ママのための悩み解決サイト

北浜こどもクリニックに関する記事


【医師監修】マイコプラズマ肺炎に効く薬って? 子どもの症状とケア方法

【医師監修】マイコプラズマ肺炎に効く薬って? 子どもの症状とケア方法

マイコプラズマ肺炎は小児に多い病気ですが、薬で治すことができます。詳しくみていきましょう。


【医師監修】子どもの「ADHD」の症状と原因、上手な付き合い方

【医師監修】子どもの「ADHD」の症状と原因、上手な付き合い方

ADHDは発達障害の1つで、症状や程度に関係なく、周囲の理解とケアが必要です。ときには両親でも理解できていないことがある「子供のADHD」について、その症状や原因、上手な付き合い方を解説しました。


【医師監修】麻疹(はしか)の予防接種を忘れないで!病気の怖さと流行時期、接種スケジュール

【医師監修】麻疹(はしか)の予防接種を忘れないで!病気の怖さと流行時期、接種スケジュール

麻疹の予防接種はちゃんと受けましたか? 麻疹はとても怖い病気です。しかし、ワクチンを接種していれば感染をほとんど防ぐことができます。この機会に確認してみましょう。


【医師監修】自閉症スペクトラムの原因・症状・治療方法まとめ

【医師監修】自閉症スペクトラムの原因・症状・治療方法まとめ

現在、日本には子供から大人を含めて、およそ36万人の自閉症スペクトラムの方がいるといわれています。自閉症スペクトラムは、軽度なものを含めると100人に1~2人は発症するといわれ、決して珍しいものでもありません。今回は赤ちゃんや幼児が「自閉症スペクトラム」と診断されるの原因や特徴、治療・対処方法についてまとめてみました。


【医師監修】子どもの発達障害を改善するためにできる治療方法と療育支援

【医師監修】子どもの発達障害を改善するためにできる治療方法と療育支援

最近“発達障害”という言葉をよく耳にするようなったと思いませんか? ここ20年の間に、何らかの発達障害を持っている子の数は7倍以上も増加し、15歳までの子供のうち6.5%が発達障害の可能性があるといわれています。今回は、発達障害にはどんな種類があるのか、発達障害の原因、治療方法、療育支援についてまとめてみました。


【医師監修】いつから必要?赤ちゃん用ぬいぐるみと人気商品8選

【医師監修】いつから必要?赤ちゃん用ぬいぐるみと人気商品8選

おもちゃは対象年齢が表示されているので、それを参考に購入しやすいですがぬいぐるみは意外と買うのが難しいという事が多いです。年齢は? どんなものが良いの? など疑問に感じるポイントをご紹介します。赤ちゃんのぬいぐるみ選びの参考にどうぞ!   


【医師監修】2歳児の夜泣きがひどくなる原因と7つの対処法

【医師監修】2歳児の夜泣きがひどくなる原因と7つの対処法

新生児より手ごわいという、2歳児の夜泣き。突然始まる夜泣きに疲労困憊、悩みを抱えているママはたくさんいます。今回は2歳児の夜泣きの原因を探り、その対策についてご紹介いたします! 


【医師監修】はしかを疑う4つの症状は? 赤ちゃんは大丈夫?!

【医師監修】はしかを疑う4つの症状は? 赤ちゃんは大丈夫?!

はしかが原因で毎年何十人も赤ちゃんが亡くなっていることはご存知ですか? 後遺症が残る合併症も多いので、コプリック斑などはしかの症状を把握しておきましょう。生後4ヶ月から5ヶ月以降は、母乳の免疫が切れ、予防接種もまだ打てないので感染しないよう注意しましょう。突発性発疹や風疹との違いも要チェックです。


【医師監修】子宮頸がん検診の重要性は? 受けるべき3つの理由は

【医師監修】子宮頸がん検診の重要性は? 受けるべき3つの理由は

子宮頸がんは自覚症状がないため、自分ではなかなか気づけません。早期発見のためにも検査を受けましょう。「再検査は保険が効くの?」、「生理中もOK?」、「痛い? 出血は?」など、よくある疑問に答えます。


【医師監修】5〜7ヶ月頃の赤ちゃんのベビーフードの選び方

【医師監修】5〜7ヶ月頃の赤ちゃんのベビーフードの選び方

ママが自分で作る暇がない時も、ベビーフードがあればすぐに適量の離乳食をあげることができます。「やっぱり無添加が良いの?」、「おかゆやレバー瓶はいつから?」、「フードコンテナーより便利?」など、5ヶ月から7ヶ月頃の赤ちゃん用ベビーフードの選び方で気になることをお話します。


