ママのための悩み解決サイト
【医師監修】赤ちゃんの突発性発疹はうつる?顔の症状や感染経路、治療の最新情報

【医師監修】赤ちゃんの突発性発疹はうつる?顔の症状や感染経路、治療の最新情報

赤ちゃんが初めて高熱を出したら、突発性発疹かも知れません。突発性発疹は乳幼児の発症率が高く、約90%の赤ちゃん、子供が感染、発症しています。母乳の免疫パワーが切れる妊娠中にお母さんから貰った免疫が低下する生後半年以降、この病気に狙われやすくなるのでご注意下さい。症状や感染経路、治療法、特効薬など、今すぐ知りたい情報満載


この記事の監修ドクター
有明こどもクリニック 小暮 裕之先生
地域の皆さまに信頼されるかかりつけの医療機関として、スタッフ一同、より質の高い医療の提供を目指してまいりますので、どうぞ宜しくお願いいたします。
http://child-clinic.or.jp/concept.html/

そもそも突発性発疹って??

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

赤ちゃんがかかりやすいという突発性発疹とはどのような病気なのでしょうか?

突発性発疹ってどんな病気?

突発性湿疹とは発熱と発疹をともなう感染症です。高い熱が3~4日続き、熱が下がると同時に、おなかや背中に赤い発疹が出ます。生後6~12カ月に多く、赤ちゃんにとって「生まれて初めての発熱」が突発性発疹というケースも珍しくありません。慌てずに経過観察をしましょう。乳幼児の発症率は90%ともされており、多くの子どもが経験する病気です。季節に関係なく発生し、水ぼうそうやはしかのように感染力が強くないのが特徴です。

突然の発熱・・・でも元気な時は突発性発疹かも!!

それまで通常通り元気にしていた赤ちゃんが急に38~39度、時には40度近い高熱を出します。高熱のわりには元気にしていて、熱は3~4日続いたあと、一気に平熱か37度台くらいまで下がります。それと同時か翌日くらいの頃に、おなか・背中を中心に大小不規則な赤い発疹が出て、半日くらいで身体中に広がります。2~3日は発疹も目立ちますが、次第に薄くなり消えていきます。あまりかゆみはおこりませんが、ときにはかゆがったりする場合もあります。また平熱に戻った後も、数日間はぐずる赤ちゃんもいるようです。40度近い熱が出ることもあるため親は不安になりますが、高熱のわりに赤ちゃん本人は機嫌もよく、元気もあるなど、全身状態がいいのも特徴のひとつです。

感染しやすい時期が知りたい!!

突発性発疹は、季節性はなく、1年を通して起こり得る病気です。また、症状の出るか出ないかに関わらず乳幼児期に大半の赤ちゃんが感染する病気です。2〜3歳くらいまでには、大半の子供に抗体ができるため、90%以上が1歳までに発症し、特に生後6〜12か月までにかかるケースが多いです。中には感染しても症状が現れない「不顕性感染」のケースもあり、約20〜40%がこれに該当します。

突発性発疹の症状の特徴は??

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

発熱の現れ方はどんな感じ??

突発性発疹の症状は、何の前触れなく38度以上の高熱が出ることから始まります。熱は高いけれども機嫌は良く、食欲が落ちることもありません。また、咳や鼻水などの風邪症状がみられないケースが多いです。

発疹はどうやって出てくる??顔にも??

3~4日程で熱がおさまってきた頃に、胸腹部を中心に赤く細かい発疹が現れます。おなかや背中を中心に大小不規則な赤い発疹が出て、半日くらいで身体中に広がり、顔にも発疹はでます。

2~3日は発疹も目立ちますが、次第に薄くなり消えていきます。あまりかゆみはおこりませんが、ときにはかゆがったりする場合もあります。

合併症リスクも教えて!!脳炎になることも??

