ママのための悩み解決サイト
【医師監修】排卵日前後によくある3つの症状と体調が悪くなる原因

【医師監修】排卵日前後によくある3つの症状と体調が悪くなる原因

排卵日の症状が辛い・・・とお悩みではありませんか?生理中も心身のバランスを崩しがちですが、排卵期はどうでしょうか。下痢やほてり、腹痛、おりものが増え下着が濡れる・・・など異変が現れるケースも。具体的な症状や原因、不安定な体調と上手く付きあう方法、妊娠やPMSの可能性についてお話します。


この記事の監修ドクター
なかむらレディースクリニック 中村容子先生
日本産科婦人科学会専門医、臨床遺伝専門医、抗加齢医学会専門医、女医+(じょいぷらす)所属。当院は、不妊治療・体外受精専門の婦人科クリニックです。患者様それぞれにあった、こころとからだに優しい生殖医療を提供いたします。
http://towako-nakamura.com/

排卵日っていつ?辛い症状が出やすいの?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

生理後は卵胞期と呼ばれ、お肌がツヤツヤとし調子が良くなり、体も痩せやすくなり、心もやる気に満ち溢れるなど良いこと尽くしの期間が始まります。しかし卵胞期のあとには「排卵期」があります。成熟した卵子が卵巣から卵管へと放出されることを「排卵」といい、排卵期とは、この排卵が起こる日(排卵日)の前後の数日間のことを指します。多くの女性が排卵期には、腹痛、腰痛、眠気、吐き気、胸の張り、だるさ、下痢などの症状を抱え苦しんでいるのです。さて、この排卵期の体調不良ですが、排卵日のどのくらい前から症状がでるのでしょうか。またいつまで続くのかもかなり気になるところですよね。

・排卵日は生理の何日前?

まずは排卵日について、排卵日は次の生理が始まる大体2週間前、12~16日前くらいになります。ご存じの通りその期間が妊娠しやすい期間ですね。では排卵期の体調不良の症状がでるのはどのくらいの時期かと言うと、個人差はありますが、排卵日を挟んで2~3日の間その症状に苦しめられることが多いです。

・「不調なし」の女性も

人によっては全く排卵期の痛みや、体の不調を感じない人もいますし、また場合によっては排卵日前後2〜3日では済まずにもっと長く、痛みや吐き気などの体の不調が続くこともあります。2~3日間というのは一般的にそんなに長い期間ではありませんが、何か原因があるわけではなく周期的にやってくる腹痛や腰痛、そして頭痛やだるさにみなさんもかなりお悩みのことでしょう。

「なぜ女性だけがこんなに辛い思いを!?」と恨めしく思ってしまわれる方も多いでしょう。しかしその排卵のおかげで私たちは子どもを授かることができ、家族を持つことができます。また、痛みは悩みの原因になるかもしれませんが、大切なのは痛みをストレスに変えないことです。痛みを全くないものにすることは難しいかもしれませんが、なるべく安定した気持ちを保てるように一人で悩みすぎないよう心がけましょう。

・気にしすぎるのもNG

あまりにも痛みがひどいようであれば、婦人科の受診をオススメしますが、「排卵日が近いから」と自分にストレスをかけ過ぎないようにしましょう。

【医師監修】1番妊娠しやすい日と時間帯は?排卵日との関係性

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/31

真っ暗なトンネルに一人立ちつくしているような気分になっていませんか?自分や相手の体について知識と理解を深めることで、効率の良い幸せな妊活ができるとしたら? 妊娠しやすいタイミングを知って、一歩ずつ進んでいきましょう。

排卵日前後の症状 その1. 腰やお腹の痛み

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

先ほどご紹介したように、排卵日前後の症状としては腹痛、腰痛、眠気、吐き気、関節痛などの体調の変化が多く聞かれます。中でも多いのは、腰がだるく重くなって感じる腰痛や子宮の辺りがズキンズキンと痛む腹痛で、「排卵痛」とも呼ばれています。

