ママのための悩み解決サイト

こすぎレディースクリニックに関する記事


【医師監修】安定期って何週目からいつまで? 妊娠安定期の症状と過ごし方

【医師監修】安定期って何週目からいつまで? 妊娠安定期の症状と過ごし方

妊娠したら、「安定期までは無理をしないように。」「安定期に入ったら、周りに報告しよう。」「もうすぐ安定期くるから、頑張れ! 」などとよく耳にする安定期。 でも「安定期の意味や期間って?」「何ができて、何に気をつければいいの?」と疑問もたくさんあるはず。そこで今回はそんな疑問について、わかりやすくまとめました。


【医師監修】セックスから受精、着床までの日数と着床時期に見られる症状

【医師監修】セックスから受精、着床までの日数と着床時期に見られる症状

赤ちゃんは、どのように誕生するのでしょうか。今回は、気になる受精から着床まで、日数も含めて時系列で解説すると共に、着床時期に体に出やすい症状についてご紹介します。 受精から着床までにはさまざまな奇跡が起こっています。それらを知って想像することで、もっと赤ちゃんのことを愛おしく感じられると思います。


【医師監修】死産する確率は? 妊娠後にあなたの胎児が死産する原因と兆候

【医師監修】死産する確率は? 妊娠後にあなたの胎児が死産する原因と兆候

死産という過酷な現実は、小さな命が宿ったその時から誰にでも起こり得る事実です。助かる命が増える一方で、未だに自らの不摂生が原因となって死産や誕生死などが引き起こされる場合も。死産する確率と、妊娠後に胎児が死産する原因や兆候についてまとめました。赤ちゃんの健やかな成長を願うからこそ、その存在から目をそらしてはいけません。


【医師監修】無脳症とは? 赤ちゃんが無脳症になる原因と予防法

【医師監修】無脳症とは? 赤ちゃんが無脳症になる原因と予防法

赤ちゃんが無脳症とわかるのは早くても妊娠8週目。群を抜いた生存率の低さが他の障害との明らかな違いです。妊娠4か月以降に診断が確定し決断が求められますが多くの場合がやむなく墜胎の道を選択せざるを得ず、その確率は1,000人に1人。こちらでは無脳症となる要因や防止策、症状の検査や診察を受けた時の対応方法について解説します。


【医師監修 】予定帝王切開とは? 適応になる理由と手術の流れ、痛み、費用など

【医師監修 】予定帝王切開とは? 適応になる理由と手術の流れ、痛み、費用など

予定帝王切開を知っていますか?あらかじめ手術日を決めて行うものを予定帝王切開といいます。予定帝王切開になる理由を母体と胎児の面から、また手術の流れ、痛み、費用など知っておくべきことをご紹介します。


【医師監修 】妊娠21週目 赤ちゃんとママの健康妊娠ライフ

【医師監修 】妊娠21週目 赤ちゃんとママの健康妊娠ライフ

妊娠21週目頃は、妊娠初期の不安定な時期を終え、やっと赤ちゃんがおなかの中で大きくなる様子を体感できる時期に入ります。これまで、流産の危険を感じながら過ごしてきた毎日から、子宮の中が落ち着き始めて、過ごしやすくなるでしょう。でもまだま油断は禁物。胎児とプレママの体の変化と注意すべきポイントを知っておきましょう。


【医師監修 】産後のぷよ腹をどうにかしたい! たるんだおなかのダイエット方法

【医師監修 】産後のぷよ腹をどうにかしたい! たるんだおなかのダイエット方法

臨月になると、びっくりするほど大きくなるおなか。出産したら、おなかがぺたんこになるのかと思いきや、なかなかサイズが戻らず焦るママも多いのでは? 今回は産後にたるんだおなかのダイエット方法についてご紹介します。


【医師監修 】立会い出産の心得

【医師監修 】立会い出産の心得

我が子の誕生に立ち会うのは、感動的な瞬間ですよね。夫婦で一緒に味わいたいと考える人もいる一方で、不安を抱く人も多いのではないでしょうか。立会い出産の基本から、メリット・デメリットなどをご紹介し、立会い出産に向けての心得をお伝えします。


【医師監修 】妊娠27週を迎えて プレママ&胎児の様子は

【医師監修 】妊娠27週を迎えて プレママ&胎児の様子は

妊娠7か月目となる27週目は、妊娠後期に入る直前であり、体のいろんな箇所にわかりやすい変化が表れ始める時期です。安定期に入ってから一定期間が経ち、プレママとしての生活にも慣れてきたころでしょう。この時期におこるママとベビーの成長や変化の表れを知っておくと、注意すべきポイントも見えてきます。


【医師監修 】おしるしかも?おしるしから出産までに知っておきたいこと

【医師監修 】おしるしかも?おしるしから出産までに知っておきたいこと

出産がいよいよ迫ってくると、妊婦さんの体にはいくつかのサインが表れてきます。おしるしもそのサインの一つです。おしるしが来てからあわてないようにするためには、おしるしから出産までの流れをよく理解しておくことが大切です。前もって知識を頭に入れておき、いつでも出産に臨めるように準備を整えておきましょう。