突発性発疹では、命に関わるなどの重傷や後遺症を残したりすることは基本的にはありません。しかし、まれに「脳炎」「脳症」といった脳に関わる病気や、肝炎により肝臓が機能しなくなってしまう「劇症肝炎」、血小板の減少により出血しやすい状態が起こる「血小板減少性紫斑病」といった合併症を引き起こすこともあります。

合併症のサインには、次のようなものがあります。
・3日以上の高熱が続く
・激しい嘔吐がある
痙攣(けいれん)を繰り返す、3分以上のけいれんがある
・ぐったりして元気がない
・白眼が黄色くにごる
・多数の内出血が現れる

以上のような合併症のサインがあらわれた時には、すぐに病院へ受診し適切な治療を受けるようにしましょう。

熱性けいれんが起きても慌てないで!!

合併症として、熱性けいれんの多い年齢に発熱することから、「熱性けいれん」を起こすことがあります。突発性発疹で起こるけいれんのほとんどは熱性けいれんと呼ばれるもので、6歳までの小児(ほとんどが2歳くらいまで)が急激に発熱したときに起こるけいれんです。この熱性けいれんは、ほとんどの場合数分以内で治まり、特別な治療も必要としません。 つまり、あまり心配する必要はありません。

ごくまれに「複合型」と呼ばれる、15分以上続くけいれんとなる場合があります。脳への影響や再発しないかどうか経過を見るために入院管理となります。

しかし、熱性けいれんはほとんどがほとんど心配のいらないけいれんなので、重症になることはごくまれです。

うつる病気??突発性発疹の感染経路をチェック!!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

突発性発疹の原因はヘルペスウイルスへの感染!!

「HHV-6(ヒトヘルペスウイルス6型)」「HHV-7(ヒトヘルペスウイルス7型)」という名前の2種類のウイルスが突発性発疹の原因です。「HHV-6」と「HHV-7」はともに初感染の時期におよそ10日間潜伏期間があり、発症したときにはすでに感染力は弱まっていると言われています。感染するとウイルスはずっと身体の中に残って、唾液によって少しずつ排出されます。

新生児は「移行抗体」といって、母親の抗体を持ちながら産まれてきます。そのため新生児期にこの病気が発症することはほとんどありません。しかし、生後0~5か月の乳児では、母親からの移行抗体が消え始めるため、特に6か月以降ではかかりやすくなります。

感染経路は?? 原因不明ってホント??

感染経路としては、食事などを介して感染する「経口感染」または、呼吸器を通して感染する「経気道感染(飛沫感染)」だと言われています。しかし、なぜ感染が起こるかについては、はっきりとした原因は解明されていません。ウイルスのDNAは子宮頚管粘液からも検出されるので、妊娠28週〜産後7日の周産期中のウイルス感染も、一つの感染経路として考えられています。

また、感染経路の多くはすでに感染し抗体を持っている親や兄弟です。ヒトヘルペスウイルス6型、7型は1度感染すると2度目は発症はしにくくなります。

突発性発疹は他の子にも感染する?

大人はすでに突発性発疹の抗体ができているのでうつることはありません。また4歳以降の子どもも、ほとんどの場合が抗体をすでに獲得しているのでうつることはないと考えてよいでしょう。この抗体は1歳までに86%の子どもが獲得すると言われてはいますが、まだ突発性発疹の症状が出たことのない4歳未満の兄弟であればうつることがあります。

基本的には、突発性発疹の感染源ウイルスであるヒトヘルペスウイルス6型、7型は感染力の弱いウイルスと言われていますが、子供に感染し発熱している時期には感染力が上がります。兄弟間でうつさないためには、子供に感染し発熱している時期の感染予防が重要となります。
また、他には、先ほどもお伝えした通り、感染した乳幼児の唾液がついた手で触ったオモチャなどを共有することによっても感染します。

熱が下がれば一安心!!

発熱がおさまってしまえばウイルスの感染力は元どおり弱くなります。発疹が残った状態であっても、解熱をして1日程度経過すれば兄弟間でうつる心配はほぼしなくても大丈夫でしょう。

感染から発症するまでの潜伏期間は10日程度です。しかし、発疹が出た際にはウイルスはかなり減少しているため、感染力が低下しています。また、「不顕性感染」と言って、感染しても症状が出ないケースが2割から4割程度あると言われています。

突発性発疹はどうやって治療するの??ケア方法は??

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

突発性発疹の特効薬はある??ない??