排卵日前後の症状 その2. 眠気やだるさ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

排卵日前後の症状として人によっては眠気やだるさを感じる場合もあります。それはこの時期に黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌され始めるためです。黄体ホルモンは、受精卵が着床しやすいように子宮内膜をやわらかくし、受精卵の着床が成立すれば妊娠の継続を助ける働きがあるホルモンですが、「眠気をもたらす作用」と「体温を上昇させる作用」があります。このため、黄体ホルモンの分泌量が高くなると、眠気やだるさを感じやすくなるのです。

睡眠不足や生活習慣の乱れが、この眠気やだるさに影響を及ぼします。生理周期に影響を受けやすい女性の身体を、面倒だと感じることもあるかもしれませんが、一生付き合っていかなければならない大切な身体ですので、大事にしていきましょう。

排卵日前後の症状 その3. 吐き気を伴う頭痛やめまい

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

排卵日前後に頭痛やめまい、吐き気など一見排卵とは関係のなさそうな症状に悩む女性は少なくありません。実は生理痛としても吐き気を伴う頭痛やめまいは珍しくありませんよね。なかには普段はめったにそれらの症状はないのに、本当に排卵日の前後だけ頭痛やめまい、吐き気に見舞われている人もいます。

・排卵日に頭痛などの不調を出さないために

具体的には、早寝早起きなどの生活習慣の見直しや、夜寝る間際での飲食をやめること。また、胃に負担となるような飲み物を控え、ストレスも上手く発散する方法を見つけることが、これらの症状を緩和する第一歩となります。

おりもので下着が濡れる!排卵日前後の症状

排卵日前後は、体調の変化だけでなく、おりものにも変化が出ます。実は、排卵期はおりものの量が増える時期。特に排卵日の2~3日前がもっとも量が多くなります。おりもので下着が濡れて困る・・・なんてケースも。この時期のおりものは透明でとろみのあるゼリー状。よく伸びるのが特徴です。
ただし、おりものの量には個人差があり、また、体調によっても変化するため、おりものの量が多いからといって必ず排卵期であるかというと、そういうわけでもありません。排卵期や排卵日を特定するには、排卵検査薬を使用する、婦人科で検査を受ける、などした方が安心です。

【医師監修】排卵日を把握することが大切! 産み分けのポイントまとめ

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/765

赤ちゃんを望んでいる時、「男の子・女の子がいい」などとどちらかの性別を希望する人も多いのではないでしょうか。ランダムで決まるとも思える性別は、方法次第で希望通りにすることは可能なのでしょうか? 今回は、排卵日や精子の性質などを活用した産み分け方法についてまとめました。

【医師監修】1番妊娠しやすい日と時間帯は?排卵日との関係性

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/31

赤ちゃんが欲しいなら1番妊娠しやすい日を狙いましょう。妊娠しやすい日の知識がないと、真っ暗なトンネルに一人立ちつくしているような気分になってしまいます。自分や相手の体について知識と理解を深めれば、効率の良い幸せな妊活ができます。妊娠しやすいタイミングを知って一歩ずつ進んでいきましょう。産後妊娠希望の方も必見の内容です。

妊娠したい時は役に立つことも

排卵日前後に必ず不調が出ると、精神的にも憂鬱になってしまいますよね。ただ、排卵日のいつもと違う症状は、プラスに捉えることもできます。というのも、排卵日の前後はもっとも妊娠しやすい時期なので、妊娠を希望している場合は、そこにタイミングを合わせて性行為をすることで、妊娠の確率を高めることができるからです。排卵日前後の体調の変化は、排卵日を特定する参考材料になるので、いつもと違う心身の変化を敏感にチェックしておきましょう。

