ママのための悩み解決サイト
【医師監修】赤ちゃんが「むせる・嫌がる」 母乳を飲まないときの原因

【医師監修】赤ちゃんが「むせる・嫌がる」 母乳を飲まないときの原因

母乳は赤ちゃんにとって大切な栄養ですから、飲んでくれないと焦ってしまいますよね。赤ちゃんが母乳を嫌がる原因と対策を大きく3つ、①赤ちゃん側の問題(受ける側の問題)、②ママ側の問題(与える側の問題)、③環境による問題、に分けてお伝えしていきます。


この記事の監修ドクター
表参道首藤クリニック 首藤紳介先生
小児科医。自身の経験から、薬だけに頼らず自己治癒力を高める医療を目指す。2013年より表参道首藤クリニックを開業。
http://shuto-clinic.net/

1.赤ちゃん側の問題

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

生まれたばかりの赤ちゃんですが、すでにひとりひとり違っていて個性があります。その個性が母乳を拒む原因になることもしばしばです。

赤ちゃんの口に問題がある

生まれもって口の大きさが違えば、お産の際に赤ちゃんの口が傷ついてしまう場合もあります。目で見てわかる場合もあれば、小さな傷や内面の様子はわかりませんのでおかしいなと思ったら担当医に相談するのもひとつです。

赤ちゃんの吸う力

赤ちゃんは生まれた時から母乳の吸い方を知っています。お腹の中で覚えてきてくれます。問題となるのは赤ちゃんがおっぱいを吸う力が弱いことが原因となっている場合があります。母乳は赤ちゃんが吸ってくれることでだんだん出るようになります。でも、ママの乳首の形が赤ちゃんが吸いやすい形になっていなかったり、乳首が柔らかくなっていなかったりする場合も、赤ちゃんががんばったところでうまく吸えないことがあります。

赤ちゃんが吸ってくれないことで、母乳が出なくなったり乳腺が詰まって、乳腺炎の心配も出てくるので、早めに対策をとることも必要になります。

赤ちゃんの吸う力が弱い場合には、ママの母乳を搾乳して哺乳瓶で飲ませてあげるという方法があります。母乳が出るのに赤ちゃんが飲めないケースにはこの方法が適しています。哺乳瓶からでも母乳を飲んでいる赤ちゃんは、徐々に体力もついてきて、すぐに自分の力でママの母乳を飲んでくれるものです。ママが心配している間にも赤ちゃんはちゃんと育っていますので、目の前の出来事に落胆しすぎずに長い目で育てていく気持ちを持つことで、赤ちゃんも安心してママの優しさを受けとめてくれます。

ただ、お腹が空くと赤ちゃんは大きな声で泣きます。母乳で悩んでいるママにとっては、不安を煽られている気持ちになってしまいがちですが、赤ちゃんはまだ泣くことでしかママを呼ぶことができないと思って、「どうしたのかな?」とまずは抱っこしてあげましょう。そのあとで、母乳やミルクの準備をしてあげると赤ちゃんも安心できます。

2.ママ側の問題

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

母乳のメカニズムを知る

母乳に含まれる成分や含まれる栄養、どうやって生み出されているのかについてまずは基礎知識を入身につけましょう。ママになると今までは出たことのなかった母乳が自然と出るようになります。母乳が出る仕組みは、妊娠期にママと赤ちゃんをつなぐ大切な存在「胎盤」が引き金になっています。赤ちゃんはママのおなかにいる間、胎盤を通して栄養を得ています。その胎盤が出産とともに体外へ排出されることによりホルモンのバランスが変化します。その結果、母乳が出るようになっているのです。

母乳とママの食生活の影響

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

神秘的な仕組みで作られる母乳ですが、その成分は赤ちゃんにとって必要不可欠なものなのです。カルシウムやたんぱく質、ビタミン・ミネラルなどが含まれています。ママの食べたものがそのまま赤ちゃんの栄養に変わると思ってください。

