ママのための悩み解決サイト
産後ダイエットに成功する3つの心得&方法!

産後ダイエットに成功する3つの心得&方法!

産後ダイエットに成功するには、どういったアプローチが効果的なのでしょうか。「早く痩せなきゃ!」と焦り、ブログで成功談が多い酵素サプリやヨガ、骨盤矯正が気になっているママも。しかし赤ちゃんとママの健康に関わるので運動にしても食事対策にしても、無理は禁物です。安全に痩せる3つの心得&方法をご紹介します。


この記事の監修ドクター
女性医療クリニック・LUNAグループ 槍澤ゆかり先生
日本産婦人科学会専門医 横浜元町女性医療クリニックLUNA院長。小さなこと、聞きにくいことでも遠慮せずにきける身近な外来をめざしています。毎月くる生理とうまく付き合って生活の質をあげましょう
http://www.luna-clinic.jp/

出産したら自然に体重は戻る?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

陣痛の痛みを切り抜けてようやく生まれたベビー! 「ママは赤ちゃんのお世話で忙しいから何もしなくても体重はすぐにもどるよ」そんな言葉を信じて、家事をこなし、授乳に励み、寝不足に耐えてみたけど……。「体重が戻らない!!」なんてならないようにしたいですね。女性の体は産前産後で大きく変化します。適切な時期に、適切な管理をすることで比較的楽に体型を戻すことができますが、産後の過ごし方次第では産後太りが中々解消されないことも。特に基礎代謝が落ちた20代後半から30、40代の出産は、意識してダイエットに取り組む姿勢が必要です。

今回は産後ダイエットの方法をご紹介します。さあ! 産後のママの体の特徴を理解して自分に合ったダイエット法で出産前のスタイルに戻しましょう。

産後何キロ増えたらダイエットが必要?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

出産後、ママの生活は激変します。慣れない赤ちゃんのお世話、授乳、家事であっという間に一日は終わり、夜中も数時間おきに授乳が待っています。自分の体のお手入れまではとても余裕がない、という気持ちはわかりますが、適切な体重管理はこれからのママの健康のためにも大切なことです。
産後のママはやせればOK! というわけにはいきません。過激なダイエットは、ママと赤ちゃん両方の健康に危険なので控え、必要なダイエットを行いましょう。

すべてのママにやってほしい骨盤矯正!!

産後太りの原因の1つは骨盤の緩みです。出産前には、赤ちゃんを産道からおしやすくするため骨盤、関節を緩めるホルモンが大量に分泌されます。ママの体中の関節が少し緩くなるのですが、中でも骨盤は直接赤ちゃんが通って出てきますので、開いた状態になります。骨盤が開いていると内蔵や自律神経にも負担がかかり、太りやすくなります。
骨盤を産前の位置に戻すには体操の他に、ベルトや矯正用の下着で物理的に戻ることをサポートすることもできます。こういったグッズをうまく利用ながら骨盤矯正をしていくのが産後ダイエットにおすすめです。

妊娠中10kg以上体重が増えたらアウト?

妊娠中は赤ちゃんの成長に必要な栄養、産後のための蓄えなどのために主にホルモンの働きで、体が脂肪を蓄積しやすくなります。食欲も増しますから、つい食べ過ぎてしまいます。体重が必要以上に増えると産後にそれだけダイエットが必要になります。

妊娠中の理想的な体重増加量は、赤ちゃんの体重分と、出産・産後の必要なエネルギー量になります。具体的には子宮・羊水・乳房を大きくするなど必要な脂肪、妊娠によって血流が増える分の血液、赤ちゃんの体重を合わせておよそ8kgです。個人差もありますが、10kg以上の体重増加がある女性は産後のダイエットが必要です。

