ママのための悩み解決サイト
【医師監修】食事にも注意すべき? 妊娠高血圧症候群の治療と予防方法

【医師監修】食事にも注意すべき? 妊娠高血圧症候群の治療と予防方法

尊い命を授かり、愛おしい我が子に早く会いたい! と喜びにあふれる妊娠中も、時にはトラブルがおこります。そのうちの一つが「妊娠高血圧症候群」です。重症になると危険な合併症も引き起こすこの病気、治療方法や予防についてお伝えします。


この記事の監修ドクター
産婦人科医 巷岡彩子先生
産婦人科専門医、医学博士。都内の大学病院やクリニックでの勤務を経て、現在、不妊治療専門の産婦人科クリニックにて勤務。 ママドクターとして育児や家事と仕事を両立しながら活躍中。 女医プラス所属

妊娠高血圧症候群とは?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠高血圧症候群とは、「妊娠20週以降、分娩後12週までに高血圧が見られる場合」または「高血圧にタンパク尿を伴う場合」をいいます。※高血圧とは、収縮期血圧(最高血圧)140㎜Hg以上、または拡張期血圧(最低血圧)90㎜Hg以上のこと。以前は「妊娠中毒症」と呼ばれていましたが、2005年4月より現在の「妊娠高血圧症候群」に変わり定義も見直されました。

妊娠高血圧症候群の原因

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠高血圧症候群の原因について、諸説ありますが定まっていません。最も有力視されている説は「妊娠の初期の胎盤の血管の作られ方が正常と異なる」、というものです。

母体と胎児をつなぐ胎盤が形成される際に、より多くの血液がスムーズに流れるよう、子宮の血管の壁のしくみを作り直します。それが何らかの理由で上手くいかないと、胎盤での酸素や栄養の受け渡しが不十分となり、赤ちゃんの発育が悪くなります。お母さんの身体は、赤ちゃんに必要な酸素や栄養を届けるため、出来る限り多く無理に流そうとすることで、高血圧になるのでは……と考えられています。

もともと肥満傾向の方や、ストレスを感じやすい人、塩分やカロリーの多い食生活を送っている人、なども発症しやすい傾向がありますが、確実な予防法は見つかっていません。それでもリスクを軽減するために、塩分控えめなバランスの良い食事、規則正しい生活などを心がけたいですね。

妊娠高血圧症候群の主な症状

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠高血圧症候群は、自覚症状に乏しいという特徴があります。比較的重症となっても、毎回の妊婦健診で行われる「尿検査」や「血圧測定」で診断されるまで気づかない事も多いのです。悪化すると、頭痛や耳鳴り、かすみ目(チカチカする)、みぞおちの痛みなどが出ることがあります。これらの症状は、けいれん発作(子癇)が迫っている兆候の可能性があり、注意が必要です。

むくみ

自覚出来る症状として「むくみ(浮腫)」があります。妊娠高血圧症候群が、「妊娠中毒症」と呼ばれている頃は、妊娠中期、後期のむくみも問題とされていました。妊婦さんのむくみは特別な事ではなく、約3割の妊婦さんにみられるため、「妊娠高血圧症候群」の診断基準から外されました。ただし、全身に見られるむくみ、は要注意です。

タンパク尿

妊婦さんは、妊娠前と比べて血液量が増え、腎臓にかかるが負担も大きくなるため、尿たんぱく(尿に含まれるタンパク質のこと)が出やすい状態にあります。ただし尿たんぱくは、妊娠高血圧症候群の予備軍である可能性もありますので、陽性になった方は、血圧にも注意して経過をみる必要があります。尿たんぱく陽性が続く場合は、1日の尿をためてタンパク量を測定する精密検査を行うこともあります。

高血圧

妊娠高血圧症候群の一番の判断基準は「高血圧」です。妊娠20週以降にはじめて高血圧になり、産後12週までに正常にもどる症状を「妊娠高血圧症候群」といい、さらにタンパク尿を伴うものを「妊娠高血圧腎症」といいます。また、出産までは何ともなくても、分娩の際に身体に負担がかかってしまい発症するケースも考えられるため、分娩が終わっても血圧測定や尿検査を行います。

妊娠高血圧症候群の治療方法

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

原因がハッキリとしない「妊娠高血圧症候群」。発症してしまうと、妊娠が継続する限り完治しません。「これ以上悪化させないこと」というのが治療の根本ですが、どういったものでしょう。またお産は無事に迎えられるのでしょうか?

治療方法は?

