ママのための悩み解決サイト
【医師監修】妊婦ダイエットの8つの方法と太り過ぎの危険性

【医師監修】妊婦ダイエットの8つの方法と太り過ぎの危険性

妊婦が太り過ぎてはいけない理由はママにも赤ちゃんにも危険が及ぶため。こちらでは妊婦の太り過ぎによるその出産のリスクと、妊婦が行っても安全なダイエット方法をご紹介します。まずは太り過ぎの目安となるBMIでご自身の今をチェック。つい太り過ぎてしまう原因や、太り過ぎを回避するために出来る生活習慣のポイントもおさえましょう。


この記事の監修ドクター
東邦大学医療センター大橋病院 婦人科 高橋怜奈先生
女医プラス所属。東邦大学医療センター大橋病院・婦人科在籍。趣味はベリーダンス、ボクシング、バックパッカーの旅。2016年6月にボクシングのプロテストに合格をし、世界初の女医ボクサーとして活躍中。ダイエットや食事療法、運動療法のアドバイスも行う

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

食べ過ぎちゃいけない! 太っちゃダメ‼ 頭ではわかっているのにどうしても食べ物に手を伸ばさずにはいられない……悩める妊婦は24時間大きくなったお腹と重い身体、そして大切な命を抱えて過ごしています。不快な症状やつわりもあり、食べたいものを食べていられるその時間はまさに至福。しかしながら健診時になって不安が募り、反省を繰り返すこともありますよね。忘れてはいけないのが、いつまでも反省するだけで済むとは限らないということ。「今はもうあなた一人の身体ではない」という意味をよく考え、妊婦が太り過ぎてはいけない理由を今一度確認しましょう。安全なダイエット方法をご紹介します。

太り過ぎによる出産のリスク4つ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

難産になる 出産時にトラブルが起こりやすい

膣の壁にも脂肪がつくため、赤ちゃんの通り道である産道が狭くなり、赤ちゃんが通りにくい環境に。さらに、赤ちゃんも大きくなりがちです。狭い産道を大きな赤ちゃんが産まれようとするのは困難。お産が長引くのは赤ちゃんにとって過度のストレスとなります。ストレスが過度になると、赤ちゃんが産まれる前に便をしてしまい、その便が混じった羊水を飲み込むことで赤ちゃんの呼吸状態が悪化し、最終的には吸引分娩や帝王切開になることもあります。

妊娠高血圧症候群の原因になる 深刻な問題を誘発する

妊娠高血圧症候群は悪化すると胎盤の機能が低下して、赤ちゃんが酸素不足になって育たなかったり、胎児仮死、死産、母体の脳出血の原因になるなど危険です。

妊娠糖尿病の原因になる さまざまな症状・流産・早産につながる

妊娠糖尿病は妊娠後期に多い疾患の一つで、早産、巨大児の原因になったり、妊娠高血圧症候群や羊水過多症を合併したりします。妊娠したことによって腎臓の糖処理機能が低下するため、尿糖がプラスになることは妊娠中あるのですが、問題はその尿糖が一過性のものか病気によるものかということです。

血液検査で空腹時血糖値・糖負荷試験値などを調べ、その数値によって診断されます。診断に至らなかった場合でも、血糖が高かったり毎回尿糖がでるのはよくありません。体重管理や日頃の食生活を見直しましょう。

体への負担が大きい 多い

身体に脂肪がつき体重がふえることで心臓に負担がかかります。また、お腹の皮膚がさらに引っ張られる状態となるため妊娠線が通常より入りやすくなり、日頃、専用のケアをしていても効果が得られないこともあります。体重が増加したことによって妊娠前にはなかった腰痛や膝痛がでてきてしまったりと、太りすぎたために増える負担は数えきれません。先述の難産でお産に時間がかかるという傾向も、長引いた分だけ身体へのダメージが大きくなり、産後にも影響して回復に要する時間もかかります。

妊娠中の「太り過ぎ」の目安

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊婦が太りすぎてしまうと危険ということが理解できたところで、何㎏以上太ったらいけないのか、チェックしていきましょう。

BMIから目標体重を知る

BMIとは肥満度を表す体格指数のこと。妊娠する前の体重をもとに計算し、目標体重を決めます。出産年齢にある女性の健康体とされる数値はBMI22前後。ぜひBMIから理想的な体重増加を知り、その安産体重を目指して今日からコントロールしていきましょう。

BMI=妊娠前の体重(㎏)÷身長(m)÷身長(m)