【医師監修】出産にかかる時間はどれぐらい? 平均時間と難産にならないためのポイント

【医師監修】出産にかかる時間はどれぐらい? 平均時間と難産にならないためのポイント

いよいよ出産。初めての出産は時間がかかるというけれどどのくらいかかるの? また、難産にならないためにどんなことに気をつけたらいいの? 今回は出産にかかる平均時間と安産になるポイントについておさえていきましょう。


【医師監修】妊娠中に動悸が起きやすいのはなぜ?原因と対策

【医師監修】妊娠中に動悸が起きやすいのはなぜ?原因と対策

妊娠中は、体調変化が起こりやすいもの。胸がドキドキしたり、息切れ、中にはたちくらみなどの症状に悩まされる方もいることでしょう。妊娠中、お腹の赤ちゃんは大丈夫なのか心配ですよね。このような症状にはいくつかの原因があり、対策もあります。今回は、そんな妊娠中の動悸と原因、対策についてみていくことにしましょう。


【医師監修】妊娠の兆候と生理前症状(PMS)の見分け方

【医師監修】妊娠の兆候と生理前症状(PMS)の見分け方

妊娠したかもしれないと少しでも感じた時、実際に妊娠しているのかどうかは、できるだけ早く確認した方がよいです。しかし妊娠初期の症状と生理前に起こる症状は似ているもの。今回は、妊娠の兆候と生理前症状との見分け方についてまとめました。


【医師監修】奇跡の連続で成立! 妊娠の仕組みについて

【医師監修】奇跡の連続で成立! 妊娠の仕組みについて

妊娠の仕組みについて、大まかなことしか知らない方が多いのではないでしょうか。実はたくさんの奇跡が起こり、赤ちゃんができているのです。妊娠に至るまでの4つのプロセスと、女性、男性の身体の妊娠のための体の仕組みを知り、妊娠の「奇跡」を学んでみましょう。


【医師監修】傷跡は消える? 帝王切開後の傷跡がケロイド状で残ったときの治療方法

【医師監修】傷跡は消える? 帝王切開後の傷跡がケロイド状で残ったときの治療方法

帝王切開した場合、一番気になるのは、やはりお腹に残る傷のことですよね。 傷跡はどの程度残ってしまうものなのかな、痛みはいつまで続くのかな……。 あれこれ不安に感じている妊婦さんも多いはずです。そこで今回は、帝王切開についての基礎知識や、傷跡の種類と残る原因、セルフケアや医学的な治療方法を中心にまとめてみました。


【医師監修】臨月に下痢やおならが出る原因は出産の兆候? 

【医師監修】臨月に下痢やおならが出る原因は出産の兆候? 

妊娠すると様々な体調の変化が訪れます。妊娠の症状は初期の悪阻だけでなく、後期になっても悩まされるものは沢山あります。 初産婦さんの場合は特に、些細な変化でもたまらなく心配になってしまうものです。 今回は、臨月に現れた下痢やおならは妊娠の兆候なのか? ということを原因と共にお話ししていきたいと思います。 


【医師監修】陣痛誘発剤との違いも押さえておきたい陣痛促進剤の効果・副作用

【医師監修】陣痛誘発剤との違いも押さえておきたい陣痛促進剤の効果・副作用

陣痛が微弱でお産が長引く場合や、破水後なかなか陣痛が始まらないなど異常の心配がある時は、「陣痛促進剤」が使用されます。出産が間近に迫ってきて、「陣痛促進剤」の存在を初めて知った人も多いかもしれませんが、実際に使うとなった時に慌ててしまわないよう、その効果やリスクについて事前に知っておくと、心に余裕ができて安心ですよね。


【医師監修】妊娠初期に運動しても大丈夫? 注意点とおすすめの運動方法

【医師監修】妊娠初期に運動しても大丈夫? 注意点とおすすめの運動方法

妊娠初期は、つわりや眠気に襲われ、体調が安定しない時期ですね。すっきりさせるために身体を動かしたいけど、妊娠初期に運動しても大丈夫? 答えはイエス。注意点を守れば体を動かしてもいいのです。妊娠0~3週目である妊娠超初期は着床するまでの期間なので、妊娠に気づかない人も多く運動していても問題はありません。


【医師監修】妊婦が食べても大丈夫? 妊娠中にあさりや貝類を食べるときの注意点

【医師監修】妊婦が食べても大丈夫? 妊娠中にあさりや貝類を食べるときの注意点

妊娠すると、日々の食事にも気を遣わなければならなくなりますよね。たとえば生ものは、感染症や食中毒を引き起こす恐れがあるので、妊娠中は控えるように推奨されています。でも一番大切なのは、正しい知識をつけ、できるだけストレスなく食事を楽しむことです。今回は、あさりや貝類を食べるメリットや注意点をご紹介します。


【医師監修】妊娠している!? 妊娠時の基礎体温変化とグラフ

【医師監修】妊娠している!? 妊娠時の基礎体温変化とグラフ

現代では、健康や美の為に基礎体温を測定する女性も増えてきました。基礎体温の変化によって、妊娠もわかるので妊娠を強く望む人には嬉しいですね。また妊娠がいち早く分かることによって、身体への気遣いができるのも大切です。妊娠時の基礎体温変化についてご紹介していきます。