すべてのママにやってほしい骨盤矯正

出産前には、赤ちゃんを産道からおしやすくするため骨盤、関節を緩めるホルモンが大量に分泌されます。ママの体中の関節が少し緩くなるのですが、中でも骨盤は直接赤ちゃんが通って出てきますので、開いた状態になります。
骨盤を産前の位置に戻すには体操の他に、ベルトや矯正用の下着で物理的に戻ることをサポートすることもできます。こういったグッズをうまく利用ながら骨盤矯正をしていくのが産後ダイエットにおすすめです。歪んだ骨盤のケアは、適正体重のママにとっても大切です。

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/220

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/104

・ヨガの本&DVDもおすすめ

骨盤矯正の方法は色々あります。本格的に骨盤をケアしたい時は整体に行くのが理想的ですが、赤ちゃんを預けられないママには実践しにくい対策になります。ベルトなどでセルフケアに励むか、骨盤矯正体操、ストレッチにトライしましょう。実は、ヨガも骨盤矯正力が高いアプローチ方法です。本やDVDがあれば自宅でも空いた時間を利用して手軽に取り組むことができるので、是非チェックしてみて下さい。

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1577

成功率が高いのはいつ?産後ダイエットを始めるタイミング

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

産後ダイエットは体力が回復してから!

産後はかなり体力が落ちています。産後の早い時期がやせやすいとはいっても、体のダメージが戻る前にダイエットを開始するのは、ママにも赤ちゃんにもいい結果にはなりません。産後の体力の回復を十分にしてから取り組むようにしましょう。
一般的には、産後6ヶ月までにダイエットを始めると成功率が高いと言われますが、悪露が出なくなる1ヶ月から1ヶ月半頃までは、安静にしておきましょう。1ヶ月検診で問題ないと言われてからダイエットを始めても、遅くありません。
身体が回復する前に焦ってダイエットを始め、体調を崩してしまっては大変です。産後の疲れた身体をケアするための産褥体操など、軽いアプローチから取り掛かるのも成功の秘訣です。

母乳育児で出るホルモンはダイエット効果も

母乳育児とそうでない人では体内のホルモンが違います。ミルクが悪いわけではありませんが、母乳育児でないママはよりダイエットが必要になります。母乳育児の女性の体内では、オキシトシン、プロラクチンというホルモンが出ています。プロラクチンには子宮を収縮し、回復させる効果、オキシトシンには脂肪燃焼作用があります。授乳を続けるうちに自然に痩せるケースも。このように、産後のライフスタイルによってもダイエットの必要性、タイミングが変わってくるのです。

3つの産後ダイエット心得!成功者続出!?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

産後ダイエットの成功談を語るブログも多いですよね。ダイエットに成功しているママの話をチェックすると、3つの大事な心得があることが分かります。それは食事と運動、精神面でバランス良くダイエットに取り組むこと。
産後ダイエットでやみくもに食事療法や運動をすることは危険です。ママの体重が落ちても、その分赤ちゃんに栄養がいかなくなってしまったり、ママの体の目に見えない部分、骨にカルシウムが十分にわたらず、今は元気でも将来的に骨粗しょう症につながりかねません。
産後独特の体の特徴を理解し、栄養面にも十分配慮しながらダイエットをするようにしましょう。

1. 産後ダイエットに適した食事は??(栄養面のアプローチ)

母乳育児をする人は1日約600kcalを母乳によって消費します。普段よりも積極的に摂取したほうがいいのは、カルシウム、たんぱく質の高い食事です。これに加えて水分の補給も必要です。

理想的な食事ひとつが和食です。たんぱく質はお魚、根菜類には栄養価、食物繊維も十分で、お味噌汁など汁物を添える一汁三菜にすれば、自然とダイエット効果のある赤ちゃんにも優しいお食事になります。少なくても「〇〇だけをひたすら食べる」なんて過激なダイエット方法には手を出してはいけません。無茶な食事制限はリバウンドしやすく、体調不良の原因にも。身体の調子を崩してしまったら子育てどころではなくなってしまいます。

・酵素サプリは効くの?

