ママのための悩み解決サイト


赤ちゃんの寝返りはいつから?ママが行うサポートや注意すべき事

赤ちゃんの寝返りはいつから?ママが行うサポートや注意すべき事

早いから良いと言うものではありませんが、赤ちゃんはいつから寝返りを打つものなのでしょうか。2カ月から3カ月の首すわりの時期はともかく、生後半年を過ぎて寝返りしなくても練習は必要ありません。うつ伏せから戻れない赤ちゃんが泣く時は腕を抜いてサポートしましょう。お風呂や夜のベッド周りの注意点も必読!


赤ちゃん用のお風呂浮き輪。 事故をを避けるために気をつけるべきことは?

赤ちゃん用のお風呂浮き輪。 事故をを避けるために気をつけるべきことは?

赤ちゃんが浮き輪をつけて、プカプカお風呂に浮いている愛くるしい姿。よくSNSで見かけますよね。「スイマーバ」と呼ばれる浮き輪型スポーツ知育用具で、ママたちの間で定番の人気となっているようです。赤ちゃんもご機嫌で遊んでくれることが多いので、ママやパパもつい安心しがちですが、使用する際には注意が必要なことご存知でしたか?


病気の可能性は? 赤ちゃんの体重が増えない4つの原因

病気の可能性は? 赤ちゃんの体重が増えない4つの原因

出産を終え、慣れない育児がスタート。初めての子育てだと、しっかり母乳を飲んでいるのか、赤ちゃんがちゃんと育っているのか、検診に行くたびにハラハラしてしまうママも少なくないのでは? 特に思った以上に体重が増えていないと不安を感じてしまいますよね。


【医師監修】子どものしつけはいつから?月齢・シーン別の怒り方

【医師監修】子どものしつけはいつから?月齢・シーン別の怒り方

子供はまだルールを知りませんから、親がしつけする必要があります。しかし、何歳からしつけをするべきか迷う方もいるでしょう。親になった方の多くは、どこまで厳しくしつけるべきか、どの程度なら叱る必要があるか迷うはずです。子供がいる方が悩むしつけについて紹介します。


【医師監修】よだれの異常とは!? 赤ちゃんも大人も注意が必要

【医師監修】よだれの異常とは!? 赤ちゃんも大人も注意が必要

最近は、スタイやビブとオシャレな名前で呼ばれる“よだれかけ”。赤ちゃんといえば、よだれを垂らしているイメージがありますが、なんでこんなに出るのでしょうか。今回は、よだれの役割や注意が必要なよだれについて解説していきます。


【医師監修】発達障害児の6つの特徴と診断方法とは?

【医師監修】発達障害児の6つの特徴と診断方法とは?

発達障害児とは、健常児と比べて特徴的な発達の仕方をする子供たちのこと。早期の介入や支援サポートが必要となるものの外見的にはわからず身近な母親などの直感に委ねられ発見される場合もあります。けして迷惑でも特別ではないけして迷惑でも特別ではない「発達障害」の個性についての理解を深めていきましょう


【医師監修】家庭環境、ストレスが原因? 子どものチック症状と正しい対応

【医師監修】家庭環境、ストレスが原因? 子どものチック症状と正しい対応

子どもがよくやるまばたきや首をかしげる行為はクセだと思われがちですが、もしかしたらチックという症状の可能性もあります。チックは一昔前まで親の育て方が問題と言われがちでしたが、実は他の様々な原因があることが判明しました。子どものチック症状や正しい対応方法、本当の原因について最新情報をお伝えします。


【医師監修】生後2ヶ月の赤ちゃんの平均体重と増え方 これって増えすぎ?

【医師監修】生後2ヶ月の赤ちゃんの平均体重と増え方 これって増えすぎ?

生後2ヶ月になるとおもちゃを目で追うようになり、遊び心が出てきます。母乳もグングン飲むようになり、「もしかして足りていない?」と不安に感じることもあるはずです。そこで気になるのが体重ですよね。「ちょっと増え過ぎかな?」あるいは「便秘なのに増えないな」なんて疑問にお答えします。お風呂のあとのミルクのあげ方も要チェックです


【医師監修】子どもの「ADHD」の症状と原因、上手な付き合い方

【医師監修】子どもの「ADHD」の症状と原因、上手な付き合い方

ADHDは発達障害の1つで、症状や程度に関係なく、周囲の理解とケアが必要です。ときには両親でも理解できていないことがある「子供のADHD」について、その症状や原因、上手な付き合い方を解説しました。


【医師監修】赤ちゃんの首すわりはいつから?首がすわる時期と確認方法

【医師監修】赤ちゃんの首すわりはいつから?首がすわる時期と確認方法

赤ちゃんが産まれて、最初の発達としてみられるのが「首すわり」です。首がすわると抱っこやおんぶがしやすくなり日常生活が送りやすくなります。でも、首がすわるのっていつなの?どうやって確認するの?もしかしてうちの子遅いんじゃ?今回はそんな新生児の成長の第一歩である首すわりの疑問についてみていきたいと思います。