突発性発疹に対する特効薬はありません。病院で受診すると発熱に対して解熱剤が処方されることがあります。解熱剤を使用する適切なタイミングは、赤ちゃんが発熱でグッタリとしているとき、食欲低下、睡眠困難なときとなります。

熱が出始めるタイミングで、熱性けいれんを引き起こす赤ちゃんもいます。また、突発性発疹という確定診断が出来るのは、熱が下がり発疹が出てからです。この間はほかの病気の可能性も否定することはできないので、高熱=突発性発疹とは思い込まず、熱が数日続くときは病院を受診するようにしましょう。

自宅では安静と水分補給が大切!!

2歳までにかかるため、発熱時の対応がメインになります。
• 安静と十分な睡眠で免疫力が落ちるのを防ぐ
• 水分補給を行う
• 高熱で辛そうな時は解熱薬を使う。しかし、解熱剤を使っても時間がたつと再び発熱する

以上のことに気を付けてください。特に、脱水を防ぐための水分補給は大切です。

熱が出ている時は水分をこまめに補給し、全身状態に変化がないかについてよく観察しましょう。特に、生後2カ月未満の赤ちゃんの高熱には非常に注意が必要です。他の重い病気の可能性も残っているので、必ず小児科を受診してください。また、以前熱性けいれんを起こしたことがある子も、必ず診察を受けて下さい。

突発性発疹と診断が確定したあとは、安静と水分補給に注意しておけば、特に心配のいらない病気です。特別の薬なしでも治る病気で、合併症などもほとんど生じません。なお、どの子も一度は経験する病気と思われていますが、かからない子もいます。2~3才までにかかることがなければ、その後にかかることはまずないでしょう。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

いかがでしたか? 多くの子どもが一度は経験するという突発性発疹。しかし、赤ちゃんが急に高熱を出したら慌ててしまいますよね。様子を見て、病院へ行きましょう。発疹の他、熱が出ているのに妙に元気なら、突発性湿疹の疑いがあります。残念ながら特効薬はありませんが、他の病気にかかっている恐れもあるので正確に診断して貰うことが大切です。大人は感染することがないですが、小さいお子さんが他にもいる場合は感染しないように気を付けてください。うがい、手洗いが有効な対策になります。

【医師監修】38度は病院に行くべき? 赤ちゃんが高熱を出したときのケース別対処方法

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/358

赤ちゃんの高熱はそれほど珍しいことではありません。昨日まで元気だったのに、突然熱が上がることも多くあります。それほど珍しくないとはいえ、その高熱がただの風邪なのか、他の病気なのか判断するのは難しいもの。このようなときは、すぐに病院に行くべきなのでしょうか。赤ちゃんの急な発熱についての正しい知識や対処法をまとめています。

【医師監修】赤ちゃんが食物アレルギー反応を起こす原因と症状

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/48

食事の後、気がつくと赤ちゃんの皮膚に湿疹ができている!、そんな経験はありませんか? 今では約10人に1人の赤ちゃんが、食物アレルギーだといわれています。今回は食物アレルギーの原因と症状にはどんなものがあるのか、食物アレルギーの治療法についてもご紹介します。

【医師監修】手足口病の症状の特徴、他の病気との見分け方

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/956

手足口病はその名の通り、手や足、口などに発疹が出るウイルス性の感染症です。稀に合併症を引き起こすこともありますが、だいたいは軽症で済むので、手洗いうがいをはじめとした衛生管理をして予防しましょう。

関連する投稿


子どもに薬を上手に飲ませる方法 【ママ女医と娘の○○な日常 vol.7】

子どもに薬を上手に飲ませる方法 【ママ女医と娘の○○な日常 vol.7】

子どもは病気にかかりやすいもの。特に生後半年頃から、お母さんから受け継いだ免疫(移行免疫)がなくなり、風邪をひきやすくなります。そうして徐々に自分の免疫をつけていくのですが、看病で疲れてしまっている親御さんも多いのではないでしょうか(私もその一人です…)。


解熱剤を使う? 子どもが風邪の時、判断の仕方【ママ女医と娘の○○な日常 vol.6】

解熱剤を使う? 子どもが風邪の時、判断の仕方【ママ女医と娘の○○な日常 vol.6】

子どもが風邪で熱を出すと心配ですよね。「解熱剤をもらってきたけど……あまり薬は飲ませたくないし、でも、熱が高くて心配だし……」そんな風に悩んだことはありませんか? 今回は「解熱剤の上手な使い方」のコツについてお話します。