酵素は胃腸の消化力をUPし、デトックス効果にも優れている栄養素です。酵素サプリを産後ダイエットに役立てるママも増えていますが、余計な添加物を排除した自然派のサプリなら、授乳中服用しても問題ありません。効く、効かないは個人差があるので一概には言えませんが、成功者が多いので試してみても損はないかも知れません。ただ、酵素サプリはあくまでも補助的に頼るのがポイントです。酵素サプリだけを服用して食事を摂取しない断食ダイエットは、産後厳禁です。

2. どんな運動が産後ダイエット向き??(運動・体力面のアプローチ

産後すぐに始められる運動はは「産褥体操(さんじょくたいそう)」と呼ばれるものです。手や足の軽いストレッチから始めます。主な効果は出産で蓄積してしまった疲労の回復、血行が良くなり、静脈瘤の改善や血栓予防、子宮収縮、悪露の排泄です。そして、運動習慣が付くとその後ストレスなくダイエットに取り組めます。

・ジムに行けなくてもOK

また、おなか周りのたるみを気にする女性は多いのですが、これは妊娠によって腹筋が伸びてしまうことも原因の一つです。産後3ヶ月頃までは腹筋は弱く柔らかくなっています。しかし、産後すぐに腹筋運動をすると、関節や筋肉を痛めてしまいますのであまり早期から腹筋をするのは危険です。腹筋は普通の生活をしているだけでもある程度回復はしますので、それから徐々に運動を取り入れるようにします。

体力が回復して赤ちゃんも順調に成長すれば、産後一か月くらいから短時間の外出も可能です。赤ちゃんを抱っこやベビーカーでお散歩したりすれば、気分転換とダイエット両方の効果が得られます。

ウォーキングはいつから??

体力が回復して赤ちゃんも順調に成長すれば、産後一か月くらいから短時間の外出も可能です。赤ちゃんを抱っこやベビーカーでお散歩したりすれば、気分転換とダイエット両方の効果が得られます。

3. 産後ダイエットはポジティブに行うのが成功の秘訣(心理面のアプローチ)

赤ちゃんとの暮らしは楽しい反面、慣れないことだらけ。睡眠不足も手伝いストレスが増えます。「ダイエットをしなきゃ!」なんて義務感で始めたら、これもストレスにつながります。ストレスが溜まると、暴飲暴食をしてしまい、脂肪がついてしまうなんてパターンに陥りやすいのでご注意下さい。できるだけ意識的にストレスを解消するように心がけましょう。

レコーディングダイエットも効果的!!

ストレスを減らしながら、ダイエットに取り組む方法として体重管理、食事管理の記録を日記にしてみるのも一つの方法です。いわゆるレコーディングダイエットです。つらいことも書けばそこで吐き出すことができます。また客観的な記録は無意識のうちに、生活習慣の改善につながります。

ママ専用の教室もおすすめ!!

また、産後体操は産婦人科やヨガ教室でベビーと一緒に行えるコースもあります。ほかのママとの交流、赤ちゃんと一緒に体操するのもポジティブになれますのでおすすめです。

辛い時ダイエットを休むと成功率UP

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

産後は普段の心身とは調子が違います。少しでも辛いと感じたら、無理をせずに休みましょう。辛い時ダイエットを休むことが成功するために必要・・・と語っている産後ダイエット成功者のブログも少なくありません。
産後は妊娠中に分泌されるホルモン、エストロゲンとプロゲステロンが激減し、授乳ホルモンであるプロラクチンが急増することで、ホルモンバランスが大きく変動します。また、出産・育児による生活の激変、赤ちゃんと二人きりなど、外出や人と話すチャンスも減るため、ママは心も疲れてくることもあります。
一番大切なのは、ママと赤ちゃんが元気に一緒に成長することなので、体だけでなく心が疲れた時はダイエットよりもストレス発散が大切です。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