ママ、聞いて! すぐに話しかける発達障害の子どもに「待つ」を覚えさせる方法

ママ、聞いて! すぐに話しかける発達障害の子どもに「待つ」を覚えさせる方法

高機能自閉症児の母で、大学にて障害児教育を学んだほんださんが実際の体験を踏まえた子どもとの接し方についてを教えていただきました。


【医師監修】子どもの発達障害を改善するためにできる治療方法と療育支援

【医師監修】子どもの発達障害を改善するためにできる治療方法と療育支援

最近“発達障害”という言葉をよく耳にするようなったと思いませんか? ここ20年の間に、何らかの発達障害を持っている子の数は7倍以上も増加し、15歳までの子供のうち6.5%が発達障害の可能性があるといわれています。今回は、発達障害にはどんな種類があるのか、発達障害の原因、治療方法、療育支援についてまとめてみました。


【医師監修】新生児の育児がストレスやイライラで辛い。よくある悩みと楽しみ方

【医師監修】新生児の育児がストレスやイライラで辛い。よくある悩みと楽しみ方

新生児育児はとてもハード。寝不足、イライラ、初めての経験で不安ばかりです。でも実際、たくさんのお母さんがこの時期を乗り越えて子育てをしているんです。よく耳にする新生児育児の悩みとそれを乗り切る術などをご紹介します。


【医師監修】イヤイヤ期はいつまで続く? イヤイヤの原因と9つの対処法

【医師監修】イヤイヤ期はいつまで続く? イヤイヤの原因と9つの対処法

イヤイヤ期の子どもを持つ親は大変で、何をするにも「イヤイヤ」の連発で「いい加減にしなさい! 」と叫びたくなってしまいますね。保育園ではその姿も可愛らしいものですが、当事者の親はイヤイヤ小悪魔に疲弊しています。そんなイヤイヤ期の原因や対処法として実践で役立つ具体的な方法や接し方について、ご紹介していきます。


【医師監修】子どものイヤイヤ期対策に効果的なおすすめ絵本5冊

【医師監修】子どものイヤイヤ期対策に効果的なおすすめ絵本5冊

ヤイヤ期の接し方で困っていませんか?母親も子どももつらい2歳頃のイヤイヤ期は、接し方次第で楽になります。実は読み聞かせると効果的な絵本があります。イヤイヤ期に絵本がなぜ効果的なのか、読み聞かせ方とともに、保育士もおすすめの絵本を5冊ご紹介します。父親も必見!


【医師監修】子供の双極性感情障害(躁うつ病)の症状と治療法

【医師監修】子供の双極性感情障害(躁うつ病)の症状と治療法

近年、大人並みのストレスを抱える子供の増加に伴い子供の精神疾患患者が増えています。今回は子供の躁うつ病についてのお話ですが、うっかりしていると見過ごしてしまうのがこの病気です。感受性豊かなお子さんのうつ病は、保護者の方による早期発見がなにより大切で、早期治療を行うことにより症状を最小限に食い止めることが可能となります。


【医師監修】自分の子どもが不安……発達障害検査の種類・内容・費用は?

【医師監修】自分の子どもが不安……発達障害検査の種類・内容・費用は?

我が子なのに何だか通じ合えない、様子を見るって一体いつまで?……お子さんに発達障害が疑われる状況にある親御さんの不安はとても深いものです。発達障害の手掛かりとなる検査には知能を測定するもの、発達の様子をとらえるものなどがあります。こちらでは発達障害の症状や、検査・診断ができる機関、検査の種類などについてご紹介します。


すごい、いつの間に!? ママが子どもの成長を感じる時6選

すごい、いつの間に!? ママが子どもの成長を感じる時6選

幼少期の子どもは、日々目覚ましく成長していき、驚かされることも多いもの。子どもが成長したと実感するのはどんな時かをママに質問してみました。


【医師監修】新生児に与えるミルクはどのくらいが適量?

【医師監修】新生児に与えるミルクはどのくらいが適量?

ミルクは足りてる?それとも多い?初めて子育てをするママにとってミルクを与えることにも不安を感じる人も多いのではないでしょうか?ここでは新生児のミルクの量について詳しくご紹介します。


【医師監修】どもるのは脳の病気? どもりの原因と治療方法

【医師監修】どもるのは脳の病気? どもりの原因と治療方法

幼児期に発症することがある吃音症(きつおんしょう)。子供が何かの病気、発達障害かもしれないと心配になる人も多いでしょう。悪化すると他の病気を併発するかもしれません。しかし吃音は幼児期ほど治りやすいことでも知られています。なぜ吃るのかの原因や理由の知識を学んで、子どものペースを崩さない環境づくりや工夫を心がけましょう!