ママのための悩み解決サイト
子どもに命名するときに大切にしたい漢字の意味と名前の付け方

子どもに命名するときに大切にしたい漢字の意味と名前の付け方

子どもを授かると考えなければいいけないことがたくさん。そのなかでも重要なのが名前でしょう。名前は親から初めて子どもに贈るものですし、子どもにとって、一生ものなので大切なもの。今回は名前の考え方と漢字の意味について説明します。


名付けで使う漢字の意味

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

今回は、命名に人気な漢字を意味も合わせて、男女別にランキング形式で紹介します。どの漢字にどんな意味があるのでしょうか。

女の子の名前で使う漢字ランキングTOP3

1位 音
【訓読み】おと、ね、たよ(り)
【音読み】イン、オン
【人名読み】お、と、なり
動き、こすれ、またはぶつかって出る空気の震えが耳に届いて聞こえるといった意味で使われる漢字です。鳴り響くうわさ、評判で多くの人に知れ渡っているといった意味のほかに、心が通じ合う、心に訴えかけるような音といった意味もあります。

2位 海
【訓読み】うみ
【音読み】カイ
【人名読み】あま、うな、み
一面に自然に水をたたえている、一面に広がっているといった意味で使われます。そのほかにも広く大きいことを形容して使われたり、物事が多く集まっているといった意味があります。

3位 愛
【訓読み】いと(しい)、う(い)、お(しむ)、かな(かな)、まな、め(でる)
【音読み】アイ
【人名読み】あ、え、さね、ちか、なり、なる、のり、まなみ、めぐむ、よし、より、ら
可愛がる、いとしく思う、いつくしむ、いたわるといった意味で使われます。ほかにも思いあう、強く引きつけられる、大事なものとして慕う心も意味もあります。

男の子の名前で使う漢字ランキングTOP3

1位 翔
【訓読み】かけ(る)、と(ぶ)
【音読み】ショウ
【人名読み】か、かける
かける、飛ぶ、飛びめぐるといった意味で使われます。ほかにも両手を張る、めぐる、振り返るといった意味もあります。

2位 陽
【訓読み】いつわ(る)、ひ、ひなた
【音読み】ヨウ
【人名読み】あ、あき、お、おき、きよ、たか、たかし、なか、のぼる、はる、ひかる、や
日の光、日が当たるといった意味があります。山の南側、川の北側を指すこともあります。

3位 碧
【訓読み】あお、あお(い)、みどり
【音読み】ヘキ
【人名読み】きよ、きよし、たま
深く青い色、青緑の色を指します。青く美しいといった意味もあります。

名前を決める6つの方法

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子どもの名前は産前と産後の親の悩みの種です。「どんな名前が良いんだろう」、「どの漢字が良いんだろう」、「付けたい名前が多すぎて一つに絞れない」などなど。どうやって名前を決めれば良いのか分からずに、出生届の提出がギリギリになってしまうことがないように参考にしてください。

1.名前の候補をたくさん出す

名前とは産まれてきた子どもに親が授ける一番最初のプレゼントです。良い名前が沢山ありすぎて決まらないことがあります。早いうちから考えすぎて候補が多くなりすぎてしまうことも。そんな時はいったん思いついた名前を書き出しておきましょう。

出産前と出産後では考え方や思考も変わってきます。妊娠中は思いつきもしなかった名前が出産後はポンッと出てくることもあります。さらに妊娠中に思いついた名前を書き出しておけば、出産後に見直すことも出来ます。妊娠中はまだ時間がありますし、焦って早く決めようとする必要はありません。

2.姓名判断

近年では姓名判断などので決める人も多いです。姓名判断とは総画数や字画などを使って、良い運気を引き寄せる名前を診断します。WEB上でいろんな無料のサイトもありますが、占う方法によって解釈が変わり、結果も変わります。信憑性のある結果が知りたい方は占い師の方に占ってもらうのもいいかもしれません。ある程度名前の候補が絞り込めたら、参考程度に見てみるのもいいでしょう。

3.言葉からイメージをする

何も思いつかないときはあまり難しいことは考えず初心に帰ることも大切です。妊娠が発覚したときの気持ちを思い出し「どんな子に育ってほしいか、どんな人生を歩んでほしいか」をゆっくりと考えてみましょう。名前の読みやすさは響きも考えたいですね。

もし名前が思い浮かばないときはその願いや想い、好きな言葉をもとに、漢字やひらがなをイメージしてみましょう。思いついた漢字やひらがなを組み合わせて考えるのも1つの手です。あえてひらがなにするのも良いです。ひらがなにすることで、やわらかい印象を与えられますし、漢字よりもより広い意味をもたせることができるかもしれません。

4.ランキングを参考に

どんな名前が人気で常識的な名前なのか分からないときなどはランキングを参考にしてみましょう。
ランキングは毎年、さまざまな企業がアンケート形式で集計しています。それぞれランクインしている名前や順位は違うので、いろいろな名前を知ることができます。読み方だけを参考にする、漢字を参考に読み方を考える、漢字の名前をあえてひらがなにするなど、いろんなアイディアを参考にすることができます。

5.響きや音で決める

名前の響きや音は名前を決めるときの大切な要素の一つです。響きがよい名前は、周りからも覚えてもらいやすく、愛着がわきますよね。響きや音で決める場合は、読み方を決めてからその読みに合わせて漢字を当てる場合が多いです。そのため当て字になってしまうこともあります。漢字を後から当てはめる場合は、漢字の持つイメージや意味にも気をつけましょう。意味そのものは普通でも、名前としてはふさわしくない意味の漢字もたくさんあります。よく調べて、字面や全体の文字のバランスも考慮しましょう。