産後ダイエットに成功しやすくなる心得や方法についてお話させて貰いましたが、いかがでしたか? 成功談を語るブログも多く、酵素サプリダイエットやヨガによる骨盤矯正ダイエットなど、色々なダイエット方法があるので迷ってしまいますよね。ただ、出産後はまず赤ちゃんとママの健康が一番です。運動や食事など産後ダイエットは、出産後の生活に慣れて落ち着いてから始めるようにしましょう。また、出産後にダイエットを考えるのではなく、妊娠中の体重コントロールが重要なことも忘れないでくださいね。

また、産後のママの体には目に見えない変化があります。急激に体重を落とすことだけを考えず、美しく健康的に痩せることを目的に頑張ってください。

【医師監修】産後ダイエットに効果的! おすすめの7つの方法

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/45

妊娠中にぶくぶくと増えた体重。子供が産まれたのに体重が減らないと悩むママは少なくありません。授乳中のママにとっては産後の体調管理は大切ですよね。ここでは出産で太ってしまった体型を元に取り戻すための産後ダイエットについて詳しく紹介し、おすすめの産後ダイエットを伝えていきます。

【医師監修 】産後のぷよ腹をどうにかしたい! たるんだおなかのダイエット方法

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/950

臨月になると、びっくりするほど大きくなるおなか。出産したら、おなかがぺたんこになるのかと思いきや、なかなかサイズが戻らず焦るママも多いのでは? 今回は産後にたるんだおなかのダイエット方法についてご紹介します。

【医師監修】産後の運動でダイエット&マイナートラブル解消!目的別エクササイズ15選

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/687

産後はママの予想以上に様々な体の変化があります。また、産後なかなか以前のような体形に戻らないという話も聞きますね。今回は、エクササイズを通して、産後太りやマイナートラブルを解消する方法をみていくことにしましょう。

産後にダイエットは必要!? 実践したママ・しないママの本音とは?

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/868

妊娠・出産の後に悩む、産後太り。これから育児が始まる中で、ダイエットをするのもなかなか難しいものですよね。実際に、産後にダイエットを実践したママは多いのでしょうか? 出産を経験した女性のみなさんに、聞いてみました。

【医師監修】出産後1ヶ月で何kg減る? 産後体重が減らない原因と対策!!

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/94

産後に体重計に乗っても意外と体重が減っていなくてガッカリ……という話、よく聞きますよね。戻すことが難しいとも言われている産後の体重。どのようにして、どの位の期間で元の状態に近づくのでしょうか。また、減少の兆しが見えない場合は、何が原因なのでしょう? 今回は産後の体重に関することをまとめてみました。

【医師監修】産後の腹筋はいつから?どうやる?たるんだ下腹に効果的な腹筋8選

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/691

産後最も気になるのがたるんだ下腹ですよね。まだ産後まもないし大丈夫だろうと思っていませんか。またどうにかして元に戻したいともがいている人もいることでしょう。産後に下腹が出る理由と、運動のはじめどき、手軽にできるストレッチや腹筋運動について紹介して行きたいと思います。

【医師監修】産後の運動でダイエット&マイナートラブル解消!目的別エクササイズ15選

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/687

産後はママの予想以上に様々な体の変化があります。また、産後なかなか以前のような体形に戻らないという話も聞きますね。今回は、エクササイズを通して、産後太りやマイナートラブルを解消する方法をみていくことにしましょう。

産後はどうなる? 体型が変わった人と変わらない人の違いって?

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/782

女性の身体が大きく変わると言われている、出産。今回はママたちに、出産してから体型が変わったと感じたことがあるかどうか、聞いてみました。

【医師監修】産後の体型戻しにオススメの3つの実践方法とは?

