ママのための悩み解決サイト
【医師監修】子宮筋腫で起きる6つの症状と3種の治療法

【医師監修】子宮筋腫で起きる6つの症状と3種の治療法

40歳以上の女性4人に1人は発症すると言われている子宮筋腫。良性の腫瘍なので命に別状はありませんが、腰痛などの様々な症状を引き起こす可能性があります。痛みに耐えかね、手術を決断する患者さんも少なくありません。そんな子宮筋腫とはどんな病気なのか、子宮筋腫によって引き起こされる腰痛の症状と改善、治療方法についてお伝えします


この記事の監修ドクター
帝京大学医学部附属溝口病院 土谷聡先生
日本産科婦人科学会 専門医・指導医、日本婦人科腫瘍学会 専門医・指導医、日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
東急田園都市線 高津駅よりすぐのところにある溝口病院では子宮筋腫、卵巣嚢腫など婦人科良性腫瘍はもちろん、子宮体癌の腹腔鏡手術を多く手がけています。
http://tmog.umin.jp/

そもそも子宮筋腫とは??

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

腰の痛みが子宮筋腫によるものかどうか突き止めるためにも、子宮筋腫について正しく理解することが先決です。そもそも子宮筋腫とはどんな病気なのでしょうか。

腫瘍ですが良性なので転移はしません

子宮筋腫とは、子宮の中にできる良性の腫瘍のことを言います。腫瘍と聞くと不安になる人も多いと思いますが、子宮筋腫は良性の腫瘍で、悪性の腫瘍と違ってほかの組織への転移はありません。命に関わる病気ではないので、子宮筋腫が見つかっても定期的に診察を受けておけば特に心配する必要はありません。

女性特有の病気の中でも、子宮筋腫は最も患者数が多い病気です。30代~40代の女性が多く、30%くらいの女性が子宮筋腫を持っていると言われています。最近では20代での発症も増えてきています。症状がほとんどない人もいますので、筋腫に気づかずに一生を終える人もいるようです。

同じ子宮筋腫でも種類はたくさん!!

子宮筋腫は子宮体部にできるものがほとんどで、発症する場所によって大きく3つに分けられます。それぞれ症状や治療法が異なります。

① 筋層内筋腫
子宮の筋肉の中にできる子宮筋腫の中では最も多く見られるタイプで、子宮筋腫の中で最も多く見られるタイプで全体の約60%を占めると言われています。筋腫の大きさはさまざまで、握りこぶし大くらいのものもあれば、大豆くらいのものや、鶏の卵くらいのものもあります。いろいろなところにたくさん出来やすく、大きく成長しやすいのが特徴です。

② 漿膜下(しょうまくか)筋腫
子宮の表面にできる筋腫です。子宮筋腫全体の約30%がこのタイプです。子宮の外側に向かって成長するので、子宮の表層にできたり、コブが盛り上がっているようになったりします。中には子宮本体と離れて、細い茎で子宮とつながっている有茎漿膜下筋腫もあります。まれに、茎がねじれて強い痛みを伴うことがあります。

③粘膜下筋腫
子宮内膜のすぐ下に発症します。発症頻度は10%と低いですが、一番症状が出やすいタイプです。1~2cm程度の小さな粘膜下筋腫でも過多月経や不妊などの原因となる場合があります。また、粘膜下筋腫の中でも、根元に茎ができて子宮の中で成長する有茎粘膜下筋腫ができることがあります。人の体は異物を体外に出そうとする性質があるので、月経のたびに、有茎粘膜下子宮筋腫を外へ出そうとして、陣痛のような強い痛みが起こることがあります。これによって、子宮筋腫が子宮口から膣へ飛びだした状態を筋腫分娩と呼びます。このような状態になると、月経でないときでも出血が続き、ときには出血が大量となり輸血が必要となる場合もあります。

子宮筋腫の代表症状は9つ!!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子宮筋腫の症状は腰痛だけではありません。腰の痛みが腰痛によるものなのか見分けるためにも、他の症状をチェックしてみて下さい。腰痛以外の症状を大きく分けると9つあります。ただ、子宮筋腫がある人すべてに症状が出るわけではありません。60%~70%の人は無症状だといわれ、子宮筋腫ができても気づかない人がたくさんいます。子宮筋腫が大きくなるにつれ、または発生場所により症状は様々です。代表的な症状をご紹介します。