【医師監修】ウエスト症候群は難病? 症状と原因、4つの治療法

【医師監修】ウエスト症候群は難病? 症状と原因、4つの治療法

ウエスト症候群は難病に指定された悪性てんかんで、乳幼児におこります。早期発見・治療が何よりも大切ですので、しっかりとした知識を身につけていきましょう。


【医師監修】子ども向けのヘルパンギーナの薬はどれが効く? 治療薬と副作用

【医師監修】子ども向けのヘルパンギーナの薬はどれが効く? 治療薬と副作用

聞き慣れない病名かもしれませんが、夏に流行するヘルパンギーナ、手足口病、プール熱を総称して「三大夏風邪」とも呼ばれています。意外にも、この3つとも答えられる人はほとんどいないそうです。しかし、小さいお子様がいるご家庭では、夏場の感染症は心配になりますよね。そんなヘルパンギーナについて、詳しくご説明していきましょう! 


【医師監修】赤ちゃんの予防接種は副作用が不安……熱や下痢があったときの対処法

【医師監修】赤ちゃんの予防接種は副作用が不安……熱や下痢があったときの対処法

予防接種には、定期接種と任意接種の二種類があります。赤ちゃんはもちろんのこと、周りの人の健康と命を守る役割のある予防接種ですが、リスクがまったくない訳ではありません。もしも予防接種後に副作用が起こった場合、どのように対処することができるのでしょうか? 


【医師監修】子供がスイミングに通う 11個のプラス効果とは?【幼児の習い事】

【医師監修】子供がスイミングに通う 11個のプラス効果とは?【幼児の習い事】

スイミングの効果は筋肉を鍛えることだけではなく、脳にも良い影響が及ぶことが分かっています。じつは今、子どもの習い事で人気があるのがスイミングなのです。小さいときから始めることができますし、大人も一緒に楽しむことができるのも魅力です。今回は幼児などの子供がスイミングスクールに通う魅力についてご紹介していきます。


【医師監修】おたふく風邪の初期症状って? 潜伏期間と治療、合併症の危険性は?

【医師監修】おたふく風邪の初期症状って? 潜伏期間と治療、合併症の危険性は?

おたふくかぜは潜伏期の長い病気ですが、何か初期症状はあるのでしょうか?今回は、おたふくかぜの症状や治療方法、合併症や予防接種までをお伝えします。


【医師取材】赤ちゃんにステロイドが処方されたら 知っておきたい3つのこと

【医師取材】赤ちゃんにステロイドが処方されたら 知っておきたい3つのこと

乳児湿疹で、乳児・赤ちゃんにステロイドが処方されたら…。適切な知識で正しく使えるように、取材しました。


【医師取材】幼児の咳を楽にする5つの対処法  喘息・肺炎には要注意?

【医師取材】幼児の咳を楽にする5つの対処法 喘息・肺炎には要注意?

かわいそうな幼児の咳。今回は、ラクにするための5つの対処法ほか、注意すべき喘息・肺炎についてもご紹介します。


【医師取材】赤ちゃんの室温の目安は? 季節別の温度調整ガイド

【医師取材】赤ちゃんの室温の目安は? 季節別の温度調整ガイド

赤ちゃんは体温調節。エアコンだけでなく服装も工夫して、春夏秋冬それぞれの季節で赤ちゃんにとって快適な室温を保ちましょう。


【医師取材】小児科は何歳まで受診できる? 内科とはどう違うの?

【医師取材】小児科は何歳まで受診できる? 内科とはどう違うの?

「小児科は何歳まで?」「内科とはどう違うの?」…子どものいるパパ・ママの疑問について取材しました。


【医師監修】保育園でできる、2歳児の室内遊びおすすめ9選

【医師監修】保育園でできる、2歳児の室内遊びおすすめ9選

外遊びもいいけれど、子どもたちは室内遊びも大好き!雨の日や寒い日等、外に出かけられない日は室内遊びのレパートリーがあると助かりますね。2歳児は身体の使い方が上手になり、言葉もたくさん覚え、手先も器用になってきます。行動範囲も自己表現の幅も広くなる2歳児。そんな2歳児におすすめの保育園でやっていた室内遊びをご紹介します。