重症度や、発症した時の妊娠週数、赤ちゃんの発育不全の有無によっても、治療内容は異なります。
まず安静が大切です。安静にすることで血圧の上昇が抑えられ、また胎盤にもより多くの血液が供給されて、赤ちゃんの発育も保たれます。軽症の場合は自宅安静でよいですが、重症の場合は入院してお母さんと赤ちゃんの具合を慎重にみていく必要があります。また血圧を下げるお薬や、子癇を抑える点滴注射を行うこともあります。食事の管理も大切で、塩分やカロリーは控えめにします。

経膣分娩? 帝王切開? お産はどうなる?

重症であっても必ずしも帝王切開になるとは限らず、それぞれの妊婦さんの状態により、お産の方法を検討します。子宮の収縮により、赤ちゃんの心拍が減少してしまう、胎児仮死を疑う場合などは、緊急で帝王切開を行います。ふつうのお産を選択した場合でも、陣痛のストレスで血圧が上昇する場合や、途中で何らかの異常が起こる場合には、帝王切開に切り替える事もあります。いずれにしても、担当の先生とよく相談することが大切です。

お産が無事に終わり、胎盤が出ることで、多くのお母さんの状態は良くなります。しかし、すぐに血圧が正常に戻り、体調が改善するわけではありません。産後1~2週間で戻る人もいれば、1カ月程度長引く人もいます。お産後3ヶ月を経過しても血圧が高い状態や尿たんぱくが出続ける場合は、他の病気がないかどうか調べることをお勧めします。

妊娠高血圧症候群の予防方法と食事

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

まだ、はっきりとした原因が解明されていない「妊娠高血圧症候群」、確立された「予防方法」は残念ながらありません。ただ、起こりにくくする工夫はいくつかあると言われています。みていきましょう。

生活習慣を見直そう

妊娠中の体重の増えすぎも妊娠高血圧症候群のリスクになると言われています。バランスの良い食事や、カロリーに気を配るものもちろんですが、規則正しい生活、適度な休養と運動を意識した生活を心がけましょう。最近は働く妊婦さんも多いですが、忙しい仕事によりストレスがたまることで、血圧が上がりやすくなってしまいます。仕事をしていない妊婦さんも同様です。「ストレス」をため込まず、疲れたら休む、無理をしないが大切です。上手に気分転換をしながら、リラックスした日常を過ごすことが、妊娠高血圧症候群の予防の一歩になります。

体調管理はしっかりと

妊娠高血圧症候群に怖いところは、自覚症状がないうちに病状が進行し、ある日突然発症することにあります。まずは健診をしっかりと受けることが大切です。健診で「血圧がいつもより少し高め」と言われたら、塩分とカロリーを抑えた食事を心がけるようにしましょう。体重や尿の量などは自分でチェックできますので、気を配るようにしてみて下さい。

食生活を見直そう

一般に食べ過ぎたり塩分を取りすぎたりすると、妊娠高血圧症候群になりやすくなることは知られていますが、極端なカロリー制限や塩分制限もまた危険であることも知られています。日本人は一日平均12gの塩分をとっているといわれていますが、妊娠中の塩分量は一日10g以下にすることを勧めています。「いつもと同じ味」から「いつもより、少し薄めの味」を意識してみましょう。
調味料に含まれる塩分量の目安です。

■塩:小さじ1……塩分 約6g
■有塩バター:大さじ1……塩分 約0.2g
■薄口醤油:大さじ1……塩分 約2.9g
■米みそ:大さじ1……塩分 約2.2g
■ウスターソース:大さじ1……塩分 約1.5g
■トマトケチャップ:大さじ1……塩分 約0.5g
■マヨネーズ:大さじ1……塩分 約0.2g

上記をみて分かるように、塩や醤油を使うよりも、バターやトマトケチャップ、マヨネーズを使うと塩分量が少なくすみます。急に塩分量を控えてしまうと、何となく味気なく感じてしまうので、トマトケチャップやマヨネーズのように香りの強い調味料をうまく取り入れたり、お酢やレモンなど酸味を効かせたり、しょうがや唐辛子などのアクセントをつけると、塩分控えめでも美味しく食べられます。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「妊娠高血圧症候群」はいつ、誰にでも起こりうる病気です。お母さんだけではなくお腹の中の赤ちゃんにも大きな影響を及ぼすと知ると怖くなってしまいますね。大きなお腹が苦しかったり、歩き辛かったりと大変なことも出てくる時期と思いますが、無理をせず、リラックスを心がけながら、規則正しい健康的な生活を心がけましょう。また早期発見のためにも、健診はきちんと受けるようにしましょうね。

関連する投稿


【医師監修】乳腺炎の予防に葛根湯が効く? 飲み方と予防法

【医師監修】乳腺炎の予防に葛根湯が効く? 飲み方と予防法

授乳中に、乳腺が詰まって炎症がおこる「乳腺炎」にかかったママも多いのではないでしょうか? おっぱいが腫れて痛むだけでなく、ひどくなるとしこりができたり、39~40度といった高熱が出たりすることも…。そんな辛い乳腺炎ですが、漢方薬の「葛根湯」を飲むと予防することができるのだとか。今回は乳腺炎と葛根湯についてまとめました。