①過多月経

最も多く見られる症状です。普段から月経中の出血量が多い、10日以上続く、レバーの様な血のかたまりがたくさん出るということが目安になります。出血量が多くなるので、貧血になりやすくなります。貧血の種類にはさまざまなものがあるので、医師にかかり採血を受けたうえで診断してもらう必要があります。子宮筋腫が原因となる貧血は「鉄欠乏性貧血」と言われるタイプの貧血で、鉄分を含む「鉄剤」という薬を内服して治療します。

【医師監修】おりものが大量に出るのは病気? 疑われる3つの病気と原因

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1085

おりものについては気軽に相談できる話題でもないため、人知れず悩んでいる人もいるでしょう。いつもより量が多いのは病気のサインなのでしょうか。おりものの量が多い時に考えられる原因を知り、適切に対処できるようにしていきましょう。

②下腹部痛や腰痛

子宮筋腫によって下腹部が痛くなることがあり、筋腫の場所によっては腰痛もあります。陣痛のような激しい痛みからにぶい痛みなどさまざまです。月経中だけでなく、それ以外の時期に痛みのある人もいます。

③おりもの

粘膜下筋腫があると、その表層を覆っている子宮内膜にただれができることがあります。そこからサラサラした分泌物が排出され、水っぽいおりものが増えます。血が混じるおりもの、黄色っぽいおりものが出ることもありますが、サラサラした水のようなおりものが大量に出る病気は子宮筋腫以外にもあるので、注意が必要です。子宮頸がん、子宮体がんなどを発症していないかどうか、できるだけ早く検査した方が安心です。

【医師監修】これって病気!? おりものの匂いがきつい原因と対処方法

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/20

おりものの匂いに困っても、人にはなかなか聞きづらいものです。でも、周りに匂いが漏れていないか気になるし、なんとか早く治したいですよね。そこで、おりものに悩む女性へ、匂いの原因から見た解決方法をお教えします。

④月経困難症

月経の時に下腹部痛、腰痛、発熱、頭痛、吐き気などの症状が出ます。月経がある女性の30%から70%が月経困難症を患っていると言われます。症状が日常生活に差し支えるほど強いと、治療が必要になります。この病気の半数近くの女性は、子宮内膜症が認められています。放置し、重症化すれば不妊症の原因になる可能性もあります。

【医師監修】月経困難症かも? 症状と原因、治療法とは?

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1540

生理中、下腹部痛や腰痛などといった「生理痛」の症状に悩まされることは、決して珍しいことではありません。しかし、その症状があまりにもひどく、日常生活に支障をきたしてしまうような場合を「月経困難症」と呼びます。ここでは、月経困難症の原因や治療法などをご紹介していきます。

⑤性交痛

性交時に子宮が動かされて痛みを生じます。もし筋腫のせいで痛みが発生している場合、放置すればするほど痛みが強くなると覚悟して下さい。子宮筋腫は放置しておくと年間1cmから2cmは大きくなります。「そのうち自然に治る」と楽観視することはできません。

⑥頻尿、尿失禁、尿閉

子宮筋腫が膀胱を圧迫すれば、膀胱の容量が小さくなり、尿の回数が多くなる頻尿になることがあります。尿道が引っ張られるように圧迫されると、尿失禁や、尿が出ない尿閉になる場合もあります。

⑦便秘

子宮筋腫が直腸を圧迫すれば、便の通過が妨げられ、便秘になります。慢性的な便秘のせいで体重が増えてしまうケースもあります。

⑧下腹部のしこり

子宮筋腫がかなり大きくなると、あおむけになったとき、下腹部に固いしこりが分かることがあります。触って分かるほどなら、子宮全体が赤ちゃんの頭くらいの大きさになっていると考えられます。

⑨不妊

粘膜下筋腫や筋層内筋腫のために、子宮の内膜がでこぼこに変形していると、せっかく精子と卵子が出会って受精しても受精卵が着床しにくく、うまく着床しても流産しやすくなります。

【医師監修】不妊症チェック! 男女別でわかる受診の目安と原因、治療法

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1126

結婚して、赤ちゃんがほしいと思っていてもなかなか授からずに焦りを感じているという場合、「自分が不妊症なのかもしれない」と不安になりますよね。不妊症について正しく知って、自分が当てはまるかどうかをまずは確認してみましょう。

不妊には様々な原因がありますが、子宮筋腫もそのひとつに数えられます。特に、子宮筋腫が原因の不妊は増えてきているといわれているのです。

腰痛が起きるときの場所と痛み方は??

