ママのための悩み解決サイト
【医師監修】出産前に戻したい! 産後ダイエットに成功する3つの方法と成功例

【医師監修】出産前に戻したい! 産後ダイエットに成功する3つの方法と成功例

出産後はおなかの周りがたるみ、どうしても「早く痩せなきゃ!」と、焦ります。しかし、産後のダイエットは気を付けないと、赤ちゃんとママの健康にかかわってきます。産後独特の体の変化と、適切なダイエットのタイミングや方法についてご説明していきます。


この記事の監修ドクター
女性医療クリニック・LUNAグループ 槍澤ゆかり先生
日本産婦人科学会専門医 横浜元町女性医療クリニックLUNA院長。小さなこと、聞きにくいことでも遠慮せずにきける身近な外来をめざしています。毎月くる生理とうまく付き合って生活の質をあげましょう
http://www.luna-clinic.jp/

出産したら自然に体重戻ると思ってた!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

陣痛の痛みを切り抜けてようやく生まれたベビー! 「ママは赤ちゃんのお世話で忙しいから何もしなくても体重はすぐにもどるよ」そんな言葉を信じて、家事をこなし、授乳に励み、寝不足に耐えてみたけど……。「体重が戻らない!!」なんてならないようにしたいですね。女性の体は産前産後で大きく変化します。適切な時期に、適切な管理をすることで比較的楽に体型を戻すことができます。

今回は産後ダイエットの方法をご紹介します。さあ! 産後のママの体の特徴を理解して自分に合ったダイエット法で出産前のスタイルに戻しましょう。

産後ダイエットはどんな場合に必要?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

出産後、ママの生活は激変します。慣れない赤ちゃんのお世話、授乳、家事であっという間に一日は終わり、夜中も数時間おきに授乳が待っています。自分の体のお手入れまではとても余裕がない、という気持ちはわかりますが、適切な体重管理はこれからのママの健康のためにも大切なことです。
産後のママはやせればOK! というわけにはいきません。過激なダイエットは、ママと赤ちゃん両方の健康に危険ですので控え、必要なダイエットを行いましょう。

すべてのママにやってほしい骨盤矯正

出産前には、赤ちゃんを産道からおしやすくするため骨盤、関節を緩めるホルモンが大量に分泌されます。ママの体中の関節が少し緩くなるのですが、中でも骨盤は直接赤ちゃんが通って出てきますので、開いた状態になります。
骨盤を産前の位置に戻すには体操の他に、ベルトや矯正用の下着で物理的に戻ることをサポートすることもできます。こういったグッズをうまく利用ながら骨盤矯正をしていくのがおすすめです。

妊娠中体重が増えすぎたママ

妊娠中は赤ちゃんの成長に必要な栄養、産後のための蓄えなどのために主にホルモンの働きで、体が脂肪を蓄積しやすくなります。食欲も増しますから、つい食べ過ぎてしまいます。体重が必要以上に増えると産後にそれだけダイエットが必要になります。

妊娠中の理想的な体重増加量は、赤ちゃんの体重分と、出産・産後の必要なエネルギー量になります。具体的には子宮・羊水・乳房を大きくするなど必要な脂肪、妊娠によって血流が増える分の血液、赤ちゃんの体重を合わせておよそ8kgです。個人差もありますが、10kg以上の体重増加がある女性は産後のダイエットが必要です。

産後ダイエットを始めるタイミング

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

産後ダイエットは体力が回復してから!

産後はかなり体力が落ちています。産後の早い時期がやせやすいとはいっても、体のダメージが戻る前にダイエットを開始するのは、ママにも赤ちゃんにもいい結果にはなりません!産後の体力の回復を十分にしてから取り組むようにしましょう。

母乳育児で出るホルモンはダイエット効果も

母乳育児とそうでない人では体内のホルモンが違います。ミルクが悪いわけではありませんが、母乳育児でないママはよりダイエットが必要になります。母乳育児の女性の体内では、オキシトシン、プロラクチンというホルモンが出ています。プロラクチンには子宮を収縮し子宮の産後の回復させオキシトシンには脂肪燃焼作用があります。このように、産後のライフスタイルによってもダイエットの必要性が変わってくるのです。

