ママのための悩み解決サイト
【医師監修】頻尿や腰痛が関係!? 出産間近の兆候10コ

【医師監修】頻尿や腰痛が関係!? 出産間近の兆候10コ

妊娠したと同時にお母さんは、ホルモンの変化や、悪阻、お腹が大きくなったりと、さまざまな変化を経験します。そして出産はもう目の前。出産間近にもお母さんの身体は変化していきます。頻尿や腰痛もその一つです。ここでは、焦ったり、不安になったりしないために、出産間近の兆候についてご紹介していきます。


この記事の監修ドクター
産婦人科医 森 智恵子先生
1991年久留米大学医学部卒業、医学博士 産婦人科専門医
  女医+(じょいぷらす)所属

出産間近のお母さんと赤ちゃんの状態

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠10か月に入る妊娠36週の赤ちゃんは、個人差はあるものの約2000~2900gまで成長します。妊娠37週0日~41週6日に産まれれば正期産と言われ、赤ちゃんは子宮外でも生きていける機能が整います。出産間近になっても赤ちゃんと子宮は成長し続けているので、お母さんは日常生活を送っているだけでも大変ですね。そして出産に備え、赤ちゃんが骨盤の中に下りてきます。ホルモンの方でも、プロゲステロンとエストロゲンの分泌量がさらに増え、情緒が不安定になる方もいます。出産への恐怖や、無事に赤ちゃんを産むことができるのか、育てられるのか等不安が高まります。これらのお母さんと赤ちゃんの変化によって、頻尿になりやすかったり、腰痛が悪化したり、さまざまな出産間近の兆候が見られるようになります。

出産間近の兆候10コ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

1)胃や胸の圧迫感がなくなる

これまでは子宮が大きくなることで、胃や胸が圧迫されていました。出産間近になると赤ちゃんが下がってくるので、胃や胸を圧迫していたものがなくなりスッキリします。その為、食欲が食欲旺盛になる妊婦さんも多いです。最後まで気を抜かずに、食べ過ぎには気をつけ、バランスよく食べて、健康に気をつけて下さいね。

2)トイレが近くなる

子宮が大きくなり、赤ちゃんが下がってくることによって、膀胱が圧迫され、頻尿や、残尿感が出てきます。膀胱炎かもと思うかもしれませんが、これも出産間近の兆候の一つです。しかし実際に腎盂腎炎や膀胱炎になっていることもあるので産婦人科の先生には伝えておきましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

3)便秘になる

お腹が大きくなると内臓器官が圧迫されます。腸は圧迫されやすいので、物理的に便が通りにくくなり、妊婦は便秘になりやすいです。特に妊娠間近では黄体ホルモンがより活発になることで水分を体内に溜め込み便の水分を奪ってしまいます。さらに、赤ちゃんが下りてくることによって、今までより腸を圧迫し便秘になりやすいのです。食物繊維の多い食べ物や乳製品、水分をたくさん摂るように心がけて下さいね。産科の先生に下剤を処方してもらうことも大切です。

4)骨盤・脚の付け根・脚が痛い

妊娠間近になると骨盤や脚の付け根、脚全体が突っ張り、痛い経験をする方もいます。これも赤ちゃんが下りてきたこと、子宮の増大が影響しています。赤ちゃんの頭は骨盤の中に下りてくると、赤ちゃんの頭が骨盤を直接グリグリ押し付けたり、神経を圧迫したりして痛みを感じます。人によって痛みの有無や場所は少し違うかもしれません。痛みを感じたら横になって休みましょう。激痛の時は必ず病院を受診しましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

5)腰痛が増す

妊娠と同時に腰痛持ちになった人は多くいるでしょう。また妊娠後期や出産間近になって腰痛が増す人もいます。10か月間成長し続けた赤ちゃんと子宮はとても重く、腰の神経が引っ張られたり、直接腰に負担がかかり痛みますよね。また下がった赤ちゃんが腰の通じる神経を圧迫して痛むこともあります。こまめに横になったり、骨盤ベルトをしたりして対策をとって下さい。あまりに痛む時にはかかりつけの産婦人科医に相談しましょう。