この計算式で出た数値が妊娠前のもともとの肥満度です。この数値から妊娠中の適正な体重増加がわかります。 

●BMI18未満(やせ型)→+9〜12㎏
●18<BMI<24(標準)→+7〜10㎏
●BMI25以上 (肥満型)→個別対応(医師に相談)

おおよその体重増加の目安は 約10㎏

赤ちゃんにとって必要とされている体重は「乳房・血液増加に1.7~2.5㎏」「赤ちゃんは3㎏」「胎盤・羊水に1㎏」であるといい、その合計は5.7~6.5㎏。このほかに育児に使うエネルギーとして脂肪が3㎏ほどつくのが一般的とされています。これ以上の増加はすべてママの余分な脂肪。週に500g以上の増加は危険とされており、妊娠初期の間では1~2㎏ほどに抑えるのが理想です。増えすぎた脂肪は難産の原因になります。

太り過ぎてしまう原因と理由

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ここで忘れてはならないのが「妊娠中に体重が増えるのは自然なことである」ということ。度を超えた体重増加がトラブルの原因となるということなので、神経質になって過度なダイエットをすることは不要です。妊娠中太り過ぎてしまう主な原因は「食べづわりによる食べ過ぎ」「生活環境の変化」があげられます。特に里帰り出産をする人は、動かなくても良い環境の上に美味しいご飯を作ってもらえて後片付けもないため、体重も増加しやすくなる人が多く、注意が必要です。妊娠をきっかけに退職・休職をして家にいる時間ばかりが急にできてしまった人も、その手持ち無沙汰からかお菓子に手が伸びてしまいがちのようです。

妊娠中の太りすぎを抑える工夫

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

では、妊娠中の太りすぎを抑えるには? 

毎日体重を測る

体重管理の基本は、毎日の体重の変化を見ることです。体重計に乗って記録をとり続けることで、体重の推移が一目で分かります。できれば1日に朝と夜の2回測るようにしてください。体重変化の水位をあいまいにせず、細かく記録すれば日頃の生活の意識付けや病院での対処がしやすくなります。

1日3食決まった時間に食べる

必ずしもいつも同じ時間にしなくてはならない訳ではありませんが、自宅で過ごしている間の食事の時間の目安を決めておき、それに沿った生活リズムで過ごすことで「規則正しい生活」につながります。決まったリズムで1食1食を大切に、きちんと食べることで間食を防ぐ効果が期待できます。しかしお腹が大きくなってくると少し食べただけでも苦しくなることがあります。そのような方は3食にこだわらず、小分けにして5食食べるというようにすると、楽になることがあります。

その日食べた物を記録する

「レコーディングダイエット」とも呼ばれる方法ですが、1日の中で自分が何を食べたのかを記録することは体重の管理とコントロールにとても有効です。朝と夜の体重も併せて細かく記録すると、自分にとって太りやすいと予測できる食べ物が分かる、前日の食事量とのバランスがとりやすくなるなど、より意識的な体重管理ができます。記録することが習慣となって、さらにそれが楽しみや励みとなれば、もう「太ること」とは無縁といえるでしょう。

カロリーの低い食べ物を食べカロリーの高いものを控える

妊娠によるつわりは強烈で、どうしても食べなくてはいられないこともあります。ストレスをため込み過ぎてますます過食してしまうようなら本末転倒です。食べつわりにはカロリーの低い食べ物をこまめに食べて対策するのも1つの手。寒天や春雨、小魚、昆布などカロリーが低くてよく噛むものを食べて急激な体重増加を回避しましょう。高カロリーのものがやたらと食べたくなる種類のつわりもあるかと思いますが、ここ一番までしのぐなどして、できる限りカロリーの高いお菓子や食事は控えましょう。

食欲が止まらないときは野菜や海藻類を楽しんで食べる

ある時たくさん食べたい時期が訪れるものです。常にそんな気分である場合にもおすすめなのが「いつものサラダをランクアップさせてみる」ということです。いままでに食べたことはあるけど自宅では買ってまで食べなかった野菜や、海藻、ナッツなどをプラスする。ドレッシングを手作りしてみるなど、体のために食べなくてはいけないという意識を、「楽しみ」にシフトしましょう。無理なく制限が成り立ち、お腹は満足。気分も晴れます。

飲み物は「水」か「お茶」にする

ご存知の通りジュースやスポーツ飲料には砂糖がたくさん入っています。野菜ジュースなど身体によいとされるタイプの飲み物も同様で、補助を意識して飲みたいのであれば、これらは軽食として扱ったほうが妊婦には合っているといえます。日頃の水分補給は「水」か「お茶」がベスト。お腹の赤ちゃんに飲ませてあげているイメージで飲み物を選ぶと、気をつけやすいのではないでしょうか。

