ママのための悩み解決サイト
【医師監修】「葉酸」が妊活の成功を左右する、3つの理由

【医師監修】「葉酸」が妊活の成功を左右する、3つの理由

妊活中の女性にとって、「葉酸」は最も重要な栄養です。今回は葉酸が「妊活の成功を左右する理由」を3点ご紹介します。


この記事の監修ドクター
女性のトータルライフをお任せいただけるような診療を目指し、
女性のライフサイクルを応援します。
藤東クリニック 藤東淳也先生
https://fujito.clinic

妊活中なら「葉酸」に注目

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「葉酸」は、妊娠前後の女性に対して最も活躍してくれる栄養素の1つ。また赤ちゃんが欲しくて妊活をしている女性に対しては、妊娠しやすい体作りをサポートしてくれます。

「葉酸が妊活の成功を左右する」のはなぜか

葉酸には、細胞の増殖・分裂をサポートする働きがあり、体の成長にも不可欠です。加えて、赤血球の生成を助ける働き(造血作用)もあります。葉酸のもつこれらの働きが、妊婦や、おなかの中の赤ちゃんのみならず、妊娠を希望する女性たちにとっても重要な役目を果たすからです。

厚生労働省も「妊娠の1か月以上前からの摂取」を推奨

厚生労働省では、妊娠の1ヵ月以上前から、通常よりも多い量の葉酸摂取を推奨しています。後ほど詳しくご紹介しますが、これによっておなかの中の赤ちゃんの先天的な障害を防ぐことが期待できるからです。つまり、妊娠を希望される妊活中の方々は、今日から葉酸の摂取量を増やす必要があります。

PR もしかしてあなたも「”葉酸”はどれも同じ」って思っていない?

「葉酸」が妊活の成功を左右する理由①貧血の改善

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

貧血気味の方は、知らないうちに妊娠の機会を逃しているかもしれません。葉酸がその解決に役立つ可能性もありますので、特に1日の推奨摂取量(240ナノグラム)が取れていない方は、食生活などの見直しやサプリメントの併用を考えるべきです。

妊娠に欠かせない良好な血行

葉酸の持つ造血作用は、良好な血行と貧血予防にも効果をもたらしています。しかし、葉酸不足から貧血になると、冷え性などにもつながり、内臓機能を低下させてしまう恐れがあるため、特に貧血がひどい方などの場合には、疲れやすかったり、しばしば体調不良に陥ることがあるため、性行為に支障が出るケースも考えられます。妊娠を希望する場合には、排卵日の前後2日の性行為が良いとも言われていますが、貧血がひどい方はそれが難しく、結果として妊娠しにくくなるケースも想定されます。

さらには、子宮内の血行が悪いと、妊娠に適した環境が準備されない可能性があります。子宮内膜に厚さや柔軟性が足りず、結果として受精卵が着床しにくくなることが考えられます。

貧血の改善

不足していた葉酸を摂取することは、血行や貧血の改善にもつながることが期待できます。もちろん、子宮内の血行が良くなることも期待できますが、これは妊娠にとって良好な子宮内膜を作る点でもメリットがあります。子宮内膜は受精卵を着床させる場所ですが、血流の改善で十分な酸素や栄養が運ばれると、子宮内膜に着床しやすくなり、さらには受精卵が正常に成長しやすくなるのです。

「葉酸」が妊活の成功を左右する理由②着床・妊娠・出産の確率アップ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

不足していた葉酸を摂取することによる「貧血や血行の改善」は、一般女性を妊娠しやすい体へと導く可能性があります。しかし、不妊に悩む女性についても、葉酸の摂取によってその成功率を上げる可能性が報告されています。

不妊治療中の方の強い味方

葉酸の摂取量が不妊治療の成功を握るかもしれない。そんな調査結果がアメリカから報告されています。こちらは、マサチューセッツ総合病院にて、体外受精・顕微授精などを受けている女性(232人)を対象としたアンケート調査です。(*)