ママの母乳が出にくい

また、母乳が出にくい人もいます。古くなった母乳は不味いので、赤ちゃんは飲んでくれません。マッサージなどを心がけると(マッサージをしてくれる病院を探すのもひとつの手です)、美味しい母乳が出るようになります。

妊娠前の乳首も固くはないなと思っていても、マッサージすることで想像していた以上に柔らかくなります。こんなに柔らかくなるならもっと早くマッサージすれば良かったと思うママも少なくありません。乳首が柔らかいと、赤ちゃんの吸いやすい形に馴染みやすいですから、赤ちゃんにとっても楽に母乳が飲めるようになります。

母乳マッサージは自分でもできます。赤ちゃんが母乳を飲んでくれることで、出産で広がっていた子宮を収縮してくれる効果もあります。

ママの栄養も2割程多めに

母乳の分泌量は一日の平均で800ml前後です。普段の水分より多めに水分を摂るように心がけましょう。妊娠中に太った分、ダイエットをしたいという気持ちもわかりますが、栄養も母乳育児の間はきちんと必要です。基本的には妊娠後期と同じくバランスよくなんでも食べるように心がけますが、特に不足しがちなカルシウム、鉄分、葉酸等を積極的に摂るようにします。

ママもしっかりと睡眠をとる

生後1ヶ月までは、赤ちゃんが1回に母乳を飲める量が少ないので、昼夜問わず母乳に追われてしまい寝不足になりがちです。出産を終えた直後は、ママは精神的に興奮状態にあり翌日はあまり眠れない傾向があります。そのうえ、母乳育児はすぐに始まりますから、ママの休める隙はなかなかありません。無理を重ねていると疲労やストレスが溜まって、母乳にも影響が出始めてしまいます。

ママが疲れていると、母乳の分泌量も減ってしまうので、赤ちゃんが眠っている時にはママも一緒に休む時間を作るようにしましょう。隣でママが一緒に眠ることも、赤ちゃんへのスキンシップのひとつです。ママと一緒だと赤ちゃんも安心してよく眠ってくれるものです。

3.授乳環境

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

授乳をする際の環境も大切です。なるべく母子両者にストレスが加わらないよう、部屋の温度や明るさなどにもこだわり、周りの人にも協力してもらい、なるべく2人だけでリラックスして授乳ができる環境をつくり出しましょう。

ミルクに切り替えるのもひとつの手

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

幸せな育児が、辛さばかりの育児になっては赤ちゃんにも自分自身にもよくありません。どうしても母乳を飲んでくれないときはあきらめも肝心です。大切なことは赤ちゃんの健やかな成長。目的を見失わず、目の前にいる赤ちゃんの幸せのためにはどうしたらいいのかを焦らず模索してみましょう。

また、毎日たくさんのお母さんたちを診て、アドバイスをしている病院の先生たちの意見もとても貴重です。母乳の悩みを相談できずに思い悩んでしまう人も多いようですが、赤ちゃんのために思いきって相談することも必要です。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

母乳は栄養価の高い、赤ちゃんにとって大切なエネルギー源です。しかし、赤ちゃんがなかなか母乳を飲んでくれずに悩んでいるママたちはたくさんいます。赤ちゃんは自分の意思を言葉で伝えることができないので、ママが守ってあげましょう。

育児は頼れる人もなかなおらず、一人っきりで悩む時間も多いのが現実です。思いつめず、相談できる人を見つけ相談することも大切です。もし今辛い時間が続いていたとしても、必ず解決策は見つかります。赤ちゃんと一緒にお母さんも成長していきましょう。

関連する投稿


【医師監修】二人目を妊娠したい! 適切な時期・タイミングはいつ?

【医師監修】二人目を妊娠したい! 適切な時期・タイミングはいつ?