【医師監修】妊娠したい女性が必ず知っておくべき4つの秘訣

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/995

「赤ちゃんは自然に授かるもの」とも言われていますが、確実に妊娠出来る方法はありません。ただし、妊娠確率を上げて妊娠を目指す上で、日々の食事や生活習慣、心身の健康などを見直すことも大切になります。実際に妊婦になるにはどんなことに気をつけていくべきなのか、見ていきましょう。

【医師監修】妊娠しやすい時期っていつ? タイミングの見極め方

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1213

妊娠を望んでいるなら、妊娠しやすい時期を把握し、そのタイミングに合わせて、パートナーと集中的に性行為をすることが大切です。では、妊娠しやすい時期とは、一体いつなのでしょうか?そのキーワードになるのが女性の「排卵日」です。ここでは、排卵日がどういうものなのかや、排卵日の見極め方などをご紹介していきます。

また、排卵日の不調を妊娠と勘違いする女性もいらっしゃいますが、排卵日に性行為を行っても妊娠が成立するまでにはもう少し時間がかかります。妊娠検査薬も生理予定日近くにならないと反応しませんし、着床が成立しなければ身体に具体的な症状は現れません。

なぜ排卵日に嫌な症状が出るの?

排卵日前後に体調不良を引き起こす原因には、ホルモンの急激な変化が関係しています。月経期には分泌が減少する卵胞ホルモンは、生理が終わって排卵期に近づくにつれ増加します。その影響で子宮内膜が厚くなり、様々な症状が出ると考えられているようです。

辛い排卵日の症状を緩和させる3大要因

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

まずは生活を見直してみましょう! 女性ホルモンのバランスが崩れることで、排卵日前後の体調不良が起こることをご紹介しました。ということは、なぜ女性ホルモンが乱れてしまうのかを考えれば、自然と対策が見えてきますよね。それには次挙げられる3つの理由が考えられます。

□不規則な生活
□食生活の乱れ
□体の冷え

これは生理の時に起こる、生理痛の改善方法とも似てきます。睡眠は適切にとれていますか? また外食ばかりで、栄養に偏りのある食事ばかりになっていませんか? 毎日の生活を記録し、少しずつで大丈夫なので、正せるところを正していきましょう。

実は、現代の女性に排卵日前の体調不良や生理痛の深刻さが、以前に増してみられることには、不規則な生活と食生活の乱れが影響しています。仕事が休みの日や可能な限りで良いので、寝る前にスマートフォンやパソコンを触る時間を削ってみたり、遅くまで外出するのを控えてみたり、少し工夫をしてみてください。

また、体の冷えも女性にとっては悩みの種ですよね。冷えだけでも辛いのに、その冷えが排卵日前後の痛みや不調を、生み出していると知ったらどうでしょうか。子宮を冷やさないよう着るものに気を付けるのはもちろん、冷たい飲み物や食べ物の摂取を控え、適度な運動を心がけましょう。それでもよほどの辛い痛みが続いたり、毎月痛みに苦しめられたりする場合は、早めに病院で相談をしましょう。

PMSかも知れない

排卵日前後の不快な症状があまりにも辛い時、PMS(月経前症候群)かも知れません。どうしても耐えられないほど心身の症状がきつい時は、婦人科や産婦人科を受診して下さい。ピルや漢方薬などで、症状が楽になる可能性があります。

【医師監修】生理前に落ち込むのは月経前症候群? 月経前症候群のさまざまな症状

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/764

生理が近づいてくると、下腹部が痛くなったり乳房が張ってきたりする人も少なくないはず。また、身体の不調だけではなく、イライラしたり、落ち込んだりすることも。今回は、生理前の身体や心に現れる「月経前症候群(PMS)」について解説します。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

女性の身体と心は、月経周期によって大きく影響を受けます。生理痛は良く知られていますが、排卵痛も人によってはかなり痛みが大きく、悩んでいらっしゃる方も多いですよね。「いつもと違いなし!」なんて方もいれば、下着が濡れてしまうほどおりものがたくさん出る、ほてり、頭痛や腹痛、おならが増える・・・など、いつもと違い症状に見舞われる方も。できれば痛みやイライラのない楽しい毎日を過ごしたいですが、なかなかそうもいかず、苦しんでいらっしゃる方も多いのではないか、と思うと何とか力になりたいという気持ちにかられます。