妊婦さんもコーヒーを飲んでも良い? 正しいカフェイン摂取量を知ろう

妊婦さんもコーヒーを飲んでも良い? 正しいカフェイン摂取量を知ろう

コーヒーは男女問わず愛飲されている飲み物のひとつですが、その一方で気になるカフェイン。特に妊娠中はコーヒーを飲むと良くないのではないかと心配になりますよね。そこで今回は、妊娠中のカフェイン摂取による影響と、妊婦さんに適したコーヒーの飲み方についてご紹介します。


【医師監修】妊婦は水分補給も重要! おすすめの飲み物や効果は?

【医師監修】妊婦は水分補給も重要! おすすめの飲み物や効果は?

妊娠したら、なんだかのどが渇く…という人は少なくありません。実際、体が水分を欲する理由があるのです。のどが渇いたと感じたときには、既に体の必要な水分が不足しているとも言われます。その前に、キチンと必要な水分を体に補ってあげることが大切。妊婦さんの体の乾きと水分補給の注意点、そしてお勧めしたい飲み物についてご紹介します。


【医師監修】産後の抜け毛の原因と実践的な3つのケア

【医師監修】産後の抜け毛の原因と実践的な3つのケア

出産後の身体の変化にはいろいろありますが、産後半年くらいからの「抜け毛」にびっくりするママも多いのではないでしょうか? シャンプーのあと、排水口にびっしりと付く抜け毛に「この状態はいつまで続くの?」と不安になることもあるはず。今回は産後の抜け毛の原因と、抜け毛のケア方法について解説します。


【医師監修】汗疹(あせも)が赤ちゃんにできる原因と4つの対策法

【医師監修】汗疹(あせも)が赤ちゃんにできる原因と4つの対策法

赤ちゃんは新陳代謝が盛んで汗っかき。気温が高くなってくると、さらに汗をかくことが多くなりますよね。こまめにケアをしているつもりでも、汗をかきやすい背中や足の付け根などがあせもで真っ赤に……という経験を持つママも少なくないはず。今回は、赤ちゃんのあせも(汗疹)の原因と対処法についてまとめました。


最新の投稿


【医師監修】早産・切迫早産、流産の違いは? 兆候とリスク

【医師監修】早産・切迫早産、流産の違いは? 兆候とリスク

妊娠中に気になる早産について正しい知識を身につけて、無事に出産を迎えられるようにしましょう。どのような原因で早産となる可能性が高まるのか、早産にはどのようなリスクがともなうのかなど、きちんと理解して予防するよう心がけてください。早産と切迫早産、流産の違いを把握しておくことも大切です。


【医師監修】妊娠初期に茶色いおりものが出るときの原因と対処方法

【医師監修】妊娠初期に茶色いおりものが出るときの原因と対処方法

月経が始まった当初から、おりものを経験してきている女性は多いと思いますが、妊娠中は、とくにその変化が気になってしまうもの。妊娠初期には、茶色いおりものが出ることがあり、おりものの変化は体調の変化を知らせてくれる重要な役割を持っています。そこで今回は、注意すべきおりものについて、原因や対処方法についてまとめました。


【医師監修】生理が月2回来るのはなぜ?妊娠に影響は?原因と対策まとめ

【医師監修】生理が月2回来るのはなぜ?妊娠に影響は?原因と対策まとめ

生理は通常、1ヶ月に1回の頻度で来るもの。しかし、つい半月前にあったばかりなのにまた生理が来てしまう、という症状も見られます。これは、何かの病気なのでしょうか?今回は、生理が月に2回以上来てしまう「頻発月経」についてご紹介します


【医師監修】着床後はおりものが変化する? 妊娠の兆候とおりものの基礎知識

【医師監修】着床後はおりものが変化する? 妊娠の兆候とおりものの基礎知識

妊娠すると、身体にさまざまな変化が現れます。体温の上昇や気分の不快感などいろいろありますが、その中のひとつが「オリモノの変化」。具体的にどのようにオリモノが変化するのでしょうか? 気を付けておきたいオリモノの病気とともにご紹介します。


【医師監修】子供の熱が3日以上下がらない……可能性のある病気と対処方法

【医師監修】子供の熱が3日以上下がらない……可能性のある病気と対処方法

子どもの熱が3日以上下がらない場合は、ただの風邪ではないのかもしれません。子どもは自分の症状をうまく伝えられないことも多いので、子どもの様子や状態をしっかりと見守りましょう。ここでは、子どもの熱が3日以上続く場合に可能性のある病気やその対処法、受診の判断基準などをご紹介します。