(*「Dietary Folate and Reproductive Success Among Women Undergoing Assisted Reproduction」
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4172634/

アメリカで行われたアンケート調査の内容

同調査の結果は「1日の葉酸の摂取量が多い女性ほど、着床・妊娠・出産の確率が高い(不妊治療の効果が出やすい)」というものでした。具体的には、1日800マイクログラム以上の葉酸を摂取していた女性は、1日400マイクログラム未満の女性に比べて、出産成功率が20%高くなりました。

アンケート対象の女性の人種が日本人ではない点もあり、完全にそのまま当てはめて考えるのには、慎重さが必要です。しかし、葉酸の摂取が不妊に悩む方々にとって1つの希望となる点は確かと言えるでしょう。

「葉酸」が妊活の成功を左右する理由③胎児の先天的障害を予防

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

赤ちゃんが欲しい方々にとって、妊娠は悲願です。しかし、ただ妊娠すればいいと言うことではなく、赤ちゃんが健康に育って初めて妊娠が成功したと言えるでしょう。葉酸の摂取によって、胎児の先天的な障害(奇形)である「神経管閉鎖障害」のリスクを大きく下げることができるということが判明しています。厚生労働省が、妊娠前の女性にも葉酸の摂取を勧めているのには、このような理由からです。

「神経管閉鎖障害」の症状

神経管閉鎖障害の症状は、脳もしくは脊髄に出る場合の2パターンがあります。

神経管閉鎖障害が脳に出た場合、胎児の脳がうまく作られない場合があります。無脳症と呼ばれており、短命かあるいは死産のケースも多い状態です。また脊髄に出た場合「二分脊椎」と呼ばれる状態になります。これは、脊髄がうまく収まらず飛び出ていたり、脊髄の形成不良や、欠損が見られる場合もあります。必ずしも死産すると言うわけではありませんが、何らかの後遺症が残る可能性はかなり高いと言えるでしょう。見た目は、赤ちゃんの背中にこぶがあるような状態で、生後すぐに手術が必要となります。

なお、二分脊椎の発生頻度は1万人の赤ちゃんに対して5人〜6人程度です。例えば、2012年には103.5万人以上の新生児が誕生しましたが、そのうち540名ほどが二分脊椎であったと推測されます。このように考えると、二分脊椎は決して珍しい障害ではないことが分かります。

また、二分脊椎の赤ちゃんを妊娠する可能性が高い女性も分かっていますので、以下でご紹介します。こちらの条件にあたる女性は、そうでない女性と比べて最大で5倍も、二分脊椎の赤ちゃんの赤ちゃんを妊娠するリスクが高まります。


【二分脊椎の赤ちゃんを妊娠する可能性が高い女性】
・葉酸不足の女性(ダイエット、外食が多い、好き嫌いや偏食が多いなど)
・特定の薬を服用している女性(アスピリンやピルなど。抗てんかん薬を服用している女性は要注意)
・かなり肥満した女性
・糖尿病にかかっている女性
・「遺伝子多型」という葉酸代謝酵素を持っている女性
・妊娠初期に高熱などにかかった女性

葉酸の摂取で予防が期待できる、その他の障害

十分な量の葉酸を摂取することは、神経管閉鎖障害のリスクを抑えるだけでなく「先天性の心疾患」や「口蓋裂などの奇形」の予防にも役立ちます。このように、葉酸の摂取が健康な赤ちゃんの成長に大きく関わっていることがお分かりいただけるでしょう。

妊活中なら「葉酸」を今すぐ飲もう

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「妊娠がわかったら葉酸を摂らなくちゃ」というのは、実は間違いです。妊活中の女性はすぐにでも、葉酸の摂取量を増やしたほうが良いと言えます。普段食事で摂るよりも多くの葉酸を摂取する必要がありますが「可能であれば妊娠の1ヶ月以上前から葉酸を増やすこと」が望ましいとされています。

