ママのための悩み解決サイト
【医師監修】生理痛で辛くて仕事ができず早退・休むときの理由と伝え方

【医師監修】生理痛で辛くて仕事ができず早退・休むときの理由と伝え方

生理痛を理由に仕事を休む女性を、あなたはどう思いますか? 「生理現象だから仕方がない。」と理解を示す人もいれば、「生理痛ごときで休むのは甘い、それくらいで休むのは納得がいかない。」と難色を示す人も両者いるはず。そこで今回は、生理痛で辛くて仕事ができず早退・休むときの理由と伝え方について、まとめてみました。


この記事の監修ドクター
女性医療クリニック・LUNAグループ 大林美貴先生
日本産科婦人科学会専門医。2005年徳島大学医学部卒業。同年4月より徳島赤十字病院勤務を経て、2007年から2013年まで湘南鎌倉総合病院にて勤務。2009年より、 女性医療クリニック・LUNAグループ勤務。2016年5月女性医療クリニックLUNA 心斎橋に移動、勤務開始。
http://www.luna-clinic.jp/

はじめに

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

生理痛を理由に仕事を休む女性を、あなたはどう思うでしょうか?
「生理現象だから仕方がない。」と理解を示す人もいれば、「生理痛ごときで休むのは甘い、それくらいで休むのは納得がいかない。」と難色を示す人も両者いるはずです。

お産やつわりなどと同じように、生理痛も女性によって個人差の大きいといわれる生理痛。さらに、男性にはその痛みの想像がつきにくいため、「そんなにつらいの? 」「他の女性社員は生理痛で休んだりしていないのになぁ。」などと考えられてしまうことも多いかもしれません。

そこで今回は、生理痛で辛くて仕事ができず早退・休むときの理由と伝え方について、生理痛のメカニズムや統計なども踏まえてまとめていますのでご覧下さい。

生理痛に苦しむ女性は多いのに、休んだことのある女性は半数以下↓

朝起きたら、生理痛がつらくて起き上がれない。会社を休みたいけれど、上司は男性。「理解してもらえないかもしれない」「みんなに言われてしまったら恥ずかしい」「何と言って伝えればいいだろう」などと悩んだ経験のある女性は、多いのではないかと思います。

その一方で、生理痛で仕事を休んだことのある女性についての様々なアンケート調査を調べた結果、約2割~4割と、半数以下であることがわかりました。

本当の理由を伝えているかどうかに関わらず、生理痛が原因で会社を欠勤、または休む経験をしていますが、会社制度的には広く認められてきているとはいえ、生理痛で休むことがためらわれる暗黙の空気は、まだ残っているようです。

生理と生理痛のメカニズムについて

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

まずは、女性ならではの現象である生理とは一体どういうものなのか、さらに、女性特有の悩みである生理痛の原因は何なのか、そのメカニズムを勉強してみましょう。

生理を簡単にいうと、どういうものなのか

生理とは、赤ちゃんを産むことができる準備をはじめましたよ~という合図。そして、赤ちゃんを育てようとして用意したものを、いらなくなったから体の外に出そうとすることです。普通は3~7日続き、その間血が少しずつ出ます。その量は多い日と少ない日があって、1日目は少なく、2~3日目が多いというのが一般的です。50歳くらいまで、ひと月に1回の割合でずっとお付き合いをしていくものです。

医学的に詳しく説明すると、どういうものなのか

生理とは、医学用語では毎月起こるために「月経」と呼びます。排卵といって、妊娠のために卵巣から卵を排出します。子宮内膜と呼ばれる膜は、排卵の頃から厚くなってきます。
しかし、排卵後の卵が受精しなかった場合、子宮内膜が剥がれ、壁から血が出ます。その出血のことを生理と呼びます。さらに、子宮内膜が剥がれる際には、子宮が収縮して痛みが生じます。これが生理痛の原因の一つといわれています。

頭痛や腰痛、イライラ症状などがひどいのは、セロトニンの減少が原因

生理痛が会社を休まなければならないほどの激しい痛みを伴う人もいれば、仕事に影響がでない程度の人もいますし、出血量にも差があります。さらにいえば、下腹痛だけではなく頭痛や腰痛の場合もあります。これは、女性特有の「エストロゲン」というホルモンの分泌量が、排卵前にピークをむかえ、排卵後には急速に減少するのですが、その際に、脳にある「セロトニン」という物質も減少します。 この「セロトニン」という物質は、心のバランスを整える脳内伝達物質で、これが不足すると自律神経のバランスが崩れ、偏頭痛や腰痛を引き起こしたり、感情的になりやすくなるといわれています。