【医師取材】日射病・熱射病・熱中症の違いは? それぞれの予防法

【医師取材】日射病・熱射病・熱中症の違いは? それぞれの予防法

暑い時期になると、TVのニュースで熱中症対策の呼びかけをよく耳にしますよね。特に赤ちゃんは体温調整が未発達なので、乳幼児がいる家庭では熱中症にならないように、環境に注意を払う必要があります。今回は熱中症の予防方法と、万が一熱中症になってしまった時の対処方法をご紹介します。


【医師取材】赤ちゃんのしゃっくり、病気の疑いは? 止める3つの方法

【医師取材】赤ちゃんのしゃっくり、病気の疑いは? 止める3つの方法

小さい体を「ヒクッヒクッ」と揺らす赤ちゃんのしゃっくりは、とても微笑ましくかわいいもの。けれど、あまりにも頻繁に起こったり長時間続いてしまうと、「何か不調の合図なのかも!?」と心配してしまいますよね。そもそも赤ちゃんは何が原因で頻繁にしゃっくりを起こすのでしょうか?


【医師取材】胎児にも起こりうる? 胸水が起こる原因とその治療法

【医師取材】胎児にも起こりうる? 胸水が起こる原因とその治療法

「胸水」と聞くと、一見聞きなれない言葉で「何のことだろう?」とピンと来る人はあまりいないかと思います。実はこの「胸水」という症状は大人だけではなく胎児も起こり得る可能性があるもの。胸水とは一体どういう状態のことなのでしょうか。


こんな記事も読まれてます
Recommended by

最新の投稿


横浜国際プールは子連れにおすすめ! お得に活用するには?

横浜国際プールは子連れにおすすめ! お得に活用するには?

横浜国際プールは、神奈川県横浜市にある横浜市営のプール(公募で決定した愛称は「WATER ARENA ウォーターアリーナ」)。市営というだけあって非常にリーズナブル!! でも、市営プールとは思えない、広々とした立派なプールで泳げちゃうんです。魅力をたっぷりと紹介します。


【専門家取材】骨盤矯正ストレッチで歪みを改善! 体調不良の原因かも?

【専門家取材】骨盤矯正ストレッチで歪みを改善! 体調不良の原因かも?

「骨盤が歪むとよくない」という事実はなんとなく把握しているものの、毎日家事育児に追われていると、つい自分の体のことは後回しにしてしまいがち。具体的にどのようなトラブルがあるのか、またその改善方法について解説します。


【医師監修】5〜7ヶ月頃の赤ちゃんのベビーフードの選び方

【医師監修】5〜7ヶ月頃の赤ちゃんのベビーフードの選び方

ママが自分で作る暇がない時も、ベビーフードがあればすぐに適量の離乳食をあげることができます。「やっぱり無添加が良いの?」、「おかゆやレバー瓶はいつから?」、「フードコンテナーより便利?」など、5ヶ月から7ヶ月頃の赤ちゃん用ベビーフードの選び方で気になることをお話します。


【医師監修】妊娠の兆候と生理前症状(PMS)はどう見分けるの??

【医師監修】妊娠の兆候と生理前症状(PMS)はどう見分けるの??

妊娠初期と生理前の症状は驚くほど似ています。もし妊娠しているなら、できるだけ早く知りたいですよね。イライラする生理前はついヤケ酒してしまう・・・なんて習慣がある方も、PMSと妊娠初期の症状を見極めるポイントを把握しておく必要があります。今回は、妊娠の兆候と生理前症状との見分け方についてまとめました。


【医師監修】着床出血とは? 時期・期間・量、生理との違いについて

【医師監修】着床出血とは? 時期・期間・量、生理との違いについて

「着床出血」という言葉を聞いたことはありますか?受精卵が子宮に着床したときの出血を指すものですが、その量や期間などはどのようなものか気になるところです。妊娠希望の女性なら、着床出血と紛らわしい生理が来た経験もあるでしょう。今回は「着床出血」を説明します。実は簡単に生理との違いを見分ける方法があります。