マタニティダイエットの心得とおすすめダイエット方法8つ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

全ての妊娠時期に共通であるのは「体に負荷のかかりすぎる運動ダイエットは避ける」「適度に取り入れる」「赤ちゃんに栄養を送ることが最優先」ということです。マタニティダイエットは痩せて細くなることが目的ではなく、思うように動けず運動不足となるのを避ける、余分となる脂肪をつけない・減らすことが目標です。安心でおすすめできるマタニティダイエットを厳選しましたので、ぜひ参考になさってくださいね。

【安心マタニティダイエット:1】和食中心の食生活にする

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠中の食生活のポイントは「1日で摂取する総エネルギー量を減らしつつも、赤ちゃんの発育に必要となるたんぱく質・ビタミン・ミネラルはしっかりと摂取すること」。毎日の食事内容を和食にすればそれがとても満たしやすいのでおすすめです。野菜がたくさんとれ、食材もいろいろなものが組み合わせられており、揚げ物などによる油の摂取にも気を配れます。お味噌汁を根菜類がたっぷり含まれたものにすれば腹持ちも抜群、食物繊維も豊富で通じにも効果的で、もちろん体も温めてくれるなど嬉しいことばかり。バランスの取れた和食は胎児の発達にも良く、ママにとっても食べる量を減らさずに済むので無理なく続けられます。

【安心マタニティダイエット:2】ヘルシーなおやつ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠中はある程度決まった時間に3食とることが大切なのですが、朝・昼・晩の3食の間にお腹が空いてしまいがち。つい甘いお菓子をつまんでしまいたいところですが、ここは我慢のしどころです。どうしても耐えられないときは、寒天で作ったゼリーやわらび餅、便秘に効くプルーンやいちじくなどの果実、アーモンドなどの木の実類やなど、ヘルシーなおやつで回避しましょう。また、甘いお菓子を絶つ方法としては1日3食の食事を5回に分けて少しずつ食べるという手段もあります。

【安心マタニティダイエット:3】こんにゃくレシピを有効活用

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「こんにゃくダイエット」でその栄養と効果の高さが話題となり、いまだにダイエット方法として定評のある「こんにゃく」は、妊婦にとっても強い味方です。例えば、和食中心の食事の効果をさらに上げたい人には「しらたきご飯」がおすすめ。こんにゃくを使用したレシピは、食べる量をキープしつつカロリーがしっかり押さえられ「ストレスになりにくいので続けられた」と先輩ママさん達から太鼓判を押されています。

【安心マタニティダイエット:4】食べる順番に気をつける

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

お腹がすいたとき、まず最初に甘いものや炭水化物、油ものに手がのびがちですが、いきなりそのようなものを食べてしまうと、一気に血糖があがってしまい脂肪がつく原因となります。食べたい気持ちをぐっと抑えて、サラダから食べる、白湯やお味噌汁を飲むなどすると血糖の急激な上昇を抑えられます。同じものを同じ量食べていても、食べる順番を変えるだけで、体重の増えすぎが抑えられますよ。

【安心マタニティダイエット:5】ウォーキング

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠中はどの時期も激しい運動やお腹に力が入るような運動は避けるもの。妊娠が進むにつれてお腹が大きく重くなると、さらに運動するのが難しくなっていきます。そんな中でも「ウォーキング」は気軽に始められて体調を見ながらの調節もしやすく、特に指導を受けずとも日常的に行うことが出来て魅力的。歩くことによって血行が良くなり、むくみや便秘の予防にもなり、気分転換にもうってつけです。最初はのんびりペースで始めて、1日に30~40分くらいを目安に散歩してみましょう。坂道や階段は避けて、平らで緑の多い道を選んでくださいね。

【医師監修】妊娠初期に運動しても大丈夫? 注意点とおすすめの運動方法

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/108

妊娠初期は、つわりや眠気に襲われ、体調が安定しない時期ですね。すっきりさせるために身体を動かしたいけど、妊娠初期に運動しても大丈夫? 答えはイエス。注意点を守れば体を動かしてもいいのです。妊娠0~3週目である妊娠超初期は着床するまでの期間なので、妊娠に気づかない人も多く運動していても問題はありません。