6)夜に眠りにくくなる

出産間近になるとなかなか寝付けない事や、寝ても目が覚めてしまう事があります。お腹が大きくなると寝返りも打ちにくいですし、眠れません。さらに出産間近になると卵胞ホルモンのエストロゲンが活発になることによって不眠になるとも言われています。赤ちゃんが産まれると2~3時間おきの授乳でお母さんの睡眠も細切れになります。

7)昼に眠くなる

夜に眠りにくくなるので、昼に眠くなることが多くなります。夜の不眠に加え、妊娠後8~10㎏増えた体重や大きなお腹で今まで通りの生活をすると、体力の消耗が激しいからです。特に無理をしたわけではなく、普通に生活しているだけでも疲れやすく、眠くなります。間もなくくる出産・育児に向け、眠たいときは昼寝をしたり、横になったりして体力を温存しておきましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

8)胎動を感じることが減る

出産間近になると、胎動を感じることが減り、とても心配するお母さんもいます。これは赤ちゃんが下がり骨盤の中にはまるからと言われています。また、はじめはクルクル回ったり、手足を伸ばしたりしていた赤ちゃんも、出産間近になると身体が大きく成長し、窮屈な体勢のまま子宮の中で丸まっています。物理的に動き回るのは難しくなります。ですが、もぞもぞしたり、少しでも動こうとしたり、胎動を感じないことはありません。あくまでも胎動を感じるのが減るだけなので、全く感じない場合は病院を受診しましょう。

9)お腹が頻繁に張る

お腹がカチカチの石みたいにパンパンに張ることがあります。痛みを伴う場合もあり、「赤ちゃんが大丈夫かな?」と心配したり、「陣痛が来たのかな?」と思ったりします。原因は急激にお腹大きくなったことにより子宮が収縮したり、便秘だったり、前駆陣痛だったりします。妊娠初期や中期の頃はお腹が張らないように指導されるのでとても心配になりますが、出産間近になると数分のお腹の張りは自然なことなので大丈夫です。ただし、10分ごとに強い張りが続くときやお腹の一部だけが痛むときはかかりつけの先生に相談しましょう。また痛みが継続的に続くようならば、前駆陣痛から本陣痛に入っている可能性もあるので、痛みの間隔を計って病院に電話しましょう。

10)おりものの量が増える

出産間近になると、赤ちゃんが産道を通りやすくなるように、白くてサラサラしたおりものが増えます。卵白のような粘り気があり、茶色や黄色など変化していくこともあります。おりものの性質や量が変わったことにより、陰部の痒みに悩まされる人もいます。おりものシートや下着をこまめに交換し、清潔な状態を保てるようにして下さい。破水のこともありますので、水が流れ落ちる感じがあれば病院を受診しましょう。

出産に備えておくこと

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

さぁ、出産間近の兆候があらわれたなら、赤ちゃんに出会えるのももうすぐです。出産予定日はあっても、いつ産まれるかは誰も分かりません。出産のときに慌てないように、出産の前に準備を整えておきましょう。

病院へ行く手段を確認する

家で夫や家族がいるときに陣痛がはじまり、病院まで連れて行ってもらえたらいいですが、もし一人の時に陣痛や破水が起こったらどうしますか? または外出先ならどうしますか? 色んな場合を想定して、病院へ行く手段を考えておきましょう。「コウノトリタクシー」や「赤ちゃんタクシー」等、出産のためのタクシーを事前登録できる地域もあります。また夜間の病院窓口も確認しておくと安心です。