冷えも生理痛の原因となることがあります

「冷えは万病の元」とよく言われますが、冷えは生理痛も招きます。「体温が下がる⇒血行が悪くなる⇒骨盤内の血流も滞る」ため、生理痛の原因になります。
血流対策として、「窮屈なパンツや下着を控える」「春夏でも腹巻きなどで温める」「ストレッチやヨガで血流を促す」などを取り入れるとよいでしょう。また、ストレスによる自律神経の乱れも冷えと密接な関係があります。充分な睡眠や休息をとり、リラックスを心がけましょう。

会社を生理痛で早退・休むときの理由と伝え方

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

生理痛の症状は人それぞれ。多くの方が感じる腹痛や腰痛の他、頭痛、全身の倦怠感、下痢などの症状が起こることもあります。同時に、イライラ、憂うつ感、怒りっぽくなるといったメンタルの症状を伴う人もいます。こういった症状は生理の初日から2日目にピークが訪れることが多く、「できれば寝ていたい」「起き上がるのもつらい」という重い症状に悩む場合もあります。


日常生活に支障が出るほどの痛みがある、鎮痛薬を服用しても改善しないという場合は、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が原因となっている「器質性月経困難症」であることも考えられます。まずは婦人科を受診し、医師の検査を受けた上で、適切な治療をスタートしましょう。

また、これほどまでのつらい症状を抱えている場合は、会社を欠勤することも出てくるかと思います。本来、「生理休暇」を取得することができるのですが、女性の心身の症状に理解のある職場ばかりではありません。一体、どのように乗り越えていったらよいのでしょうか。

生理痛で仕事を休む時の欠勤理由は、有給休暇がもっとも多い

労働基準法の第68条には、「使用者は、生理日の就業が著しく困難な女性が休暇を請求したときは、その者を生理日に就業させてはならない」と定められており、生理がつらい時には会社を休む権利があります。

しかし、生理休暇中の賃金の支払いに対しては、労働基準法では特別な制限が定められていません。有給か否かは会社の就業規則によって異なります。福利厚生が充実している企業では有給のこともありますが、実際は無給のところが多いのではないでしょうか。

ただし、日数の制限はありませんので、1日に限らず2〜3日休んでも構いません。生理痛の重い女性は、就職の際に生理休暇について会社のルールがどうなっているか確認しておくといいかもしれません。

さて、労働基準法では生理休暇が設けられていますが、実際の職場では、各自の「有給休暇」を利用している女性が多いようです。それは「欠勤事由を述べる必要がない」「有給である」という理由によるため。また、男の上司だと、「生理痛です」と言いにくい現状もあるようです。

生理休暇を利用する場合の欠勤理由は明確に

有給休暇であれば、「体調が悪いので欠勤します。有給にできますか?」と職場に連絡を入れれば問題ありません。しかし、生理休暇を取得する場合は、「生理痛のため休みます」と伝える必要があります。

この際、「診断書の提出を…」と上司などから求められることもあります。
無給の生理休暇であれば診断書などを提出する義務はありませんが、有給の場合は就業規則などで診断書の提出が必要とされていることもあります。このあたりは会社によって異なるので、あらかじめ調べておくとよいでしょう。

生理休暇は国から認められている女性のための権利

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

生理休暇は労働基準法で定められた女性のための権利。体調が悪いなか、無理して働いても効率が悪いだけ。しっかり休んで、しっかり働くというようにメリハリをつけていくのが賢い女性のあり方。もちろん、「恥ずかしいから」「生理痛ごときで…と思われないかな?」などと思う必要はありません。

また、有給に余裕がなくて極力使いたくない人や、生理痛が重くて月に1度など頻繁に休まなければならない人などは、生理休暇を活用していいと思います。

会社に生理休暇がない場合は?

「ウチの会社には生理休暇なんてない」と思った方もいるかもしれません。しかし、それはこの制度が浸透していないだけ。1日フルに休むだけでなく、午前だけ休む、午後だけ休むといった時間区切りでの休みも取得できます。「有給すらとりづらいので生理休暇なんてもってもほか」などという多忙な職場もあることでしょう。その場合は、「生理痛がひどいので、先ほど薬を飲みました。1〜2時間で治まると思うので、午後から出社します」というような使い方もできるので、覚えておくと便利でしょう。

生理痛で仕事を休むのは問題がある?