「産後ダイエット」成功につなげる3つのアプローチ法

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

産後ダイエットでやみくもに食事療法や運動をすることは危険です。ママの体重が落ちても、その分赤ちゃんに栄養がいかなくなってしまったり、ママの体の目に見えない部分、骨にカルシウムが十分にわたらず、今は元気でも将来的に骨粗しょう症につながりかねません。
産後独特の体の特徴を理解し、栄養面にも十分配慮しながらダイエットをするようにしましょう。

1. 産後ダイエットに適した食事(栄養面のアプローチ)

母乳育児をする人は1日約600kcalを母乳によって消費します。普段よりも積極的に摂取したほうがいいのは、カルシウム、たんぱく質の高い食事です。これに加えて水分の補給も必要です。

理想的な食事ひとつが「和食」です。たんぱく質はお魚、根菜類には栄養価、食物繊維も十分で、お味噌汁など汁物を添える「一汁三菜」にすれば自然とダイエット効果のある赤ちゃんにも優しいお食事になります。

2. 産後ダイエットに適した運動(運動・体力面のアプローチ)

産後すぐに始められるのは「産褥体操(さんじょくたいそう)」と呼ばれるものです。手や足の軽いストレッチから始めます。主な効果は出産で蓄積してしまった疲労の回復、血行が良くなり、静脈瘤の改善や血栓予防、子宮収縮、悪露の排泄です。そして、運動習慣が付くとその後ストレスなくダイエットに取り組めます。

また、おなか周りのたるみを気にする女性は多いのですが、これは妊娠によって腹筋が伸びてしまうことも原因の一つです。産後3ヶ月頃までは腹筋は弱く柔らかくなっているからです。しかし、産後すぐに腹筋運動をすると、関節や筋肉を痛めてしまいますのであまり早期から腹筋をするのは危険です。腹筋は普通の生活をしているだけでもある程度回復はしますので、それから徐々に運動を取り入れるようにします。

体力が回復して赤ちゃんも順調に成長すれば、産後一か月くらいから短時間の外出も可能です。赤ちゃんを抱っこやベビーカーでお散歩したりすれば、気分転換とダイエット両方の効果が得られます。

3. 産後ダイエットはポジティブに行う(心理面のアプローチ)

赤ちゃんとの暮らしは楽しい反面、慣れないことだらけ。睡眠不足も手伝いストレスが増えます。「ダイエットをしなきゃ!」なんて義務感で始めたら、これもストレスにつながります。ストレスが溜まると、暴飲暴食をしてしまい、脂肪がついてしまうなんて方もいるでしょう。できるだけ意識的にストレスを解消するように心がけましょう。

ストレスを減らしながら、ダイエットに取り組む方法として体重管理、食事管理の記録を日記にしてみるのも一つの方法です。つらいことも書けばそこで吐き出すことができます。また客観的な記録は無意識のうちに、生活習慣の改善につながります。

また、産後体操は産婦人科やヨガ教室でベビーと一緒に行えるコースもあります。ほかのママとの交流、赤ちゃんと一緒に体操するのもポジティブになれますのでおすすめです。

つらくなったらダイエットはお休み

産後は妊娠中のホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」が激減し、授乳ホルモンである「プロラクチン」が急増することで、ホルモンバランスが大きく変動します。また、出産・育児による生活の激変、赤ちゃんと二人きりなど、外出や人と話すチャンスも減るため、ママは心も疲れてくることもあります。
一番大切なのは、ママと赤ちゃんが元気に一緒に成長することですので、体だけでなく心が疲れた時はダイエットよりもストレス発散が大切ですよ! 

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

いかがでしたか? 出産後はまず赤ちゃんとママの健康が一番です。産後ダイエットは、出産後の生活に慣れて落ち着いてから始めるようにしましょう。出産後にダイエットを考えるのではなく、妊娠中の体重コントロールが重要なことも忘れないでくださいね。

また、産後のママの体には目に見えない変化があります。急激に体重を落とすことだけを考えず、美しく健康的に痩せることを目的に頑張ってください。

関連する投稿


【医師監修】子宮頸がんの症状は? 検診の流れと主な治療法3つ

【医師監修】子宮頸がんの症状は? 検診の流れと主な治療法3つ

子宮頸がんは、婦人科系のがんの中では、乳がんの次に罹患率が多いがんで、最近では、20~30代の若い女性に急増しています。ここでは、子宮頸がんになる原因や、子宮頸がんの検診、治療法などについてお話していきます。