【安心マタニティダイエット:6】マタニティスイミング

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

マタニティスポーツの中でも人気の高い「マタニティスイミング」。安定期に入り医師に体調に問題がないと判断されたらぜひ挑戦してみましょう。水の中では浮力があるのでラクに体を動かすことができ、転んでもケガをしにくいことから、スイミングは妊婦に向いている運動であるといえます。無理のない全身運動が体重管理につながるだけでなく、妊娠したことによって症状となってしまった腰痛や肩こりの解消にも効果的。リフレッシュ効果もとても期待できます。特にスクールに通わずに水中を歩くだけでも効果があるのですが、スクールには専門のインストラクターが泳ぐ前後に体調のチェックをしてくれる、助産師さんのサポートがある、などのメリットが多くあります。より安心で安全に楽しむためにも、妊婦に負担のない水温や室温、水質など管理の行き届いた施設を選ぶことが大切です。

【安心マタニティダイエット:7】マタニティヨガ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

最近では産院で助産師さんが指導員として教えてくれるマタニティヨガ教室が開かれることも多く、妊婦の運動としてすっかり定番となった「マタニティヨガ」。無理のないストレッチと呼吸法で、心の安定を図ることができるのが人気の秘密です。特に肩こりや腰痛などの悩みがなかなか改善されずに悩んでいる人にはおすすめ。教室に通わずに自宅でDVDを見ながら行うのも良いのですが、ヨガのポーズの中には妊娠中には控えるべきものもあるため、注意が必要です。妊婦の体調はとてもデリケート。切迫早産の診断がされている人は特に自己判断で行わないようにし、マタニティヨガをはじめる時は事前に医師に相談しましょう。しっかりとした指導者に教えてもらうことが大切です。

【安心マタニティダイエット:8】マタニティベリー

マタニティーヨガ、マタニティースイミングが定番となった今、マタニティーベリーも最近注目を集めています。ベリーとはベリーダンスのこと。音楽に合わせて振付をすることで、飽きずに、時間はあっという間に過ぎます。また、ベリーダンスは骨盤の動きを意識するので、出産時に必要な骨盤底筋群が鍛えられ、それだけではなく妊娠中、産後の尿漏れなどのマイナートラブルの解消にもつながります。ヨガと同じように妊娠中には控えるべき動作があるので、しっかりとした指導者のもと、行ってくださいね。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊婦が太り過ぎてはいけない理由と安全なダイエット方法をご紹介しました。妊婦のダイエットは無理が禁物で、痩せて細くなることが目的ではありません。日頃の健診で医師から注意を受けていないのであれば、まず大丈夫。気にし過ぎ、頑張り過ぎはひどい貧血状態や体力不足、赤ちゃんの低体重などを引き起こすことがあります。何事も適度が大切といえます。

妊婦でもできるストレッチはお産に必要な筋肉を鍛え、体をほぐすことで安産体質に近づくので、こちらもおすすめです。旦那さんにも協力してもらい、ママと赤ちゃんの安心と安全を第一に! このマタニティライフをより良いものとしてくださいね。

【医師監修】妊婦の体重管理に役立つ5つの食事方法と運動

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/158

妊娠中、体重が増えすぎると焦ってしまいますよね。つわりが軽くなって食欲も増し、気づくと血圧や血糖に影響がでることも。体重管理はとても大切ですが、闇雲に減らすのも問題です。普通の減量ブログで紹介されているようなダイエットは避けましょう。今回は妊婦さんが適正体重を保つための食事&運動をご紹介します。

【医師監修】妊娠中の体重管理は重要! 体重増加推移の目安は?

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1309

妊娠中には、理想とされる体重の増加推移があります。今回は妊婦さんの体重の管理方法をお伝えします。

【医師監修】妊娠後期は体重の増えすぎに注意すべき理由とは?

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1189

「おなかの赤ちゃんの分まで食べなさい」と勧められるままに食べていては、あっという間に体重オーバーになってしまう妊娠後期。検診での体重測定に毎回ドキドキしてしまう妊婦さんも多いのではないでしょうか。自分はもちろん、赤ちゃんのためにも重要な体重管理。理想の増加目安と管理のコツについて知っておきましょう。

【医師監修】妊娠中の適正体重って? 増加の目安とNG行動

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1364

近年の女性たちは太りたくない人が増えているため、妊娠中も適正な体重増加より低い場合もあるようです。妊娠中は血液や胎盤、赤ちゃんなどにより体重が増えるのは当たり前で、必要以上に体重制限をするのはよくありません。その理由を紹介します。

関連する投稿


【医師監修】便秘解消の基本って? 主な原因と注意したい体への影響

【医師監修】便秘解消の基本って? 主な原因と注意したい体への影響

女性は便秘に悩まされがちですが、便秘が続くと、単にスッキリしないというだけでなく、お肌や体にさまざまなトラブルがもたらされます。ここでは、そんな便秘から開放されるための便秘解消法をご紹介していきます。