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

腰痛というと椎間板ヘルニアや坐骨神経痛、また日常生活での姿勢の悪さを疑ったりする方が多いと思います。同じ腰痛であり症状もわかりにくいため検査して初めて子宮筋腫とわかることもあります。しかし、子宮筋腫による腰痛は、同時に月経過多、下腹部痛、月経痛、不正出血などの異常も現れるのでセルフチェックしておきましょう。筋腫がどんどん大きくなると子宮の周りの臓器に影響し、腰痛が起こりやすくなるのです。

痛み方は子宮筋腫の場所次第!

子宮筋腫ができる場所によって、どこに痛みが出るのか、痛み方は異なります。

排尿痛や頻尿

子宮の前方に筋腫ができた場合は、膀胱や尿管が圧迫されトイレの回数が増えたり、排尿障害や水腎症になってしまうことがあります。子宮筋腫が大きくなっている場合、排尿時に影響が出てくることがあります。

便秘による腹痛

子宮の後方に筋腫ができた場合は、直腸を圧迫して便秘になりやすくなります。また、排便時に痛みを伴う場合があります。

腰痛や下半身の血行不良

筋腫がかなり大きくなって骨盤内で占める割合が大きくなると、骨盤底の血管や神経を圧迫し、腰痛を引き起こします。また下半身のしびれやむくみ、静脈瘤が起こる場合もあります。

どうやって子宮筋腫を治療するの??

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子宮筋腫と診断された時、治療方法にいくつかの選択肢があります。まずは手術せず、子宮をそのまま残すという保存的治療という選択です。保存的治療でも、日常生活に注意しながら定期的な経過観察だけにとどめるか、もしくは薬物療法を行うという選択肢があります。また手術を選ぶ場合には子宮筋腫だけを取り除き子宮は温存する核出術と子宮を全部摘出する全摘出とがあります。全摘出すれば完治しますが、妊娠を望んでいる女性には非常に厳しい選択になります。どの方法を選択するかはこれからのライフプランにより異なります。それぞれの方法について詳しく見ていきます。

経過観察

子宮筋腫と診断されても腫瘍が小さくて自覚症状がない場合、症状が軽くて日常生活に支障がない場合、閉経が近い人、妊娠中の人などは、経過観察という方法をとります。これから妊娠、出産を希望する人では筋腫の場所や大きさによっては経過観察します。いつ状況が変わるか分からないので、半年に一度は定期的な検診をうけ、筋腫の状態を把握しておくことが大切です。

薬物療法

薬物療法が必要となるのは、過多月経、月経困難症や、腹部の張りや痛みといった自覚症状がある場合です。またこれまでの経過から今後、子宮筋腫が大きくなると予測されるときや、子宮内膜症、子宮腺筋症との合併症が考えられる場合も、薬物療法の対象となります。薬物療法にはホルモン剤を用いて一時的に月経を止めることで筋腫を小さくしたり、症状を抑えたりするホルモン療法と、対症療法があります。対症療法では、鎮痛剤で痛みを抑えたり、増血薬を用いて貧血を改善したりします。漢方薬を用いる方法もあります。

手術

日常生活を脅かすような重い症状があったり、筋腫が大きくなりすぎたり、短期間で急速に大きくなっている場合には筋腫を取り除く手術をします。筋腫が大きくなくても、過多月経で貧血になっている人、不正出血を繰り返している人、筋腫が不妊や流産の原因と考えられる人は手術を受けたほうがよいようです。

・妊娠を希望する場合は??
今後妊娠を希望している場合は、筋腫だけを取り除く「子宮筋腫核出術」を行います。目に見える筋腫しか取り除けないので、残った小さな筋腫が成長し、再発することが少なくありません。

・妊娠を希望しない場合は??
妊娠を希望しない場合は、再発や再手術を防ぐために「子宮全摘出術」という方法をとります。子宮筋腫は40代の患者さんが多く、これ以上の妊娠を希望されない方が多いので、多くの患者さんが「子宮全摘出術」を受けられています。「子宮全摘出術」を受けた場合、体調に変化が出るのではないかと心配される方が多いですが、手術で卵巣は切除せず温存しますので、女性ホルモンのバランスが崩れることはありません。

3つの方法で子宮筋腫による腰痛を改善!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子宮筋腫による腰の痛み方は、予想以上にハードです。腰全体が重く歩けないほどの痛くなることも珍しくありません。腰に電流が走るような強い痛み、腰全体がにぶいような痛みなど人によってさまざまです。この辛い腰痛を改善する方法をいくつか紹介します。

筋腫の切除

根本的な原因となっている筋腫を切除することで腰痛が飛躍的に改善される場合があります。切除の方法としては筋腫核出術、子宮全摘出術がありますが、筋腫以外の原因で腰痛を起こしていることもありますので、手術を受けても思ったほど腰痛が改善しないこともあります。