【医師監修】胎児胸水は治る? 起こりうるリスクは? 適切な治療法

【医師監修】胎児胸水は治る? 起こりうるリスクは? 適切な治療法

妊婦健診で超音波検査を受けると、「胎児胸水」が見つかることがあります。これは、お腹の赤ちゃんの胸に水がたまっている状態のことで、適切な処置が遅れると、赤ちゃんの命に関わることもあります。ここでは、胎児胸水がどういうものなのかや、胎児胸水の予後、治療法などをお話していきます。


【医師監修】赤ちゃんの無呼吸に要注意! 呼吸が止まる原因と対処法

【医師監修】赤ちゃんの無呼吸に要注意! 呼吸が止まる原因と対処法

眠っている赤ちゃんの呼吸が何秒か止まっているのを見ると、お母さんとしては、心配でたまらなくなってしまうものですが、赤ちゃんの「無呼吸」の原因は、どういったことが考えられるのでしょうか?また、病気が関係している場合は、どのような治療法があるのでしょう?ここでは、赤ちゃんの無呼吸についてお話していきます。


【医師監修】妊娠中に糖尿病になると、どんな問題がある? 治療法は?

【医師監修】妊娠中に糖尿病になると、どんな問題がある? 治療法は?

妊娠中は、体調が大きく変化することで、体にさまざまなトラブルが起こりやすくなりますが、なかでも、特に気をつけたいものの1つに「妊娠糖尿病」があります。ここでは、妊娠糖尿病がどのようなものか、妊娠糖尿病の原因、治療法などについてご紹介していきます。


【医師監修】生後4ヶ月の赤ちゃんの成長は? 家庭内事故の予防と対策

【医師監修】生後4ヶ月の赤ちゃんの成長は? 家庭内事故の予防と対策

生後4ヶ月は、首のすわりが完成したり昼夜の区別がつき始める頃。お風呂やお着替えが楽になり、昼夜逆転がなくなることで、ママは育児がちょっと楽になるかもしれませんね。ただ、この時期からの新しい悩みや危険も出てきます。特徴と育児のポイントを知って、しっかり対策しましょう。


最新の投稿


【医師監修】赤ちゃんのいびきは病気? 考えられる4つの原因と治し方

【医師監修】赤ちゃんのいびきは病気? 考えられる4つの原因と治し方

赤ちゃんがうるさいくらいの「いびき」をかいていて苦しそう、息が荒い……。これは病気の可能性があります。今回は赤ちゃんのいびきの原因をはじめ、治療、ご家庭での防止策までを解説しました。


【医師監修】妊婦のインフルエンザ、薬の服用・赤ちゃんへの影響は?

【医師監修】妊婦のインフルエンザ、薬の服用・赤ちゃんへの影響は?

妊婦がインフルエンザに感染した場合、赤ちゃんにはどのような影響が及ぶのでしょうか。薬の服用、ワクチン接種のそれぞれについてチェックしましょう。


育児休暇と育児休業は何が違う? 取得するために知っておくべきこと

育児休暇と育児休業は何が違う? 取得するために知っておくべきこと

仕事をしている女性にとって気になることのひとつが、出産した後に取得できる育児休暇(育児休業)のこと。産まれたばかりの赤ちゃんを育てるために育休という制度があることは知っているものの、具体的な内容までは知らないという人は多いでしょう。育休の仕組みについて、詳しくご紹介します。


働くママが知りたい「育児休業等取得者申出書」の手続き・提出までの流れ

働くママが知りたい「育児休業等取得者申出書」の手続き・提出までの流れ

もし出産後も仕事を続けたいと考えているなら、育児休業の制度を知っておきましょう。出産後、スムーズに職場復帰を果たすためにも、育児休業を上手に利用したいものです。今回は、育児休業を取得する際の手続きについて、必要な書類の一つ「育児休業等取得者申出書」を軸にまとめてみました。


【医師監修】妊娠時に基礎体温が下がることはある? 妊娠中の体温変化とその要因

【医師監修】妊娠時に基礎体温が下がることはある? 妊娠中の体温変化とその要因

妊娠の兆候を感じるのは、体温が高いことがきっかけになる女性もいるでしょう。妊娠すると、体は一気に「胎児を守り育てる」仕組みにシフトし、日常を維持するモードから切り替わります。女性ホルモンの働きが活発になって、体内に大きな変化が出てきます。そのため顕著に変化が現れるのが「体温」です。