでしょう。今回は妊娠しやすい体を目指す、5つのサプリメントをご紹介します。効果や摂取するときの注意点をチェックしましょう。


【医師監修】女性ホルモンを増やす食事と簡単究極レシピ3つ

【医師監修】女性ホルモンを増やす食事と簡単究極レシピ3つ

「女性ホルモン」という言葉、大人の女性なら誰しも一度は聞いたことがあるかと思います。でも「女性ホルモン」って具体的にどういった役割があるのでしょう? そして「女性ホルモン」が増えると何が良いのでしょうか? 逆に減ってしまうことでの影響は……? 今回は、そんな「女性ホルモン」について大解剖したいと思います。


【医師監修】人工授精後の過ごし方で妊娠確率が上がるって本当??

【医師監修】人工授精後の過ごし方で妊娠確率が上がるって本当??

不妊治療の1つの選択肢である人工授精。人工授精がどんなものであるのかはもちろん、体への影響や処置後の過ごし方などをあらかじめ知っておくことはとても大切なことです。人工授精の流れから、人工授精後の過ごし方、注意すべき点についてまとめました。「痛みは?」、「双子の確率は??」など最新情報をお伝えします。


【医師監修】息苦しい……生理前に動悸が起こる4つの原因と4つの対処方法

【医師監修】息苦しい……生理前に動悸が起こる4つの原因と4つの対処方法

生理前に動悸を感じたことはありませんか? 生理前の動悸は女性特有のものであることがほとんどですが、そうでない場合もあります。動悸の原因によって対処法も異なりますので、生理前の動悸が起こる原因を知り、的確な対処ができるようにしましょう。