骨盤のゆがみを整える

骨盤が歪んでいると内蔵の位置が正しい位置にないために腰痛がおきやすくなります。骨盤矯正をすることで子宮を正常な位置にもどり腰痛が改善されます。整体やヨガ、ストレッチをすることで腰痛が軽減されたという話もあります。普段の姿勢にも気を配りましょう。

子宮を温める

子宮筋腫は、血行不良や胃腸の働きの低下が関係していると言われています。子宮筋腫で過多月経の場合、貧血になりやすくなります。全身の血の巡りが悪くなっていることもあるので、子宮を温めることで血行が良くなり腰痛が軽くなる場合もあります。湯たんぽや腹巻などの冷え対策グッズもおおいに活用しましょう。半身浴も効果的です。身体を冷やす飲食物にも気をつけ、子宮が冷えないよう注意して下さい。

【医師監修】妊娠20週目の赤ちゃんの発育は? ママの腰痛対策と生活の仕方

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1157

妊娠16週目から27週目までは「妊娠中期」と呼ばれています。今回は、妊娠20週目にスポットライトを当て、この時期に起こる体の変化ほか、必要なこと・注意点をお伝えします。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

近年、子宮筋腫の発症は若年化傾向にあります。良性で筋腫なので命に関わるような病気ではありませんが定期的な検診をお勧めします。子宮筋腫のせいで貧血や便秘になり、快適に過ごせないこともよくあります。自身のライフスタイルに合わせた治療法を選択しましょう。

また、子宮筋腫によって引き起こされる腰痛は、腰痛に関する治療と子宮筋腫に関する治療の両方をしっかり行っていくことが大切です。腰痛の症状が出る前に、筋腫を成長させない対策ができるといいですね。医療機関で専門医に診て貰った上で、どう向き合うか決めましょう。

【医師監修】子宮筋腫の4つの疑問〜妊娠前後の手術・流産の危険・費用など

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1263

女性の病気の中でも多く見られる子宮筋腫。今回は子宮筋腫の概要、妊娠への影響、サイン(症状)、手術の4点についてご紹介します。

【医師監修】子宮内膜症の症状と治療法、不妊や卵巣がん、再発のリスクは?

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1062

最近、だんだん生理痛がひどくなってきた……という方はいませんか? 年齢のせい?体質が変わった?など、考えることもあるかもしれませんが、もしかしたら「子宮内膜症」の可能性も。近年、若い女性の間にも増えているという「子宮内膜症」について解説します。

子宮の主な病気まとめ 症状、原因、検査・治療法

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1129

月経が一定の周期で来ない、不正出血がある、生理が長くて痛みが辛すぎる…こんな症状に悩んでいる女性は多いですよね。毎月月経があるたびに憂鬱になってしまうような痛みや違和感を、毎月のことだと放置していませんか。体の不調を突然感じるようになったら、もしかしたらそれは子宮が健康でないサインかもしれません。

【医師監修】妊娠前の妊活期に受けておくべき4つの検査・検診とは?

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/688

妊娠前に受けておくべき検査は、通常の健康診断のほかにも子宮頸がんや乳がん検査など、ガン検査も含まれています。また、感染症については、感染してしまうと赤ちゃんに影響が出る場合もあるので接種するようにしましょう。

【医師監修】高齢出産による4つの大きなリスクを回避する方法

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/282

高齢出産だとどんなリスクを伴うのでしょうか。不妊治療の病院で子宮筋腫や子宮内膜症が判明することも・・・。不妊や流産など辛い体験を報告する漫画や芸能人の体験談を知る機会も増えましたよね。「ダウン症の確率は?」、「メリットはないの?」など、気になる疑問に答えます。

【医師監修】子宮内膜炎で不妊に?症状や治療期間まとめ

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/174

子宮内膜炎は女性特有の婦人科系の疾患一つです。放っておくと不妊症につながる可能性も。ここでは子宮内膜炎の原因や症状、妊娠への影響、予防法などについて解説していきます。「生理やおりものはどう変化するの?」、「治療期間は?」、「薬で治らないと手術?」など、気になる情報をお伝えします。

関連する投稿


【医師監修】ノロウイルスとロタウイルスの症状の違い、予防法や治療法は?

【医師監修】ノロウイルスとロタウイルスの症状の違い、予防法や治療法は?