子どもは二人以上欲しい! という人も多いですよね。いつ頃が適切な時期・タイミングなのか、また、上の子のケアや妊娠中や出産のときの注意点も気になりますよね。今回は、そろそろ二人目を妊娠したいと思ったらいつが適切な時期なのか、また、上の子との接し方や妊娠中・出産時の注意点などをお伝えいたします。


【医師監修】低出生体重児の持つ2つのリスクは? 原因・後遺症の可能性・発育について

【医師監修】低出生体重児の持つ2つのリスクは? 原因・後遺症の可能性・発育について

現代では、出生体重が「2,500g未満」の低出生体重児が増えているといわれています。そこで今回、低出生体重児の健康上の問題やその原因、発育などについて紹介していきます。


【医師監修】着床後はおりものが変化する? 妊娠の兆候とおりものの基礎知識

【医師監修】着床後はおりものが変化する? 妊娠の兆候とおりものの基礎知識

妊娠すると、身体にさまざまな変化が現れます。体温の上昇や気分の不快感などいろいろありますが、その中のひとつが「オリモノの変化」。具体的にどのようにオリモノが変化するのでしょうか? 気を付けておきたいオリモノの病気とともにご紹介します。


【医師監修】高温期が何日続けば妊娠の可能性? 妊娠中はいつまで高温が続く?

【医師監修】高温期が何日続けば妊娠の可能性? 妊娠中はいつまで高温が続く?

女性はホルモンの影響で、約1カ月の間、身体の調子がさまざまに変化します。ある一定の時期、「なんだか熱っぽい」と感じることはありませんか? これは「高温期」と呼ばれるもので、排卵の有無や妊娠を知る大切な目安でもあります。今回はこの「高温期」について解説します。


【医師監修】ダウン症の検査はどう行う? 方法とリスク、検査の現状と問題点

【医師監修】ダウン症の検査はどう行う? 方法とリスク、検査の現状と問題点

おなかの中の赤ちゃんにもしも病気があったら、出生前に知っておきたいと考えるママも少なくありません。現在注目されているのが「胎児ドック」です。今回は「胎児ドック」の検査内容や受ける時期、母体や赤ちゃんにリスクはないのか、などについてまとめました。


最新の投稿


葉酸たっぷりの果物&食べる際の注意点

葉酸たっぷりの果物&食べる際の注意点

妊娠中はつわりもあり、食欲が落ちますが、ジューシーな果物は比較的食べやすいですよね。今回は、葉酸たっぷりの果物をご紹介するとともに、食べる際の注意点も紹介していきます。


【医師監修】子どもの鼻づまりを治す方法・3選  家庭でできる簡単ケア

【医師監修】子どもの鼻づまりを治す方法・3選 家庭でできる簡単ケア

ズルズルと続く子どもの鼻づまりは、かわいそうですよね。今回は子どもの鼻づまりのケアをご紹介します。子どもが辛そうにしていたら、取り入れてみてください。


【医師監修】低出生体重児の持つ2つのリスクは? 原因・後遺症の可能性・発育について

【医師監修】低出生体重児の持つ2つのリスクは? 原因・後遺症の可能性・発育について

現代では、出生体重が「2,500g未満」の低出生体重児が増えているといわれています。そこで今回、低出生体重児の健康上の問題やその原因、発育などについて紹介していきます。


【医師監修】不妊の原因に!? 「黄緑のおりもの」で疑うべき4つの病気

【医師監修】不妊の原因に!? 「黄緑のおりもの」で疑うべき4つの病気

黄緑色のおりものになったら、体の異変のサインかも? 今回は、黄緑色のおりものから疑うべき「4つの病気」と、その症状・原因・治療法までを詳しく見ていきましょう。


【医師監修】妊娠初期から注目! 摂取すべきサプリメント5つ

【医師監修】妊娠初期から注目! 摂取すべきサプリメント5つ

バランスよい食事に気をつけていても、食事では摂りきれない栄養素はたくさん!そんな時は、サプリメントで補うことができます。妊娠初期からきちんと飲みたい「5種類のサプリメント」を紹介します。