6.親の名前から文字をとる

親の名前から文字をとる名付けの手法は、今でも人気の名付けの方法です。自分の名前も自分が親からもらった大切なものです。その一部を自分の子どもに与えて受け継がせることは素敵なことです。また漢字ではなく、読みから文字をとり漢字を当てはめても良いでしょう。

名前を付けるときに大切な3つのこと

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子どもの名前は親のものではありません。名前は子どもが一生背負って生きていく大切なものです。適当に考えたり安易な気持ちで決めると困るのは親ではなく子どもです。名前が原因で親子の仲が悪くなってしまうこともあります。名前を考えるときに重要なポイントを紹介します。

1.産まれる前に候補を絞る

待ちに待った出産を終え、愛しの我が子に会えた喜びは計り知れないものです。気分が盛り上がってしまいますが、名前を決めるときは冷静な気持ちで決めましょう。

妊娠中にあらかじめ候補を決めておき、産後に産まれたときの感動と嬉しさを思い出しながら考えると冷静になって考えられます。名前の候補は、ひらがな・使いたい漢字をそれぞれ別に書きとめておくと、正式に決めるときに漢字を当てはめやすいです。

逆に出産前は「この名前がいい」と思っていても、子どもの顔を見たら別の名前のほうがよく思えることもあります。そのためすぐに名前を決めてしまわず、候補としていくつか入れておいたほうが、余裕を持って名前を付けることが出来ます。

2.子どもの将来を考える

自分の子どもには幸せになってほしいと願うのが親心。そのためには子どもの将来のことまで考える必要があります。近年は特殊な読み方や書き方をする「キラキラネーム」を名づける親もいますが、インパクトが強い分、周囲から先入観を持たれてしまうこともあるでしょう。思わぬところで、子どもの将来に影響を与えてしまう可能性もあるかもしれません。いろんな価値観はありますが、子どもが一生、誇りを持てる名前を付けてあげましょう。

3.使う文字に気をつける

命名の際に使える漢字は戸籍法で決められており、名前に使えない漢字が使用されている場合は出生届を受理してもらえません。使用出来る漢字であるかどうかを確認しておくといいでしょう。使える漢字の場合、読みに制限はなく、当て字などを含め自由に決めることが出来ます。しかし当て字などを使用する場合は、いきすぎた表現た他人が見て、あまりにも分かりづらい読み方は避けるのが無難かもしれません。

またアルファベット、ローマ数字、数字、記号は基本的に使用出来ません。記号はものによっては使用可能なものもあるので、希望する場合は調べましょう。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

いかがでしたか? 名前はその人を印象づける一つでもあります。名前の漢字一つで、印象もガラリと変わってしまいます。悩んでしまうかと思いますが、夫や家族とあれこれ考える時間も、幸せですよね。じっくり考えましょう。

関連するキーワード


名付け

最新の投稿


【医師監修】赤ちゃんのいびきは病気? 考えられる4つの原因と治し方

【医師監修】赤ちゃんのいびきは病気? 考えられる4つの原因と治し方

赤ちゃんがうるさいくらいの「いびき」をかいていて苦しそう、息が荒い……。これは病気の可能性があります。今回は赤ちゃんのいびきの原因をはじめ、治療、ご家庭での防止策までを解説しました。


【医師監修】妊婦のインフルエンザ、薬の服用・赤ちゃんへの影響は?

【医師監修】妊婦のインフルエンザ、薬の服用・赤ちゃんへの影響は?

妊婦がインフルエンザに感染した場合、赤ちゃんにはどのような影響が及ぶのでしょうか。薬の服用、ワクチン接種のそれぞれについてチェックしましょう。


育児休暇と育児休業は何が違う? 取得するために知っておくべきこと

育児休暇と育児休業は何が違う? 取得するために知っておくべきこと

仕事をしている女性にとって気になることのひとつが、出産した後に取得できる育児休暇(育児休業)のこと。産まれたばかりの赤ちゃんを育てるために育休という制度があることは知っているものの、具体的な内容までは知らないという人は多いでしょう。育休の仕組みについて、詳しくご紹介します。


働くママが知りたい「育児休業等取得者申出書」の手続き・提出までの流れ

働くママが知りたい「育児休業等取得者申出書」の手続き・提出までの流れ

もし出産後も仕事を続けたいと考えているなら、育児休業の制度を知っておきましょう。出産後、スムーズに職場復帰を果たすためにも、育児休業を上手に利用したいものです。今回は、育児休業を取得する際の手続きについて、必要な書類の一つ「育児休業等取得者申出書」を軸にまとめてみました。


【医師監修】妊娠時に基礎体温が下がることはある? 妊娠中の体温変化とその要因

【医師監修】妊娠時に基礎体温が下がることはある? 妊娠中の体温変化とその要因

妊娠の兆候を感じるのは、体温が高いことがきっかけになる女性もいるでしょう。妊娠すると、体は一気に「胎児を守り育てる」仕組みにシフトし、日常を維持するモードから切り替わります。女性ホルモンの働きが活発になって、体内に大きな変化が出てきます。そのため顕著に変化が現れるのが「体温」です。