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/224

妊娠から出産までの間、女性の体は見た目も中身も大きく変化します。出産を終えたら、いち早く妊娠前のような体型に戻したい……そんなふうに考えている方は多いのではないでしょうか? 今回は産後の体型戻しに適した時期やおすすめの方法をご紹介します。

関連する投稿


【医師監修】更年期障害の最新治療法とは? 薬や期間・治療費まとめ

【医師監修】更年期障害の最新治療法とは? 薬や期間・治療費まとめ

更年期障害の治療方法にはどんなものがあるのでしょうか。更年期障害の症状は個人差があるので軽く済む女性もいる一方、日常生活がままならないほど深刻な症状が出る方も。今回はプラセンタ注射など更年期障害の治療法、漢方薬などの治療薬の治療費、治療期間などについてお話します。


ワンオペ育児は年々増加中!? なりやすい環境・解決策について

ワンオペ育児は年々増加中!? なりやすい環境・解決策について

近年、問題になっている「ワンオペ育児」。ワンオペ育児が起こりやすい環境とはどのようなものなのでしょうか?詳しく見ていきましょう。


【医師監修】おむつかぶれ対策の決定版! 新生児の治療薬は?

【医師監修】おむつかぶれ対策の決定版! 新生児の治療薬は?

新生児期は排泄の回数が多く、おむつ替え作業は重労働とも言えます。赤ちゃんの肌は薄くてデリケートなので、おむつを湿った状態で放置するとおむつかぶれを引き起こしてしまいます。気になる治療方法や医療機関の受診の目安をチェックしておきましょう。


産後に骨盤体操は必要? 健康・美容の効果3つと注意事項

産後に骨盤体操は必要? 健康・美容の効果3つと注意事項

出産という大きな役割を果たした後は、想像以上に体もダメージを受けているもの。特に産後は、骨盤ケアが重要です。今回は骨盤ケアの効果や方法についてまとめてみました。


【医師監修】乳幼児・子どもの脱水症状、どう見分ける? 対処法は?

【医師監修】乳幼児・子どもの脱水症状、どう見分ける? 対処法は?

夏に急増する乳幼児、子供の脱水症状。新生児は自分で症状を伝えられないので、親の発見が遅れ入院騒動になることも。今回は、脱水症状の原因や見分け方、対処法をお伝えします。「下痢、嘔吐は脱水症状?」「発熱、高熱は?」「後遺症が残ることもある?」など疑問に答えます。母乳育児中のママも脱水症には用心して下さい。


こんな記事も読まれてます
Recommended by

最新の投稿


 アンパンマンのおすすめおもちゃ5選 <3歳児> 人気の理由は?

アンパンマンのおすすめおもちゃ5選 <3歳児> 人気の理由は?

多くの子どもたちハマるアンパンマン。今の子育て世代も、自分が小さかった時にアンパンマンを見て育った人も多いですよね。アンパンマンの魅力のヒミツや、人気アイテムを紹介していきます。


【レシピ動画】材料3つですぐできる! ぷるぷるバナナプリン

【レシピ動画】材料3つですぐできる! ぷるぷるバナナプリン

今回は、ゼラチンなしで作れる簡単ぷるぷるバナナプリンを紹介! 家にある材料でOKなので、手軽に作ることができます。


【医師監修】妊娠中や産後、首こりが起こるのはなぜ? 解消法とケア4つ

【医師監修】妊娠中や産後、首こりが起こるのはなぜ? 解消法とケア4つ

妊娠中〜産後に起こるつらい首こり。今回はその原因と解消法をわかりやすくご紹介します。


上履き入れの簡単な作り方! 生地選びと3つのポイント

上履き入れの簡単な作り方! 生地選びと3つのポイント

通園・通学グッズとして必須の上履き入れ。せっかくなので手作りのものを持たせてあげたい! というママも多いかもしれませんね。でも実際どういう風に作ればいいのか…、そんな疑問に答えるために、上履きの簡単な作り方をご紹介しましょう。


【医師監修】おむつかぶれ対策の決定版! 新生児の治療薬は?

【医師監修】おむつかぶれ対策の決定版! 新生児の治療薬は?

新生児期は排泄の回数が多く、おむつ替え作業は重労働とも言えます。赤ちゃんの肌は薄くてデリケートなので、おむつを湿った状態で放置するとおむつかぶれを引き起こしてしまいます。気になる治療方法や医療機関の受診の目安をチェックしておきましょう。