まずは生活習慣や食生活を見直し、良い睡眠やリラックスした時間を過ごすことで、なるべくストレスをためないように、自分で工夫をしてみてください。また痛みの正体が、自分の体が正常に機能している証拠だと、知ることも大切です。排卵がなければ、妊娠することもできませんし、体のサイクルが狂ってしまうことになります。一生付き合っていく、あなたの大切な体ですから、排卵日計算や排卵日前に自分によく起こる症状、体温の変化を把握しながら上手く付き合っていきましょう。
あまりにも辛い時はPMSの恐れもあるので、早めに病院を受診することをおすすめします。

【医師監修】排卵日前後はおりものが変化する? 注意したい体のサイン

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1086

下着が汚れるし、ニオイも気になるし、マイナスイメージのあるおりものですが、実は女性の体にはなくてはならない働きや役割を担っています。おりものを知ることは、自分の体を知ることにもつながります。排卵前後のおりものの変化や生理周期との関係を見ていきましょう。

【医師監修】排卵日は体調が変わる!? つらい原因と身体の4つの変化

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1109

排卵日近くや生理前になると、気分がすぐれない、体に痛みを感じるというような体の変化を感じている女性は意外と多く、悩んでいる女性も。でも「あとどのくらいで生理が始まるな」となんとなく感じる人もいるかもしれませんね。そこで、女性の体の機能と排卵、そして排卵時期に感じる不調の種類や改善についてのお話をします。

【医師監修】排卵日はオリモノが多い日?排卵日予測方法や病気について

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/65

「オリモノが多い」とお悩みではないですか?? オリモノは私たち女性にとってなんとなくうっとうしい存在ですよね。でもオリモノには大事な役割がたくさんあり、女性の身体を守るための情報をもった大切な存在なのです。今日はオリモノの状態からわかるさまざまなことをご紹介します。排卵日を予測する方法や病気のサインも必読です。

【医師監修】基礎体温は生理周期でどう変わる? 高温期や低温期って何?

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1300

基礎体温表をつけることは、生理周期や排卵日、体調の変化など、自分の体のリズムを把握するのに役立ちます。ここでは、生理周期と基礎体温の変化との関係や、基礎体温からわかること、基礎体温の正しい測り方などをご紹介していきます。

PR もしかしてあなたも「”葉酸”はどれも同じ」って思っていない?

【医師監修】生理前の憂鬱に効果的な薬やピルの6つの対処法

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/116

生理前は憂鬱になりますよね。8割の女性が悩む生理前の不調。死にたくなるほどイライラして仕事を休む女性も少なくありません。それはどうして起こるのでしょうか? その原因を解説し、漢方薬やピルなど、誰にでもできる簡単な対策方法を6つご紹介するので、生理前の憂鬱な気分の改善、解消に役立てて下さい。

関連する投稿


葉酸サプリの種類や選び方は?おすすめ商品の成分を徹底比較!

葉酸サプリの種類や選び方は?おすすめ商品の成分を徹底比較!

妊娠中に起こりうる赤ちゃんの先天性障害。そのひとつである「神経管閉鎖障害」の予防に役立つとされているのが葉酸です。葉酸を効率的に摂取できるさまざまな種類の葉酸サプリが販売されていますが、どのように選べばよいのでしょうか。葉酸の種類や配合量、人気やコスパなどを徹底比較します。


薬局・ドラッグストアで手軽に買える葉酸サプリの選び方

薬局・ドラッグストアで手軽に買える葉酸サプリの選び方

妊娠中に重要とされる葉酸は、食事からだけでは十分な量が摂取できません。そのため、サプリメントなど健康補助食品からの摂取が推奨されています。葉酸サプリは薬局やドラッグストア、通販サイトなどで購入できます。購入前に葉酸サプリの選び方や利用方法を知っておきましょう。