「妊娠前」から飲むこと

厚生労働省も推奨しているように、葉酸は妊娠前から飲むことが重要です。日本人女性・2693名の協力を得た症例対照研究によると「妊娠前から妊娠初期に葉酸(葉酸サプリメント)を服用していない場合、二分脊椎の赤ちゃんを出産するリスクが2.5倍にも上昇すること」が判明しました。また海外の研究でも、妊婦さんの葉酸摂取が「神経管閉鎖障害の発生を最大75%も低減させた」という結果が出ているようです。

妊娠前のお母さんの健康を維持する上でも必要ですが、健康な赤ちゃんの出産と言う意味において、「妊娠前からの十分量の葉酸摂取」は不可欠といえます。

妊娠前の具体的な葉酸摂取量は「食事からの摂取・240マイクログラム + サプリメント(もしくは強化食品)からの摂取・400マイクログラム」で、1日に合計640マイクログラムが取れるようにしてください。

男性にも飲んでもらうとベター

男性の場合は、妊娠に向けて葉酸の摂取を増やすといったことが、厚生労働省などから推奨されているわけではありません。しかし、葉酸は精子の細胞分裂にも関係しますので、やはり男性も葉酸の1日の推奨摂取量はきちんと摂っておいた方が良いと言えるでしょう。精子の生成がきちんと行われることで、精子の染色体異常を防ぐことも期待できます。

妊娠中〜出産後も充分な葉酸の摂取を

妊娠中の葉酸摂取は、胎児の発育と、お母さんの貧血予防に役立ちます。出産後の葉酸摂取は、母乳を通じて赤ちゃんへ葉酸が届くため、やはり赤ちゃんの発育に不可欠です。目安の摂取量は、妊娠中は「食事からの摂取・240マイクログラム+240マイクログラム」で1日に合計480マイクログラムが取れるようにしましょう。また、出産後は「食事からの摂取・240マイクログラム+100マイクログラム」で1日に合計340マイクログラムの摂取が望ましいです。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

葉酸は、妊娠中だけでなく、妊娠前や出産後にも不可欠なことから「赤ちゃんのビタミン」とも呼ばれています。食事の見直しはもちろんのこと、サプリメントも併用すると1日の必要摂取量をラクに摂ることが可能です。妊活中の方は「葉酸を飲むこと」を習慣にしましょう。

【医師監修】「葉酸」が妊活の成功を左右する、3つの理由

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/941

妊活中の女性にとって、「葉酸」は最も重要な栄養です。今回は葉酸が「妊活の成功を左右する理由」を3点ご紹介します。

【医師監修】妊活中の葉酸摂取について解説!男性にも必要って本当?

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/345/

妊活中から摂取するのが理想的な葉酸、実は男性にも必要だとご存じでしょうか?葉酸の重要な役割は母子手帳にも記載されていますが、実際のところ、どんな効果があるのでしょうか?「いつから?」、「マカや鉄より効く?」、「ランキング上位のおすすめは?」など葉酸に関する気になる疑問をまとめてみました。

【医師監修】子どもが欲しい! けどできないときに心がけるべき3つのこと

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/286

子どもが欲しいけどできないとき、どうしたらいいかわかりませんよね。赤ちゃんを授かるために妊娠力を高める方法や夫婦での不妊への向き合い方について詳しく解説します。今日からできる妊娠しやすい体つくりを実践しましょう。

関連する投稿


葉酸ガムとは!? ほとんど売ってないって本当?

葉酸ガムとは!? ほとんど売ってないって本当?

お菓子感覚で手軽に葉酸が摂れると人気の、葉酸入りのキャンディーやタブレットですが、以前は葉酸成分配合のガムも販売されていました。しかし現在で見かけることはほとんどなくなっています。今回はこの葉酸ガムについて紹介します。


先輩ママが伝授!妊活中・プレママが選ぶべき葉酸サプリは?

先輩ママが伝授!妊活中・プレママが選ぶべき葉酸サプリは?