荷物を最終確認する

きっと入院準備は終わっていることと思いますが、入れ忘れて後で夫や家族に届けてもらうと、場所を伝えるだけでも面倒です。抜かりのないように荷物の最終確認をしておきましょう。できれば夫と一緒に荷物の最終確認をすると、夫も荷物の場所を把握できるので入院中楽です。また荷物は、

・最低限必要な物
・入院するときに必要な物
・入院生活、産後必要な物
・退院時に必要な物

というように、四つにわけておくと便利です。

連絡先を確認する

いきなり陣痛や破水が起こるとパニックになってしまいます。必要な連絡先はリストアップして見えるところに貼っておくと、慌てた時でも安心ですし、お母さん以外でも電話できるのでいいですよ。また連絡先のメモを母子手帳に挟み肌身離さず持ち歩くと、外出時も安心です。

<必要な連絡先例>
・病院の電話番号
・夫の職場の電話番号
・夫の携帯
・タクシー会社の電話番号
・両親、義両親の電話番号

出産兆候に注意! 

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

今まで紹介したのは出産間近の兆候です。そして、出産の兆候があらわれ、いよいよ出産がはじまります。今までの出産間近の兆候は準備運動で、これからが本番ですね。出産においていきなり赤ちゃんがスッポーンと産まれるわけではありません。何かしらの体からのサインがあります。無事に産むためにも出産兆候の「おしるし」「陣痛」「破水」は知っておきましょう。

おしるし

子宮口が開き始めると、赤ちゃんを包んでいた卵膜が子宮から剥がれ、少しずつ血液が滲み出ます。この出血とおりものが混ざったものが「おしるし」です。色は赤褐色や赤色などで、量や形状にも個人差があります。おしるし後すぐに陣痛が始まる人もいれば、陣痛がおきてからおしるしがある人もいます。たいていはそのまま陣痛が来るのを待っていれば大丈夫ですが、流れるような出血や大量の出血があるときはすぐに病院に行きましょう。

陣痛

腰やお腹まわりが押されるような痛み、ひどい生理痛みたいな痛みが周期的に起これば、前駆陣痛ではなく本当の「陣痛」のはじまりです。陣痛かと思ったら、陣痛の間隔をはかってください。そして痛みが10分間隔になったら病院へ連絡し向かいましょう。ただし、突然の激しい痛みがずっと続くようでしたら、すぐに病院に連絡し、緊急の場合は救急車を呼びましょう。

破水

赤ちゃんを包んでいる卵膜が破れ、中の羊水が出てきてしまうことを「破水」といいます。普通は、陣痛が始まり、子宮口が十分に開いたときに起こります。生暖かく酸っぱい匂いが特徴的です。チョロチョロと少量が出続ける人やドバっと大量に出る人など様々です。陣痛前に破水が起きる人もいて、必ずしも危険な状態ではありませんが、すぐに病院に行く必要があります。病院に向かう途中でも、生理用ナプキンやバスタオルを巻いて車の中では横になり、できるだけ破水が進行しないように気をつけましょう。破水が起こると細菌感染の危険があるので、シャワーやお風呂は厳禁です。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

出産間近の身体の変化に戸惑い、疲れることもあるでしょう。また、大きなお腹を抱えて「まだかな? 」と待つのはじれったくもありますね。それでも産まれてみればあっという間で、妊娠している当時は本当に辛い思いをしたはずですが、その辛さもすっかり忘れて出産間近のあの頃が懐かしくも思います。今回ご紹介した出産間近の兆候を参考に、慌てず、焦らず、ゆったりと残り少ないマタニティライフをお過ごし下さい。

関連する投稿


【医師監修】二人目を妊娠したい! 適切な時期・タイミングはいつ?

【医師監修】二人目を妊娠したい! 適切な時期・タイミングはいつ?