ひどい腹痛や倦怠感を抱えた中では、出社することすらつらいもの。しかし、生理痛で仕事を休むというと、「怠けている」「それくらいガマンでなんとかならないか」という意見をもつ人はいないわけではありません。

周りが理解のある人達ばかりであれば良いですが、男性だけでなく女性の中にも「生理痛がひどい人もいるということはわかっていても、そこは仕事」というような意見を持つ人はいます。女性特有の症状なだけに、なかなか理解されないことも多いですが、婦人科を受診すれば診断書を書いてもらえるので、適宜利用してもいいでしょう。

頻繁に生理痛で仕事を休む場合は上司への相談も必要

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

毎月2〜3日、生理痛で仕事を休む場合は「生理休暇」以外の道を探そう

「毎月必ず2〜3日休んでしまう」「長い月は5〜6日休んでしまう」というように、生理休暇が長引いてしまうと、「職場の視線が気になる…」「生理でと言いにくくなってしまった」ということも出てくることでしょう。

この場合は、直属の上司や人事部などに相談し、職場に理解してもらいながら上手に休暇を取得していく道を探る必要もあるかもしれません。相談によっては、所属の部署を変えてもらう、仕事内容を見直してもらうなどの配慮を受けられる可能性もあります。

生理休暇以外で会社を生理痛で休むには?

ひどい生理痛は「月経困難症」と呼ばれ、これほど重い生理痛を抱えた女性のなかには、子宮内膜症など別の病気が潜んでいることもあります。まずは、医師の検査を受け、重い病気がないか調べてみましょう。子宮内膜症、子宮筋腫などの病気が見つかれば、「子宮筋腫があるため生理が重い。手術で取ることも検討しているので、しばらく生理時の仕事に配慮してほしい」などの相談もしやすくなります。

慢性疾患でもある子宮内膜症は、漢方薬やホルモン剤を使った治療で徐々に改善をしていくこともできます。自分ひとりで悩みを抱え込まず、ここでも社会人のマナーのひとつである「ホウ・レン・ソウ」を駆使して、道を切り開いていきたいものです。

理解のない上司の場合、生理痛の日の仕事はどうする!?

職場には様々な人がいます。会社のルールや労働法などを理解した上でマナーよく働く人もいれば、モラハラ・パワハラ気味の人もいます。多くの人が一緒に働く環境のなかでは、「生理痛」はナイーブな問題です。

しかし、「〇〇さん、生理痛で3日も休んだの? それ、単なる怠け病でしょ」とか「生理痛なんて子ども産めば治るもんだよ。さっさと結婚して出産すればいいんだよ」などデリカシーに欠ける発言をされた場合は、セクハラやパワハラなどに当たる可能性もあります。そういった場合は、ひとまず体調不良や風邪ということにしておき、労働組合や人事部などに相談したほうがいいこともあります。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

今回は、生理痛で仕事を早退・休むときの言い方と注意点についてまとめましたが、いかがでしたか。生理痛は、女性である以上しかたがないもの。病気じゃないからと無理に仕事をしても、普段通りには働けませんし、体にも負担がかかります。

生理痛が酷く、仕事に支障をきたすかもしれないと理解してもらえる上司であれば、きちんと話しておくのが得策。言いにくいかもしれませんが、労基法の制度なども利用し、様々な対応方法を考えておきましょう。

関連する投稿


【医師監修】乳腺炎の予防に葛根湯が効く? 飲み方と予防法

【医師監修】乳腺炎の予防に葛根湯が効く? 飲み方と予防法

授乳中に、乳腺が詰まって炎症がおこる「乳腺炎」にかかったママも多いのではないでしょうか? おっぱいが腫れて痛むだけでなく、ひどくなるとしこりができたり、39~40度といった高熱が出たりすることも…。そんな辛い乳腺炎ですが、漢方薬の「葛根湯」を飲むと予防することができるのだとか。今回は乳腺炎と葛根湯についてまとめました。


【医師監修】妊婦は水分補給も重要! おすすめの飲み物や効果は?

【医師監修】妊婦は水分補給も重要! おすすめの飲み物や効果は?