なぜ、妊活中や妊娠中に「葉酸」が良いのでしょう?なんとなく体に良いから服用する……という女性もいるのではないでしょうか?今回はその「葉酸」について、必要な理由や、働き、そして気になる注目の葉酸を紹介いたします。


【医師監修】ノロウイルスとロタウイルスの症状の違い、予防法や治療法は?

【医師監修】ノロウイルスとロタウイルスの症状の違い、予防法や治療法は?

冬が深まるとテレビのニュースなどで「小学校でノロウイルスが流行し……」といったニュースを見かけることが多くなりますよね。感染すると下痢や嘔吐の症状を引き起こすノロウイルスやロタウイルスなどの感染性胃腸炎。実はどちらも流行る時期やかかる年齢、感染経路が異なります。今回はこれらの違いや治療法についてまとめました。


【医師監修】赤ちゃんにメープルシロップをあげるのはNG?

【医師監修】赤ちゃんにメープルシロップをあげるのはNG?

赤ちゃんにメープルシロップ入りのケーキシロップを与えても大丈夫なのでしょうか。「妊娠中、授乳中もダメ?」「アレルギーの心配は?」「メープルシロップ尿症の原因になる?」など気になる疑問に答えます。蜂蜜との違い、離乳食に混ぜる方法、1歳から3歳向けの咳対策のシロップ情報も必読!


【医師監修】妊娠線はいつからできて、いつ消える?原因や治療法を紹介

【医師監修】妊娠線はいつからできて、いつ消える?原因や治療法を紹介

妊娠がわかると、嬉しい反面、体の変化に戸惑うこともたくさん。特に妊娠線に悩む方が多いようですね。今回は「妊娠線」について解説していきます。


こんな記事も読まれてます
Recommended by

最新の投稿


赤ちゃんを保湿して皮膚トラブルを防ごう【ママ女医と娘の○○な日常 vol.28】

赤ちゃんを保湿して皮膚トラブルを防ごう【ママ女医と娘の○○な日常 vol.28】

乾燥する季節になりました。赤ちゃんのお肌は実はとても敏感です。家で簡単に始められる保湿で赤ちゃんの皮膚トラブルを防ぎませんか?


エアコンが汚れる原因は?掃除の仕方や業者に依頼をした時の金額など

エアコンが汚れる原因は?掃除の仕方や業者に依頼をした時の金額など

エアコンを設置していると、ときどき掃除をしなければならず、ストレスを感じている方もいる事でしょう。そもそもエアコンはなぜ汚れるのかを理解しないと、正しく掃除することはできません。エアコンの汚れの原因から、掃除のコツ、業者に依頼する方法を紹介します。


洗濯パンは必要?役割や設置するメリットやデメリット、掃除の仕方など

洗濯パンは必要?役割や設置するメリットやデメリット、掃除の仕方など

賃貸住宅やマンションにお住いの家庭では、洗濯機置き場に「洗濯パン」が付いています。一戸建てでは付いていないことも多いようですが、その場合も必要かは迷ってしまうでしょう。洗濯パンとはいったい何の目的で付いているのか紹介します。


バリエーション豊かな物干し竿!何を重視して選ぶ?

バリエーション豊かな物干し竿!何を重視して選ぶ?

寒い季節になると屋外に洗濯ものを干すことができなくなり、部屋干しする方も多いでしょう。そんなときに室内用物干し竿が活躍します。部屋で洗濯ものを干すと、部屋干し臭が気になることもあるため、洗濯の物干しにもこだわってみましょう。


インフルエンザ体験記〜2016大晦日に起こった我が家の悲劇【ママ女医と娘の○○な日常 vol.27】

インフルエンザ体験記〜2016大晦日に起こった我が家の悲劇【ママ女医と娘の○○な日常 vol.27】

インフルエンザの注意報が出始めました。2016年大晦日に起きた、我が家のインフルエンザ体験記をお話します。そう、よりにもよって、正月に!