子どもは二人以上欲しい! という人も多いですよね。いつ頃が適切な時期・タイミングなのか、また、上の子のケアや妊娠中や出産のときの注意点も気になりますよね。今回は、そろそろ二人目を妊娠したいと思ったらいつが適切な時期なのか、また、上の子との接し方や妊娠中・出産時の注意点などをお伝えいたします。


【医師監修】低出生体重児の持つ2つのリスクは? 原因・後遺症の可能性・発育について

【医師監修】低出生体重児の持つ2つのリスクは? 原因・後遺症の可能性・発育について

現代では、出生体重が「2,500g未満」の低出生体重児が増えているといわれています。そこで今回、低出生体重児の健康上の問題やその原因、発育などについて紹介していきます。


【医師監修】着床後はおりものが変化する? 妊娠の兆候とおりものの基礎知識

【医師監修】着床後はおりものが変化する? 妊娠の兆候とおりものの基礎知識

妊娠すると、身体にさまざまな変化が現れます。体温の上昇や気分の不快感などいろいろありますが、その中のひとつが「オリモノの変化」。具体的にどのようにオリモノが変化するのでしょうか? 気を付けておきたいオリモノの病気とともにご紹介します。


【医師監修】高温期が何日続けば妊娠の可能性? 妊娠中はいつまで高温が続く?

【医師監修】高温期が何日続けば妊娠の可能性? 妊娠中はいつまで高温が続く?

女性はホルモンの影響で、約1カ月の間、身体の調子がさまざまに変化します。ある一定の時期、「なんだか熱っぽい」と感じることはありませんか? これは「高温期」と呼ばれるもので、排卵の有無や妊娠を知る大切な目安でもあります。今回はこの「高温期」について解説します。


【医師監修】ダウン症の検査はどう行う? 方法とリスク、検査の現状と問題点

【医師監修】ダウン症の検査はどう行う? 方法とリスク、検査の現状と問題点

おなかの中の赤ちゃんにもしも病気があったら、出生前に知っておきたいと考えるママも少なくありません。現在注目されているのが「胎児ドック」です。今回は「胎児ドック」の検査内容や受ける時期、母体や赤ちゃんにリスクはないのか、などについてまとめました。


最新の投稿


葉酸たっぷりの果物&食べる際の注意点

葉酸たっぷりの果物&食べる際の注意点

妊娠中はつわりもあり、食欲が落ちますが、ジューシーな果物は比較的食べやすいですよね。今回は、葉酸たっぷりの果物をご紹介するとともに、食べる際の注意点も紹介していきます。


【医師監修】子どもの鼻づまりを治す方法・3選  家庭でできる簡単ケア

【医師監修】子どもの鼻づまりを治す方法・3選 家庭でできる簡単ケア

ズルズルと続く子どもの鼻づまりは、かわいそうですよね。今回は子どもの鼻づまりのケアをご紹介します。子どもが辛そうにしていたら、取り入れてみてください。


【医師監修】低出生体重児の持つ2つのリスクは? 原因・後遺症の可能性・発育について

【医師監修】低出生体重児の持つ2つのリスクは? 原因・後遺症の可能性・発育について

現代では、出生体重が「2,500g未満」の低出生体重児が増えているといわれています。そこで今回、低出生体重児の健康上の問題やその原因、発育などについて紹介していきます。


【医師監修】不妊の原因に!? 「黄緑のおりもの」で疑うべき4つの病気

【医師監修】不妊の原因に!? 「黄緑のおりもの」で疑うべき4つの病気

黄緑色のおりものになったら、体の異変のサインかも? 今回は、黄緑色のおりものから疑うべき「4つの病気」と、その症状・原因・治療法までを詳しく見ていきましょう。


【医師監修】妊娠初期から注目! 摂取すべきサプリメント5つ

【医師監修】妊娠初期から注目! 摂取すべきサプリメント5つ

バランスよい食事に気をつけていても、食事では摂りきれない栄養素はたくさん!そんな時は、サプリメントで補うことができます。妊娠初期からきちんと飲みたい「5種類のサプリメント」を紹介します。