妊娠したら、なんだかのどが渇く…という人は少なくありません。実際、体が水分を欲する理由があるのです。のどが渇いたと感じたときには、既に体の必要な水分が不足しているとも言われます。その前に、キチンと必要な水分を体に補ってあげることが大切。妊婦さんの体の乾きと水分補給の注意点、そしてお勧めしたい飲み物についてご紹介します。


【医師監修】産後の抜け毛の原因と実践的な3つのケア

【医師監修】産後の抜け毛の原因と実践的な3つのケア

出産後の身体の変化にはいろいろありますが、産後半年くらいからの「抜け毛」にびっくりするママも多いのではないでしょうか? シャンプーのあと、排水口にびっしりと付く抜け毛に「この状態はいつまで続くの?」と不安になることもあるはず。今回は産後の抜け毛の原因と、抜け毛のケア方法について解説します。


【医師監修】汗疹(あせも)が赤ちゃんにできる原因と4つの対策法

【医師監修】汗疹(あせも)が赤ちゃんにできる原因と4つの対策法

赤ちゃんは新陳代謝が盛んで汗っかき。気温が高くなってくると、さらに汗をかくことが多くなりますよね。こまめにケアをしているつもりでも、汗をかきやすい背中や足の付け根などがあせもで真っ赤に……という経験を持つママも少なくないはず。今回は、赤ちゃんのあせも(汗疹)の原因と対処法についてまとめました。


【医師監修】赤ちゃんの後追い行動はいつから? 5つの対策方法

【医師監修】赤ちゃんの後追い行動はいつから? 5つの対策方法

赤ちゃんが成長していく過程には、ママがどこ行くにもついて来て、少しでも離れると泣き出してしまう時期があります。家事もままならず、トイレに行くにも苦労するようになり、イライラしたり悩んだりしてしまうママは多いようです。今回は、この後追い行動について、後追いの意味や時期、効果的な対処方法などをまとめてみました。


こんな記事も読まれてます
Recommended by

最新の投稿


【医師監修】子どもの寝起きが悪い!! 実は起立性調節障害かも?

【医師監修】子どもの寝起きが悪い!! 実は起立性調節障害かも?

朝が弱いお子様に手を焼いていませんか?? さぼり病と思われがちですが、実は朝起きられない、立ちくらみ、寝つきが悪くなるなどの症状は、子ども特有の疾患、起立性調節障害かもしれません。小・中学生に増える傾向が強く、不登校の原因になることも。「治療法は?」、「薬で治るの??」など、最新情報をお伝えします。


【医師監修】女性ホルモンのバランスが乱れる原因と4つの改善方法

【医師監修】女性ホルモンのバランスが乱れる原因と4つの改善方法

何が原因で女性ホルモンが乱れるのでしょうか。女性は日々エストロゲンやプロゲステロンなど、女性ホルモンの影響を受けています。不妊、心身の不調、イライラなどの症状も女性ホルモンが大きく関係しています。ハーブティーなど、ホルモンバランスの乱れを改善する方法をご紹介します。ホルモンバランスを調べる検査の情報も必読です。


【医師監修】赤ちゃんの中耳炎は熱がサイン? 薬や6つの予防策!!

【医師監修】赤ちゃんの中耳炎は熱がサイン? 薬や6つの予防策!!

中耳炎は赤ちゃんがかかりやすい病気なので、新生児を子育て中のママは最低限の知識を押さえておきましょう。適切な治療を行わないでいると、慢性化したり、難聴になってしまったりすることがあります。赤ちゃんが中耳炎になったときに出すサインや、治療法、ホームケアの方法などについてお話します。薬や6つの予防策情報も必読です。


【医師監修】立ってするの??男の子のトイレトレーニングを絶対成功させるコツは??

【医師監修】立ってするの??男の子のトイレトレーニングを絶対成功させるコツは??

ママには分からないことの多い男の子のトイレトレーニング。男の子の場合「どうやって教えたらいいかわからない!!」とお手上げ状態のママも多いのでは!? 男の子と女の子でどんな違いがあるのでしょう。成功率が高い男の子のトイレトレーニングの進め方やコツ、トイレトレーニングにおすすめの絵本やグッズをご紹介。


【医師監修】出産後1ヶ月で何kg減る? 産後体重が減らない原因と対策!!

【医師監修】出産後1ヶ月で何kg減る? 産後体重が減らない原因と対策!!

産後に体重計に乗っても意外と体重が減っていなくてガッカリ……という話、よく聞きますよね。戻すことが難しいとも言われている産後の体重。どのようにして、どの位の期間で元の状態に近づくのでしょうか。また、減少の兆しが見えない場合は、何が原因なのでしょう? 今回は産後の体重に関することをまとめてみました。