妊活アプリで何がわかるの?人気のおすすめアプリ7選

妊活アプリで何がわかるの?人気のおすすめアプリ7選

妊娠したい方におすすめの妊活アプリってご存知ですか? 生理の周期や排卵日などを把握して、妊娠しやすい時期や妊娠しにくい時期を知らせてくれる妊活アプリ。基礎体温などを記録&一括管理して、次の生理日や排卵日を予測して大人気のアイテムです。また、おすすめの人気妊活アプリもご紹介します。


【医師監修】犬の回虫症ってどんな病気?感染経路や治療法、予防法を紹介

【医師監修】犬の回虫症ってどんな病気?感染経路や治療法、予防法を紹介

子犬のお腹が異常にふくれていたり、下痢や嘔吐を繰り返す場合は、「回虫症」にかかっているのかもしれません。ここでは、回虫症がどんな病気なのかや、治療法、予防法などをお話していきます。


先輩ママが伝授!妊活中・プレママが選ぶべき葉酸サプリは?

先輩ママが伝授!妊活中・プレママが選ぶべき葉酸サプリは?

なぜ、妊活中や妊娠中に「葉酸」が良いのでしょう?なんとなく体に良いから服用する……という女性もいるのではないでしょうか?今回はその「葉酸」について、必要な理由や、働き、そして気になる注目の葉酸を紹介いたします。


こんな記事も読まれてます
Recommended by

最新の投稿


つらい妊娠線のかゆみの原因と対処法は?

つらい妊娠線のかゆみの原因と対処法は?

妊娠線は見た目にも気になりますが、かゆみで悩む妊婦さんも多くいます。かゆいからと掻きむしってしまうと悪化し、跡になってしまうことも。妊娠中のかゆみを抑え、緩和するにはどのようなケアをすればよいのでしょうか。おすすめの対処法をお教えします。


30代の妊娠。葉酸の働きやサプリの効果を知って、出産の不安を解消!

30代の妊娠。葉酸の働きやサプリの効果を知って、出産の不安を解消!

初めての妊娠だけでなく、2人目、3人目の妊娠も増えてくる30代。育児に仕事に大変な時期ですが、妊娠中のトラブルも気になるところです。妊娠中のトラブルの中には葉酸の十分な摂取でリスクを低減できるものもあるので、ぜひ葉酸の働きや葉酸サプリについて知っておきましょう。


20代の妊娠。葉酸の効果や摂取時期について

20代の妊娠。葉酸の効果や摂取時期について

20代の妊娠は高齢出産に比べるとリスクは少ないものの、トラブルの可能性がゼロというわけではありません。健康的な妊娠生活を送るためにも、栄養面などは気をつけたいものです。特に妊娠中は葉酸を摂取する事が推奨されています。今回は、葉酸の効果や摂取する時期などを解説していきます。


ベビーベッドはいつまで使う?メリットとデメリット、選ぶ時のポイント

ベビーベッドはいつまで使う?メリットとデメリット、選ぶ時のポイント

使う?使わない!? 賛否両論あるベビーベッド。「レンタルでいい」という人から、「長く使うからいいものを買ったほうがいい」という人まで様々な意見があります。今回は、そんなベビーベッドについてじっくり解説していきます。


幼稚園は私立と公立どっちを選ぶ?それぞれの違いや特徴を徹底比較

幼稚園は私立と公立どっちを選ぶ?それぞれの違いや特徴を徹底比較

子どもが幼稚園に入る時期になると、幼稚園とはどんなところなのか知る必要があります。幼稚園には私立と公立の違いがあるため、それぞれの特徴を理解しておきましょう。どちらの幼稚園に通わせるべきか迷ったら、詳しい違いを比較することをおすすめします。