冬が深まるとテレビのニュースなどで「小学校でノロウイルスが流行し……」といったニュースを見かけることが多くなりますよね。感染すると下痢や嘔吐の症状を引き起こすノロウイルスやロタウイルスなどの感染性胃腸炎。実はどちらも流行る時期やかかる年齢、感染経路が異なります。今回はこれらの違いや治療法についてまとめました。


【医師監修】赤ちゃんにメープルシロップをあげるのはNG?

【医師監修】赤ちゃんにメープルシロップをあげるのはNG?

赤ちゃんにメープルシロップ入りのケーキシロップを与えても大丈夫なのでしょうか。「妊娠中、授乳中もダメ?」「アレルギーの心配は?」「メープルシロップ尿症の原因になる?」など気になる疑問に答えます。蜂蜜との違い、離乳食に混ぜる方法、1歳から3歳向けの咳対策のシロップ情報も必読!


【医師監修】妊娠線はいつからできて、いつ消える?原因や治療法を紹介

【医師監修】妊娠線はいつからできて、いつ消える?原因や治療法を紹介

妊娠がわかると、嬉しい反面、体の変化に戸惑うこともたくさん。特に妊娠線に悩む方が多いようですね。今回は「妊娠線」について解説していきます。


【医師監修】肉割れを消したい!赤い線を目立たなくするマッサージ法

【医師監修】肉割れを消したい!赤い線を目立たなくするマッサージ法

妊娠や体重の増加、成長期……と様々な理由でできてしまう「肉割れ」。女性にとっては、深刻な問題ですよね。消しやすい肉割れと、消しにくい肉割れってあるの? 肉割れにマッサージは効くの? 肉割れに効く治療法は? さまざまな肉割れについて紹介していきます。


【医師監修】口内炎ができる原因は?治療法やおすすめの薬を紹介

【医師監修】口内炎ができる原因は?治療法やおすすめの薬を紹介

「口内炎ができてしまった。早く治したい、でも、口内炎で病院に行くっていうのも大袈裟かな……?」そんなとき、役に立つのが市販薬。でも、薬局に行くと、いろんな種類が並んでて、どれを買ったらいいのか悩みますね。今回は、口内炎の薬について調べてみました。


こんな記事も読まれてます
Recommended by

最新の投稿


【医師監修】赤ちゃんの突発性発疹はうつる?顔の症状や感染経路、治療の最新情報

【医師監修】赤ちゃんの突発性発疹はうつる?顔の症状や感染経路、治療の最新情報

赤ちゃんが初めて高熱を出したら、突発性発疹かも知れません。突発性発疹は乳幼児の発症率が高く、約90%の赤ちゃん、子供が感染、発症しています。母乳の免疫パワーが切れる妊娠中にお母さんから貰った免疫が低下する生後半年以降、この病気に狙われやすくなるのでご注意下さい。症状や感染経路、治療法、特効薬など、今すぐ知りたい情報満載


シェルフを簡単にdiy!初めてでも簡単に作れる方法を紹介

シェルフを簡単にdiy!初めてでも簡単に作れる方法を紹介

壁に沿って物を置くことができるシェルフは、収納家具として便利です。しかし、シェルフといっても種類があるため、どれを購入すればいいか迷っている方もいるでしょう。シェルフの種類から、シェルフを作って活用する方法まで紹介します。


スツールとはどんな家具?使い方や、おしゃれでおすすめのタイプを紹介

スツールとはどんな家具?使い方や、おしゃれでおすすめのタイプを紹介

スツールという名前を聞いたことがある方もいるとは思いますが、具体的にどんな家具なのか聞かれても、詳しく答えられない方が多いのではないでしょうか。スツールとはどのような用途で使われているのか、どんな種類があるのか紹介します。


クリーニングの宅配業者はどこが良い?サービスや評判を徹底比較

クリーニングの宅配業者はどこが良い?サービスや評判を徹底比較

小さな子どもがいる家庭では、家にいながらクリーニングに出せる、宅配クリーニングサービスを利用したいと考えている方も多いでしょう。しかし、多数の業者が存在しているため、どこを選んでいいかは迷ってしまいます。複数の宅配クリーニング業者を比較してみました。


なぜゴミ屋敷になってしまうの?原因や片付ける方法を紹介

なぜゴミ屋敷になってしまうの?原因や片付ける方法を紹介

ゴミ屋敷はテレビ番組でみかけることがありますが、密かにゴミが捨てられずゴミ屋敷になってしまう方は少なくないのです。自分の家がゴミ屋敷かもしれないと思ったら、その原因や解消方法をチェックしてみてください。