【医師監修】更年期障害の最新治療法とは? 薬や期間・治療費まとめ

【医師監修】更年期障害の最新治療法とは? 薬や期間・治療費まとめ

更年期障害の治療方法にはどんなものがあるのでしょうか。更年期障害の症状は個人差があるので軽く済む女性もいる一方、日常生活がままならないほど深刻な症状が出る方も。今回はプラセンタ注射など更年期障害の治療法、漢方薬などの治療薬の治療費、治療期間などについてお話します。


【医師監修】これって更年期障害? よくある症状(頭痛・動悸・吐き気)まとめ

【医師監修】これって更年期障害? よくある症状(頭痛・動悸・吐き気)まとめ

40代、50代になって妙にイライラすると感じたら、更年期障害かもしれません。更年期障害の症状は驚くほど多岐に渡っています。頭痛や吐き気、動悸など他の病気でも起こる症状が更年期障害のせいで現れることも。「性格が短気なせい?」と誤解して自分を責めないよう、心と身体に出る代表的な症状をご紹介します。


【医師監修】起立性調節障害になる原因と症状に対する治療薬まとめ

【医師監修】起立性調節障害になる原因と症状に対する治療薬まとめ

子どもの寝起きが悪いと毎朝起こすのが大変ですよね。いくら起こしても起きない子どもにイライラすることも・・・。実は起立性調節障害と言う障害かも知れません。「原因は?」「どんな症状が出るの?」「薬で治療できる?」「低血圧も関係している?」など気になる疑問に答えます。


【医師監修】子どもの癇癪(かんしゃく)の正しい対処法とは?

【医師監修】子どもの癇癪(かんしゃく)の正しい対処法とは?

子どもの癇癪がひどい・・・と参っていませんか?1歳~2歳から始まる癇癪は次第に落ち着きますが、障害のせいで8歳~9歳になってもおさまらない場合も。無視など間違った対処法は逆効果になる可能性があるので、正しい対処法をお伝えします。あまりにも激しい時は市販の漢方薬や病院に相談することもご検討下さい。


こんな記事も読まれてます
Recommended by

最新の投稿


トーマス映画の鉄板おすすめ3作品、人気の理由は?

トーマス映画の鉄板おすすめ3作品、人気の理由は?

大人気のテレビアニメ『きかんしゃトーマス』。2017年春には、最新のトーマス映画『きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち』が公開され、興行収入はトーマス映画史上最高の1.3億円を記録して、話題を呼び人気を集めました。子どもから大人まで楽しめる『きかんしゃトーマス』、今回は劇場版の魅力をご紹介していきます。


妊娠中、インフルエンザの予防接種はすべき? 胎児への効果とは【ママ女医と娘の○○な日常 vol.16】

妊娠中、インフルエンザの予防接種はすべき? 胎児への効果とは【ママ女医と娘の○○な日常 vol.16】

今年は例年より早くインフルエンザが流行することが予想されています。周囲でも、インフルエンザの患者さんがちらほら出ています。今回は、特に注意して欲しい妊婦さん向けに、インフルエンザワクチンの話を紹介していきます。


【医師監修】幼児の夏バテ予防と解消法! おすすめの食べ物は?

【医師監修】幼児の夏バテ予防と解消法! おすすめの食べ物は?

うだるような暑い夏。暑いとスタミナがなくなるという人も多いのではないでしょうか? 子どもの元気がないなと思ったらそれは夏バテかもしれません。幼児の夏バテ予防や解消法をチェックしてみましょう! 夏バテにおすすめの食べ物もご紹介します。


子どもの習い事はいつから?おすすめの習い事や長く続けるコツを紹介

子どもの習い事はいつから?おすすめの習い事や長く続けるコツを紹介

親にとって、子どもが習い事をしたいと言えば、やらせてあげたいものです。習い事は子どもの心の成長にも役立つもので、長く続けることで忍耐力も付きます。しかし、習い事を始める時期がわかりにくく、どんな習い事をさせるべきかは迷ってしまうでしょう。習い事を長く続けるコツや、辞め時なども紹介します。


【医師監修】赤ちゃんの紫外線対策は? 夏のお出かけで気をつけたいこと

【医師監修】赤ちゃんの紫外線対策は? 夏のお出かけで気をつけたいこと

赤ちゃんの肌は非常に薄くてデリケートです。夏のお出かけ時には、紫外線対策を忘れてはいけません。赤ちゃんや幼児にピッタリの紫外線対策をチェックしてみましょう。お出かけシーン別の紫外線対策も確認しましょう。